ワードプレスの画面が真っ白に!ログイン画面も表示されない時の対策

ワードプレスの画面が真っ白になってしまった!

ブログが表示されないどころか、管理画面にも入れずお手上げ状態…でも安心してください。管理画面すら表示されなくなっても、ワードプレスを復旧させることはできます。


それに、HTMLも難しくありません。

ワードプレスにログイン画面も表示されなくなってしまった時、どのようにブログを復旧していくべきなのか復旧方法を書いていきます。初心者さんにも簡単な内容でお話させてもらいますので。


ワードプレス画面が真っ白になる原因


ワードプレスが表示されない原因は3つ考えられます。

1.サーバー落ち(制限)
2.メンテナンスモード
3.HTMLやCSSの問題



あと、3つの原因には含みませんでしたが、ドメイン切れの可能性もあります。

ドメインは1年更新が基本ですが、自動更新にしていない場合気づかずドメイン切れになってしまいます。(実際、僕は一時期自分のドメインの有効期限が切れてしまったことがありました)


では、それ以外の3つの原因を順番に見ていきます。

1.サーバー落ち(制限)


アクセス数が増えすぎると、ブログはエラーになり一時的に表示されなくなります。

サーバー落ち、もしくはサーバー制限と呼ばれているものですね。爆発的にアクセスの集まるトレンドブログや、記事やSNSで拡散された場合サーバー落ちが起きます。


ちなみに、

「どれくらいアクセスが集まったらサーバー落ち(制限)を食らうのか?」

これはブログやサーバーによってまったく違います。

少なくとも、エックスサーバーを利用しているのであれば最低プランのX10でも、1日10万PVくらいはアクセスを集められます。だからサーバー落ちって滅多に起きることではありません。

2.メンテナンスモード


プラグインを更新した直後に起きるエラーです。

通常、ワードプレスのプラグインを更新したところで特に問題はないのですが、更新中に表示ページを切り替えてしまうと、運が悪ければブログが真っ白になって表示されなくなります。


これは、メンテナンスモードと呼ばれるものですね。

もし「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません」というエラーメッセージがワードプレスに表示されているなら、これが原因と考えて間違いありません。

3.HTMLやCSSの問題


おそらく、一番多いだろう真っ白画面の原因。

HTHLやCSSと呼ばれるブログの基礎(家の骨組みみたいなもので、ここが壊れるとブログ全体に影響が出ます)を、ヘタに触ってしまうとブログ画面が真っ白になります。


HTMLもしくはCSSのコードを変更した直後に真っ白画面になったら、間違いなくこれが原因ですね。復旧するには、誤って変更したHTMLを元のコードに戻すしかありません。

もちろん、もとに戻すのは自分が今変更したばかりのファイルです。ブログカスタマイズの際に変更を加えるのは以下のようなファイルが多いですね。

single.php:記事ページに関する変更
index.php:TOPページに関する変更
functions.php:ブログ全体に影響のある変更
header.php:ヘッダー(上側)に関する変更
footer.php:フッター(下側)に関する変更
sidebar.php:サイドバーに関する変更
style.css:ブログ全体に影響のある変更

特に、「functions.php」を変更してブログが真っ白に!

というパターンはかなり多いです。もちろん表示されない場合も復旧できるので極端に恐れる必要はありませんが、不用意にfunctions.phpを変更すべきではありません。


FTPソフトでブログを復旧させる


ワードプレスでは、HTMLやCSSを管理画面から変更できます。

具体的には管理画面の「外観」⇒「テーマエディター」と移動するだけ。するとsingle.phpをはじめブログをカスタマイズするのに必要なHTMLやCSSが表示されます。


でも、エラーになったら管理画面には入れません。

管理画面にログインできなければ、HTMLやCSSのカスタマイズはできない…そこで、FTPソフトを使って編集をしていきます。僕であればFFFTPという無料ソフトを使っています。


FFFTPをインストール後、起動。

「ドメイン名(このブログならnaruhiko1111.com)」→「public_html」→「wp-content」→「themes」→「テンプレートのファイル名」と移動するとワードプレスと同じようにhtmlやCSSが出てきます。





あとは、画面が真っ白になる前に変更したファイルを修正しましょう。

画面が真っ白になってしまう直前、functions.phpを編集していたのなら、FFFTP上でも編集すべきはfunctions.phpのみ。むしろそれ以外は一切触らないようにしてください。
編集のポイント
FTPソフト上で、アップロードされているHTMLの編集はできません。

仮にsingle.phpを書き換えたいなら、まずは1度FFFTPでsingle.phpをダウンロードする。そして自分のパソコン上で編集し、改めてFFFTPでsingle.phpをアップロードするのが正解です。


復旧方法が分からない時


HTMLに悪い変更を加えたなら、以前の状態に戻せばブログは表示されます。

ただ、問題は「もともとのソースコードが分からない」「元のソースコードに戻したはずなのにブログが表示されない」場合です。それでも、まだまだ解決は可能なので安心してください。


その場合、まずは今と違うドメイン(サブドメインでもOK)を取得します。

そしてワードプレスをインストールして、今とまったく同じテンプレートもインストールします。そして、「新しいブログ(無傷のブログ)のHTMLを修正したいブログにそのままコピペ」してください。





仮に、single.phpを変更してもとに戻せなくなってしまったとする。

その場合、同じテンプレートの正常なsingle.phpを知ることができれば良いわけです。なら、他のドメインにまったく同じテンプレートを入れたら、single.phpのコードを丸々コピペすれば良いわけですね。

そもそも、バックアップを取っておく
本来なら、仮に問題が起きてもすぐに元のソースコードに戻せるように、HTMLやCSS編集前にはバックアップを取りましょう。そうすれば事が起きても、別ブログにテンプレートを入れ直す手間も不要なわけです。

バックアップと聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、仮にワードプレス上でsingle.phpを編集したいなら、その前にsingle.phpのコードをすべてコピペしてメモ帳などに保存しておきましょう。

これなら、画面が真っ白になってもコピペで一瞬で復旧できます。


ブログの画面が真っ白になったときの対策と復旧方法


ワードプレスが表示されなくなる理由は3つです。

1.サーバー落ち(制限)
2.メンテナンスモード
3.HTMLやCSSの問題


あとは、ドメインの期限が切れていないかどうかですね。


ドメインの更新切れ、サーバー落ちなどは「何もしてないのに壊れた!」状態になりがちですが、メンテナンスモードやHTMLやCSSの問題は、真っ白になる直前の行動を思い返せば原因は判断しやすいです。

ワードプレスが真っ白、それどころか管理画面にもログインできなければ焦ってしまいますが復旧は簡単。慌てず復旧し、また今後同じことがないようにバックアップなども活用してみてください。

※メルマガはいつでも解除できます