重複コンテンツを避けるSEO

どうもこんにちは、なるひこです!


12月1日にグーグルで
パンダアップデートが行われてけっこう
大きなSEO被害が出ました。

僕の場合はトレンドサイトがいくつか死んだので、
今回のはかなり厄介だったのですが、
今後注意していくべきことを書いていきます。

重複コンテンツは厳禁


とりあえず先日行われたパンダアップデートで厄介だったのは、
「重複コンテンツの禁止」という項目でした。

重複コンテンツとはと言うと
リライトやコピペを思い浮かべるかもしれませんが、
それよりもさらにタチが悪いです。


重複コンテンツとは、

「サイト内の全ての文字で重複している部分のこと」で、

タグもカテゴリも、
「続きを読む」もサイドバーのリンクも
全て重複コンテンツとみなされます。



つまり普通にサイトを運営していても
引っかかってしまうわけで、
かなり基準が厳しいんですね。



実際アフィリエイトやネットビジネスを
全く知らない層でもタグやサイドバーのリンクは使っているし、
彼らもパンダアップデートの餌食になってしまった可能性があります。

特にトレンドサイトはページ数が多くなるので、
ページが増えた分だけ重複コンテンツが多くなり、
結果SEOでペナルティーを受けてしまうのです。



なので、やるべき対策としては、

・タグを使わないようにする
・カテゴリを極力少なくする
・引用は極力少なくする
・サイドバーのリンクは少なくする

ネットビジネスをやっていなくても
これを守れていない人は多いでしょうから、
かなりキツイ基準ですね….



…ただ、これは僕の予想ですが、
今後時間が経てば今回のパンダアップデートの内容は
少し緩和されるんじゃないかと考えています。


なんせ普通にサイトやブログを運営している人も引っかかるので、
これでは「悪質なサイトを排除して優秀なサイトを評価する
というグーグルの基準に合わないのです。

現に一時期IP分散に関してもグーグルは
「完全分散されていないと評価しない」と言っていましたが、
今ではその風潮は無くなっているように見られます。

結局同じIPからのリンクを同一被リンクと見なしてしまえば、
普通にネットを使っている人も明らかに害を食らうので、
グーグルは基準を戻したのです。



つまり、12月1日に行われたパンダアップデートも
明らかに一般の利用者を妨害してしまう措置ですし、
ある程度は緩和される可能性が高いということですね。

もちろん確実にとは言わないですが、
現状を見る限りでは十分あり得ることですから。



とりあえず重複コンテンツの使用は厳禁なので、
極力減らしていくように努力しましょう!!

じゃあどうやって減らせば良いの?

という方はこちらの記事を御覧ください!
>>重複コンテンツを避ける具体的な方法





コメントを残す