【ANA】ハワイへマイルで行くには?ゼロからのマイル貯め方講座

マイルを貯めて、ほぼタダでハワイ旅行へ!

僕の場合は片道はビジネスクラス。現金なら20万円はくだらない飛行機代が、マイルで特典航空券を予約したことでたった25,000円に抑えることができました。


マイルを使えば、実質タダでハワイ旅行できる

この事実を知っているかどうか。実際にマイルを貯めているか。たったこれだけの差で、何度も海外旅行に行ける人とそうでない人に別れてしまいます。僕であれば、1年に1回はマイルでハワイに行けますし。


ただ、マイルってイマイチ理解しづらいかもしれません。

どれくらいのマイルがあればハワイに行けて、どれくらいのペースでマイルが貯まるのか。何より、そもそもどのようにマイルを貯めて活用すれば良いのか?


けど、分からないからとマイルを貯めないのは人生の損失です。

特に、早い段階からマイルを貯めておけば海外旅行にタダで行ける機会も増えますし、この記事でマイルの貯め方や、ハワイに行くための具体的な必要マイル数などをお話しますね。


マイルを使ってほとんどタダでハワイへ

ハワイ往復に使ったマイル数:52,500マイル
燃油サーチャージ等の金額:25,000円


特典航空券って、実は完全な意味でのタダじゃありません。

それでも、どんなに安い時期、安い航空会社を使っても往復7万円はかかるハワイ路線を。それも片道はビジネスクラスにも関わらず僕が支払った金額はたった25,000円です。


おかげで、人生初のハワイを満喫できました。

ハワイへ向かう飛行機はビジネスクラスでゆっくり過ごし、現地では浮いた航空券代でヒルトンに泊まり、さらにはホノルルマラソンまで走って良い想い出を作ってきました。



マイルを貯めれば、ハワイでもヨーロッパでも飛行機代はほぼタダ

ハワイに行ける程度のマイルを貯めるのって思いの外簡単ですし、もしマイルを貯めていなければ確実に損をしています。僕の事例を説明しながら、ハワイへ行けるマイルを貯める方法を紹介しますね。


マイルとは何なのか?


マイル=航空会社のポイント。

ツタヤのTポイントカードみたいなものですね。


なぜマイルを一生懸命貯める人が多いのか?マイルを貯めるとJALもしくはANAの国内線・国際線のチケットをタダみたいな金額で予約できるからです。

実際、僕であれば東京とハワイの往復チケット(おまけに片道はビジネスクラス)が2万5000円で済んでいます。現金なら、どんなに安くても20万円は吹っ飛ぶのに。


ほぼタダで海外旅行ができるのがマイルの強みです。

ただANAとJALのマイルは独立した別のポイントなので、どちらの航空会社のマイルを貯めるか決める必要があります。僕が貯めているのはANAマイル。

ANAのほうが、マイルで行ける国の数が多いからです。


世界には3つの航空会社グループ(アライアンス)があり、ANAやJALなど世界中の航空会社がいずれかに加盟しています。

同じアライアンスの航空会社であれば、マイルが貯まるし、マイルで特典航空券を予約することもできます。つまり、マイルで旅できる国や地域がアライアンスによって違うわけです。


3大アライアンスの特徴は、以下の通り。


JALが所属する「ワンワールド」は加盟航空会社が13社。

ANAが加盟する「スターアライアンス」は加盟航空会社が28社。


加盟している航空会社が多いほど、マイルで行ける国の数が増えます。

なので、マイルを貯める人はスターアライアンス(ANAマイル)を貯めることが多いです。この記事も「ANAマイルでハワイに行くにはどうすべきか?」をテーマにお話しています。


ハワイ路線の必要マイル数はどれくらい?


ANAでハワイ路線に必要なマイル数を確認しましょう。

まず、必要なマイル数は「エリア」「シーズン」の2つで決まります。国ごとにマイル数が違うのではなく、エリアごとにマイル数が決まっているのが特徴です。



画像の左側を見てください。

ハワイ(Zone5)の表示がありますよね。この「Zone」の数字が大きいほど、特典航空券の予約に必要なマイル数が増えます。欧州(Zone7)が一番マイルが必要なわけですね。

必要マイル数は「往復」の数字です。


次に見るべきは「利用クラス」

Y:エコノミークラス
PY:プレミアムエコノミークラス
C:ビジネスクラス
F:ファーストクラス


エコノミーが一般的な座席で、ファーストクラスがもっとも高級な座席です。もし座席にはこだわらないのであれば、Yのエコノミークラスの行を見れば良いことになります。


最後に、「シーズン」をチェックしましょう。

表を見るとL、R、Hの表記がありますが、これはローシーズンハイシーズンの略。例えば、お正月を過ぎた直後は旅行者が少ないので、ローシーズンで必要マイル数が少ない。

一方、お正月やお盆の時期はハイシーズン。同じ路線でも必要マイル数が増えます。


ちなみに、ローシーズンやハイシーズンの定義はANA公式サイトに載っています。



なので、ハワイは最小35000マイルで往復できることになります。

そして、人それぞれですが35,000マイルなら1年あれば貯めることも可能です。ここからは、どのように35,000マイルを貯めていくのかをお話しますね。


ANAマイルの貯め方


ANAもJALも共通ですが、マイルの貯め方は3つです。

①飛行機で貯める
②ポイントサイトで貯める
③クレカで貯める



この中で特に重要なのは、「クレカで貯める」ですね。

あなたがクレジットカードで合計350万円決済したら、ハワイへの特典航空券を予約できます。仮に1年に350万円決済しているなら、1年に1回はハワイにいける計算になりますね。

(年間175万円決済で2年に1回ハワイ。こっちは大多数の人が現実的な数字と言えます)


では、3つのマイルの貯め方を順番に見ていきましょう。

①飛行機で貯める


マイルは航空会社のポイントなので、飛行機に乗れば貯まります。

ただ、無料で海外旅行に行くために、ムダに飛行機に乗ってマイルを貯めるのは本末転倒ですし、普段から仕事や旅行で飛行機に乗らない人はこの方法には縁がありません。


そして、ハワイにマイルで行く計画に特に支障はないです。

マイルを貯めている人は陸マイラー(飛行機には乗らず、後述するクレカでの買い物やポイントサイトでマイルを貯める)のほうが多数派。僕自身も今まで貯めたマイルの9割以上は陸マイラー活動によるものです。


もちろん、出張や旅行で飛行機に乗るならフライトマイルを貯めましょう。

でも、普段飛行機に乗らないならマイルのために高い旅費を払う必要はないし、陸マイラーで十分ハワイにいけます。

②ポイントサイトで貯める


陸マイラーのマイル獲得源の1つが、ポイントサイトです。

大半の陸マイラーは、クレカの支払いによって貯めるマイルが多数。でも、1年に1回ハワイに行こうにも、年間で350万円もクレカで決済するのは難しい人もいますよね。

(2年に1回なら、年間175万円でOKですが)


そこで、マイル獲得の補助にポイントサイトを使います。

例えばポイントサイトの「ハピタス」では、1ポイント=0.81マイルに交換できます。僕自身、ハピタスを使って1ヶ月に2万マイルを得たこともあります。

ハピタスでのポイントの貯め方を紹介しますね。

単発でポイントを貯める


無料の案件に申し込んで、ポイントを貯める手法です。

高単価な案件は1回限りしか申し込めないことが多いので、継続的にポイント獲得できる方法ではありません。ただ、逆に言うと1回35,000マイル貯めるくらいならハピタスだけでも十分です。


一例ですが、こんな案件があります。

カードローンはカードだけ発行して使わなければいいし。投資系は、口座開設or入金まででポイントがもらえる案件に絞れば良いし。U-nextは31日間無料なので、それまでに解約すれば費用はかからないし…


すると、ハピタス内で3~5万ポイントくらいならノーリスクで稼げます。

これをANAマイルに変換すれば、ハワイ往復に必要な35,000マイルならほぼ一瞬で貯まります。単発でマイルを貯めるだけなら、ポイントサイトと言えどもかなりマイルを貯められます。

「繰り返しOK」でポイントを貯める


ハピタスには、何度も使える申し込み案件があります。

例えば、楽天市場。僕もお世話になることが多いネットショッピングサイトですが、ハピタスを通して楽天市場で買い物すると1%がハピタスポイントに還元されます。


仮に1万円の商品を購入したら、ハピタスへの還元は100ポイント。おまけに、クレジットカードで決済すればANAマイルも同時に貯まるので、実質2倍の還元率でマイルを貯めていくことが出来ます。


他にも、ハピタスには下記のようなサービスが登録されています。

⇒エクスペディア
⇒楽天市場、
⇒じゃらん
⇒Yahoo!ショッピング
⇒スカイスキャナー
⇒ヤマダ電機、ノジマ、ジョーシン
⇒ヤフオク入札&出品、メルカリ
⇒ホットペッパーグルメ
⇒ロハコ、ベルメゾン
⇒楽天ブックス、ブックオフ

ホテルを予約するとき、楽天市場で買い物する時、本を買う時。一度ハピタスを通すだけで、毎回10~100くらいのポイントが貯まっていくわけですね。

クレカで貯める

なぜクレカでマイルが貯まるのか?

陸マイラーにとって、一番大事なマイル獲得手段です。

クレジットカードで決済すると、カード次第ですがポイントが貯まります。例えば楽天カードなら、決済100円ごとに楽天市場で使える1ポイント(1円)が加算されます。


そしてクレジットカードの中には、ポイントをマイルに交換できるものも多いです。

だからクレカで買い物するたびにマイルが貯まる。還元率はカードによって違いますが、100円=1マイル貯まれば上々だと思ってください。


さきほど

「1年間で350万円使えば、1年に1回ハワイに行ける」

とお話したのは、100円で1マイル貯まると考えれば、ハワイ路線の特典航空券予約に必要な35,000マイルを貯めるには、350万円決済すれば良いからですね。


もちろん、年間350万円使うって結構大変です。

でも、2年に1回ハワイに行ければ良いと考えるなら1年間に175万円決済すれば良い。実はこれくらいなら、割と現実的な数字だと言えます。


クレカで年間どれくらい使えるか?


固定費をすべてクレジットカード払いにする。

それだけで年間のクレカ利用料は大きく増えます。どんな人でも、以下のような固定費は生きていく上で必須ですし毎月支払っていますよね。

必須レベルの固定費
家賃(住宅ローン)
電気
ガス
水道
インターネット
携帯
税金

家賃をクレカ払い可能かは契約によりますが、月5~10万円くらいの支払いを毎月クレカで行えば、それだけで年間60~120万円もの決済になります。

さらに、人によってこんな固定費もありますよね。

人による固定費
NHK
ジム
ガソリン、定期券
生命保険
美容院
新聞
VOD
アマゾンプライム
駐車場
習い事


どんなに固定費が少ない人も、月10万円くらいは払っていることが多いです。

なら、10万円の支払いをすべてクレカに回したらどうでしょう?そして、普段スーパーで買い物するのも外食するのもクレジットカード払いにしたらどうでしょう?


独身だと、1年間で350万円決済は難しいかもしれません。

でも、1年間で175万円くらいなら今でも使っていそうですよね。口座振替や現金払いではポイントもマイルも貯まらないけど、クレカ払いにすれば2年でハワイを往復できる。

さらに家族で暮らしている場合であれば、年間決済350万円くらいは割と現実的な数字ですよね。現金&口座振替をクレカ払いに変えるだけで、ハワイ旅行は一気に身近なものになります。


クレジットカードの選び方


クレカ選びのポイントは3つ。

・マイル還元率
・年会費
・ポイント有効期限

あと、カードによっては特典がつくこともあります。年会費が高くても特典が強力なクレカはコスパが高いので、クレカの特典まで見た上でカードを決めることが大切です。



その上で、4種類のカードを厳選しました。

年会費あり&マイル高還元率カード




年会費なし(実質無料含む)カード





ANAマイルを貯めるのにオススメのクレカ4選

SPG AMEX(アメリカン・エキスプレス)


初年度年会費 2年目以降年会費 還元率 ポイント有効期限
33,480円(税込) 33,480円(税込) 1.25% (実質)無制限


SPG AMEXのメリットは2つ。

・マイル還元率が1.25%でかなり高い
・スターウッド系ホテルに年に1度無料宿泊できる



まずはマイル還元率の高さ。JALでもANAでも100円=1マイルが基本レートです。これよりマイルが効率的に貯まるカードは滅多にありません。

でも、SPG AMEXなら100円=1.25マイル貯まる。年会費は値が張りますが、1年間に決済する金額が大きい人ほど0.25マイルの差が大きく影響してきます。


また、もう1つがスターウッド系ホテルの無料宿泊権利。

スターウッドとは高級ホテルグループの名称です。日本や海外を合わせて1500以上が展開しており、誰もが名前を聞いたことがあるホテルばかり。カードを持っていると、1年に1回無料で宿泊できるわけです。

・シェラトンホテル
・マリオットホテル
・ウェスティンホテル
・ル・メリディアンホテル
・ルメリディアンホテル


もちろん、ハワイにもスターウッド系列のホテルは多くあります。

例えばシェラトン・カウアイリゾートであれば、1泊だけでも約4万円。これが1泊無料になるわけですから、3万円の年会費も一瞬でペイできてしまいます。



おまけに、1名同伴OKなので夫婦揃ってタダで宿泊も可能。さらにホテルにもよりますが添い寝無料(小学生までが対象)も多く、夫婦+12歳以下の子供なら家族1泊分が完全無料になるわけです。


ただ、高級ホテルに泊まらない人には不要のクレカです。

僕自身、国内国外問わずしょっちゅう一人旅していますが、高いお金を出して高級ホテルに泊まりたいとは思いません。年会費の3万円があればビジネスホテルに3泊できますし(笑)


だから、SPG AMEXがオススメなのは下記のような人ですね。

・もともと高級なホテルに宿泊することがある
・1年に1回は家族旅行する


1年に1回、家族でハワイ旅行したいならSPG AMEX一択です。

マイル還元率も高く、ハワイでも1泊無料特典が使える。SPG AMEXはこちらから申し込みできます。


ANA VISAワイドゴールドカード


初年度年会費 2年目以降年会費 還元率 ポイント有効期限
14000(税抜) 14000(税抜) 1~1.48% 3年

SPG AMEXのように、高級ホテルの宿泊特典はいらないから年会費がもうちょっと安いほうがいい…

その場合、ANA VISAワイドゴールドカードをメインカードにしましょう。あと、分かる人だけ伝われば問題ないのですがSFC(ANA上級会員)修行僧はSPGではなく確実にこっちを選んでください。


最大還元率は1.48%!

さらに、年会費14,000円とは言いつつも、実際には年会費を9500円まで落とせます。1万円以下の年会費で、還元率1%を超えるカードはかなり貴重です。


ただ、デメリットもあります。

還元率1.48%はあくまで「最大」であって、実質1.18%だと考えるのが妥当です。他のクレカ紹介サイトを見ると常時1.48%の恩恵を受けられるように見えますが、実際にはかなり面倒になります。


まず、ANA VISAワイドゴールドカードの通常の還元率は100円=1マイル。

さらに、2年目からは前年度の決済額(利用金額)によって、マイルの還元率がアップします。すると、100円=1.18マイルまで上がるのでかなりの高還元率。ここまでは簡単です。


では、どうすればさらに還元率が上がるのか?

毎月クレカの設定を変えなきゃいけないんです。


リボ払いの手数料が1円でも発生すれば、1ヶ月の決済金額に対するマイル付与率が0.3%アップする。だから毎月支払い前に設定をいじって、金利を1円に抑えつつ0.3%のボーナスマイルをしっかり受け取ろう!

こうして最大1.48%の還元になるわけです。


ただ、正直なところ面倒ですよね(笑)

僕もマイルを貯めるのは好きですが、それはクレカで買い物すれば気軽にマイルが貯まるからであって、毎月のように支払い前に金額を調整して…なんて面倒で仕方ありません。

たぶん僕のようなズボラな人間では、月の支払いの前にリボ払いの設定変更を忘れて、しっかりとリボ払い金利が発生して逆に損するのがオチだと思っています。


ANA VISAワイドゴールドカードは、間違いなく優秀です。

1万円以下で、還元率1%を超えるカードなんて他にないですし。SPG AMEXの年会費が高いと感じたら、このカードを陸マイラー活動のメインにすれば良いです。

でも、マイル還元率が常に最大効率の1.48%にはならない点に注意が必要ですね。


ANA VISA SUICAカード


初年度年会費 2年目以降年会費 還元率 ポイント有効期限
無料 2000円(税抜)
(実質751円)
0.5% 2年

1、2年に1度マイルでハワイ旅行したいなら、

・SPG AMEX
・ANAワイドゴールドカード


を選びましょう。

ここから紹介する2つのカードは、年会費が格安(無料)なぶんマイル還元率が低いです。なのでメインカードというよりは、サブカードとして使うことが多いカードです。


ANA VISA SUICAカードのメリットは3つ。

・suicaチャージでマイルが貯まること
・年会費が実質タダであること
・+6000円で交換レートを上げられること


まずは年会費の話から。

ANA VISA SUICAカードの年会費は、2100円です。ですが支払い方法を「マイ・ペイすリボ」に変更すると、年会費を788円まで落とすことができます。

(えっ?リボ払いするの?と思うかもしれませんが、実際には「リボ払いの設定にして、1回の支払い金額をクレカの利用上限額」にすることで、金利は一切発生しません)


また、1年ごとに1000マイルがもらえます。

年会費は788円かかってしまうけど、代わりに毎年1000マイル増える。1マイルの価値はどれだけ低くても1円以上、ファーストクラスなどを利用すると1マイル=10円以上になります。

たしかに年会費が完全無料ではないけど、その2~3倍の価値があるマイルがもらえるわけです。マイルって限りなく現金に近いポイントなので、年会費は実質無料といっても良いわけです。


次に、suicaでマイルが貯まるメリット。

通常、suicaって現金チャージしかできないので、クレカのポイントを貯めることはできません。でも、ANA VISA SUICAカードはオートチャージ機能のおかげでポイントが貯まるんです。

SUICAを使うたび、マイルが貯まるわけですね。特に電車通勤などでSUICAを使う機会が多い場合は機会損失になるので、ANA VISA SUICAカードを使うと取りこぼしが無くなります。


楽天カード


初年度年会費 2年目以降年会費 還元率 ポイント有効期限
0 0 0.5% 1年
クレカの王道、楽天カードでもANAマイルは貯まります。

200円=1マイルと決してポイント還元率は高くありませんが、入会金、年会費無料。おまけに審査もそれほど厳しくない楽天カードは、完全無料でANAマイルを貯めるには最適です。

かれこれ、僕はもう7年くらい楽天カード使ってますね。


ただし、注意点はポイントの有効期限。

楽天カードのポイント有効期限:1年
ANAマイルの有効期限:3年



合わせて4年、マイルを貯めることができます。

逆に言うと4年経つと、1年目に貯めたマイルは失われてしまいます。だから4年以内に700万円決済しなければ、ハワイ行きに必要な35,000マイルはいつまでも貯まらないことになります。

もっとも、楽天カードの場合はマイルを貯めるのが難しそうだと思ったら、そのまま楽天市場で買い物してポイントを使えば良いので、貯めたポイントが腐ることはないのは良い点です。


楽天ANAマイレージクラブカードと比較すると?
楽天カードの親戚に、楽天ANAマイレージクラブカードが存在します。

これはANAカードと楽天カードの機能が合わさったクレカで、こちらも年会費無料。200円=1マイルも同じ。ANAマイルを貯めるなら、楽天ANAカードのほうが良さそうに見えます。


でも楽天ANAカードだとマイルの有効期限が1年短くなります。

通常の楽天カードは、決済で楽天ポイント獲得⇒有効期限の1年以内にマイルに交換します。ところが楽天ANAカードは決済⇒直接マイル付与なので、楽天ポイントのまま1年キープすることができません。

結果、有効期限が通常の楽天カードより短いわけです。なので、楽天ANAマイレージクラブカードよりもノーマルの楽天カードを選びましょう。


クレジットカードの選び方まとめ


1~2年に1度マイルでハワイに行きたいなら、

・SPG AMEX
・ANA VISAワイドゴールドカード


のどちらかがオススメです。

やはり、100円=1マイルくらいの還元率がないと35,000マイル貯めるのは難しいです。実際、この場合でも合計350万円しないとハワイ往復分のマイルは貯まらないわけですから。


だから

・ANA VISA suicaカード
・楽天カード


の2つはお試し用、もしくはメインカードの補助的なサブカードだと思ってください。

ANA VISA suicaカードは+6000円で100円=1マイルまでレートを上げられるのでまだ良いですが、楽天カードは4年で合計700万円を使わなければマイル消失するかなりのハードモードです。


もちろん、年会費を抑えられるならそれに越したことはないと思います。

でも、年会費を抑える代わりに、肝心のハワイ行きのマイルを貯めることができなければ本末転倒です。自分が1年にどれくらいの金額を決済するかをイメージして、クレカを選んでみましょう。


マイルでハワイに行くのは割と簡単


マイルでハワイに行くには?

というテーマでお話してきましたが、人にとっては割と簡単にハワイに行けそうなことが分かったと思います。

350万円決済すれば、ハワイ往復のチケットが予約できるだけのマイルが貯まるわけですから。1~2年で目標達成できる人も多いはずです。


マイルは、あくまでJALやANAのポイントに過ぎません。

でも、1マイルには1円以上の価値があるし、何より実質的には現金と同等に扱うことができるので、貯めている人とそうでない人では大きな違いができます。

今日から陸マイラーデビューするために、さっそくマイルを貯めるためのクレカを作ってみてください。

※メルマガはいつでも解除できます