【ブログ初心者必見】おすすめサーバーの比較と選び方

これからブログを作りたい。けど、何から始めればいいんだろう?

Googleで調べれば情報はいくらでも出てくるけど、ワードプレスだとかサーバーだとか専門用語はサッパリ訳がわからないし、無料ブログもあれば有料のブログもあるし、何が何やら…ですよね(笑)


そこで、ブログ歴10年の僕から具体的な手順を紹介させてください。

レンタルサーバー(有料)を借りて、ワードプレス(ブログの種類)を作る

あなたが大企業の社員としてホームページ作成を任されたならいざしらず、趣味ブログやアフィリエイトブログ、自身のサービスや商品の宣伝にブログを利用するならワードプレスが最適です。


レンタルサーバー?ワードプレス?

難しそうに感じたかもしれませんが、実際には何の知識もない初心者でもブログを作ることはできます。実際、僕はブログ立ち上げを支援するサポートを1000人以上行ってきましたが、70歳を超えたおじいちゃんでもワードプレスを作ることができています。


そして、ワードプレスを作るのに必須なのがレンタルサーバー。

今でこそブログを始めて10年目になる僕ですが、ブログを始めた当初は「サーバーって何?なんだか難しそう…」とビビりまくっていましたし。(でも、実際に利用してみたらメチャクチャ簡単でした)

これから、あなたが初めてブログを作るとしてもまったく心配は要りません。


この記事では10年以上ブログを運営してきた私が、ブログを始める初心者さんに本当にオススメのレンタルサーバーの比較と、選び方のポイントを紹介していきますね。

そもそも無料ブログじゃだめ?

「ブログを作るには、無料と有料があるらしい…」

そう知ってあなたはこう思ったはずです。


え、それなら無料でいいじゃん」と。

けど、僕も含めて多くの方が有料のレンタルサーバーを利用しているのは理由があります。お金を払ってでも、得られるメリットのほうが圧倒的に大きいからですね。無料ブログと有料のブログの違いは以下の通りです。

無料ブログをオススメしないポイント
  • 勝手に削除されるリスクがある
  • 自分の好き勝手に文章が書けない(修正命令が来ることも)
  • ブログのバックアップ(保存)機能がない
  • 勝手に広告が表示される
  • ブログのカスタマイズがほとんど出来ない
  • トラブルが発生した時に問題解決しづらい

無料ブログでも運営はできます。

けど、明日食べるものに困っているレベルでなければ有料ブログ(サーバーレンタルしてワードプレス等のブログを作る)を選んだほうが良いです。それくらい無料ブログにはデメリットが多すぎです。


まずは無料ブログサービスを利用することで制限が入るリスク。

「この文章は不適切なので、記事を強制的に非公開にしました」
「勝手に自社の広告を表示させます」

なんてのは序の口で、最悪の場合はブログ削除。もちろんブログが削除されたとしてもバックアップなんて取れないからゼロからやり直しだし、保証なんて何1つありません。


そして見落としがちですが、無料ブログ=少数派です。

今多くのブログユーザー(特にアフィリエイターをはじめとしたフリーランス)はワードプレスを利用することが圧倒的に多く、ワードプレスのトラブルであれば少しGoogleで検索するだけで答えが出てきます。

けど、無料ブログの情報を公開している人は少ないし、トラブルが起きてしまった時点で解決できず「詰み」になるリスクがあります。特に初心者さんほどブログに慣れていないわけで、なおさら利用者の多いワードプレスを利用したほうが安全です

サーバーの選び方のポイント

サーバーの選び方のポイント
  • 費用が安いかどうか
  • 共用サーバーか専用サーバーか
  • 利用者が多いかどうか
  • トラブルが少なく安定して稼働するか
  • サポートが充実しているかどうか

共用サーバーか専用サーバーか

まず重要なのが共用サーバーと専用サーバーの違い。

一戸建てとマンションの違いだと思ってください。

共用サーバー:1つのサーバーを複数の人が使う
専用サーバー:1つのサーバーを自分だけが使える

最大の違いは「巻き添え被害のリスクの有無」ですね。

例えば共用サーバーであれば、マンションのように10人の利用者が1つのサーバーを利用しているわけです。そして、10人のうち1人のブログが1日に10万とか大きなアクセスが集まったとする。


サーバーによるのですが、あまりにもアクセスが集中しすぎるとサーバー落ちが発生します。

そして、自分のブログは何もしていないにも関わらず、同じサーバーの利用者だから、巻き添えを食らって自分のブログへのアクセスも一時的に遮断されてしまうわけです。

他にも、共用サーバー利用者のうち1人でも悪質なスパム的なブログ運営をしていた場合、自分も巻き込まれてしまうかもしれません。だから理想を言えば、共用サーバーより専用サーバーのほうが安全性が上がります。


ただ、共用サーバーに比べて専用サーバーは圧倒的に高い!

そもそも専用サーバープランを用意しているサイトが少ない上に、費用がバカ高くなります。具体的に言うと、共用サーバーなら月1000円あれば借りれるのに対し、専用サーバーだとどんなに安くても月1万円以上です。


たしかに共用サーバーは巻き添えリスクもあるものの、少なくとも10年ブログを運営してきた僕ですらメリットを感じた事はないし、大企業レベルでなければ共用サーバーを選びましょう。

利用者が多いかどうか

意外と見落としがちですが、大事なことです。

少しでもサーバー料金を抑えるために、格安のレンタルサーバーを探し当てて喜ぶも、マイナーなサーバーを選んでしまうとネットで検索しても情報がほとんど出てこないので、とにかくトラブルに対処しづらい。


手順に躓くたびにサーバー会社に電話するハメになったり。

それで解決すれば良いほうで、実際には格安のレンタルサーバーはサポートが無いも同然のこともあり、困った時にネットで検索して答えが出てこないのはとにかくストレスと時間の無駄になります。

だからマイナーなサーバー会社こそ中級者向けで、今からブログを作り始める初心者さんであれば、知名度が高く利用者も多いレンタルサーバーを選んだほうが良いです。

おすすめレンタルサーバー比較

Conoha Wing(コノハ ウイング)

ベーシックプラン(一番下のコースがオススメ)月額料金1200円
表示速度が早く、集客に効果的なサーバー初期費用3000円

2020年現在、一番オススメできるレンタルサーバーはConoHa WING

ConoHa WINGは2018年9月にサービス開始したレンタルサーバーなので歴史こそ浅いものの、運営は大手IT企業GMOであり、それまで最強のサーバーと言われたエックスサーバーを狙い撃ちしたプランを提供しています。


実際、ConoHa WINGとエックスサーバーの料金を比較したとき

多くの面で、エックスサーバよりConoHa WINGのほうがちょっとだけイイ

という状況になっているため、コスパで考えればConoHa WING一択。

それに、他のサーバーと違って表示速度が速いのも大きなポイントです。ページの表示速度は今やGoogleからの評価、もっと言うとアクセス数や収益に直接影響する大事な要素になっています。

でも、表示速度の改善のために一個人ができる対策なんてたかが知れていて、記事が増えるほど表示速度が遅くなり、評価が落ちていく…というジレンマを抱えてしまうのです。


その点、ConoHa WINGはブログの表示速度がとにかく速い。

私自身も、エックスサーバーからConoHa WINGに乗り換えた最終的な決め手はこの表示速度による差です。(反面、ConoHa WINGのサーバー管理画面はなぜかモッサリしてるので、ここだけは改善してほしいですが…)

いずれにしても、今から新しくブログやホームページを作っていきたいのであれば、ConoHa WINGはマストです。初期費用も無料なのでぜひ今すぐ利用してみてください。

↓キャンペーン中!月額720円で利用可能↓

エックスサーバー

X10プラン(一番下のプランがオススメ)月額料金1200円
10日間の無料お試し期間アリ初期費用3000円

惜しくも2位になったのがエックスサーバー。

10年前に私がブログを始めた時にはすでに存在していた老舗レンタルサーバー会社で、なんと2020年現在で17年以上サーバー運営を続けています。それだけサーバー運用にはバツグンの安定性と信頼性があるわけですね。

実際、ConoHa WINGの出現までは私もエックスサーバー一択だと思っていました。


でも現状だと月額料金もサーバー容量も、あらゆる面でConoHa WINGに負けてしまっています。

これはConoHa WINGがエックスサーバーを狙い撃ちしたためで、少なくとも今からレンタルサーバーを選ぶのであれば、ConoHa WINGを選ぶほうが圧倒的にメリットが大きいです。(初期費用がかからないのも大きな違い)


それでもエックスサーバーを選ぶとすれば、やはり運営期間の長さによる信頼性と安定性。

少なくともエックスサーバーはこれまで大きなサーバートラブルを起こしたこともないし、サポートの質が高いのも私自身が体感してきました。なので安定性や信頼性を重視するならエックスサーバーの利用がオススメですね。