恋愛に使える心理テクニック

どうもこんにちは、なるひこです!

僕は別に恋愛の専門家というわけではないですが、
マーケティングを仕事としている職業柄
心理学的なテクニックもそこそこ詳しいです。

ということで、折角なので恋愛に使える
心理テクニックを紹介していきます!!

恋愛は心理戦である


■意中の相手をデートに連れ込む方法

好きな子がいるけれど、
その子と話す機会もないし、
ましてやデートに誘う機会か無い…


そんな時は、小さな事からお願いしてみましょう。


例えばあなたがデートに行きたいのであれば、
いきなり「デート行こ♪」なんて誘ってはいけません。
(まあそんな勇気はないと思いますが(笑)

相手があなたという人間をどれほど知っているのかわかりませんが、
少なくとも相手はあなたがデートに誘いたいと思っていることをしらないし、
いきなりそれを伝えると混乱してしまうでしょう。


混乱した頭はノーという」という言葉があるのですが、
いきなり相手に強い衝撃を与えるようなことを言ってしまうと、
意味もなく勢いで断られてしまう可能性が増大します。

相手だって自分ことをキライなわけではないかもしれないのに、
デートの誘い方1つでいきなりフラれてしまっては話になりませんからね^^




デートに誘うのであれば、
その前にどんなことでも良いのでまずは
手順を踏んで行きましょう。


映画館に連れていきたいのであれば、
まずは相手が休日や平日どんな風に過ごしているのかを聞きます。

そしてそれを聞いて相手が喋ることで、
相手の脳は「この日は自分は忙しい、あの日は自分はヒマ
ということを改めてインプットします。


その次に映画の話に持って行って、
相手に「映画を見たい」という気持ちを植えつけるように
会話を展開していきます。

「この前見た映画のココがめっちゃ面白くてさぁ~」
「久しぶりに行ったんだけどやっぱ映画面白いわ~」

こういう会話を続けていき、
相手から「自分も映画を見たい」という
発言を引き出すわけです。


それが出てきたら後は映画に誘えば完璧です。


なんせ相手にとってみれば「自分はヒマ」で、
映画を見たい」ということを自分で理解しているのだから、
映画に行く事を断る意味は全く無いのですから^^

つまり、相手に今の自分の状況を明確にさせることで、
外堀を着実に埋めてしまうというのがデートに誘う簡単な方法なのです。


相手が断る理由を全て想定してみて、
その理由を全て潰していけるような
会話を展開してみてください。

相手が時間的に断りそうなら暇な時間を明確にさせればいいし、
相手が映画に行きたいと思っていないのなら、
映画に行きたいと思わせることから始めましょう。



フット・イン・ザ・ドア・テクニック
心理学の用語ではこんな名前で呼ばれていますが、
これは日常の中のあらゆる場所で使われています。

これを上手に使って応用できれば、
はっきり言ってそれだけで恋愛マスターになれますよ。




何事も大事なことは階段を一気に飛び越えることではなくて、
階段の段差を限りなくゼロに近づけて
不自然でないように上っていく事です。

恋愛もマーケティングも根本は一緒ですので、
ぜひ頑張ってみてくださいね!!


恋愛テクニックも学べる
なるひこのマーケティングメール講座はこちらです!!
>>なるひこのメール講座を読んでみる!!





コメントを残す