日本語ドメインの特徴とメリット・デメリット

どうもこんにちは、なるひこです!

ドメインについて詳しい人って正直余りいないと思うんですけど、
「日本語ドメイン」ってどんな効果が有るのかしっているでしょうか?

ネットビジネス…特にアフィリエイトを
行う人には非常に重要なテクニックなので、
ぜひメリットとデメリットを覚えて帰ってください^^

日本語ドメインの特徴


日本語ドメインとは名前の通り「日本語のドメイン」です。

具体的には「日本語ドメイン.com」みたいなドメインのことで、
ピリオド以降の部分(トップレベル)を除いて日本語で構成されています。

通常のドメインはトップレベルもその前も全て英数字で
//naruhiko1111.com/のように表記されるのが普通ですね。

英語ドメインは日本人にとってはわかりづらいので、
そういう意味でパッと見て何のサイトかわかるような
日本語ドメインを利用するところも増えてきているのです。


日本語ドメインのメリット


日本語ドメインは本来視覚効果以外の何の効果も持たず、
アフィリエイトをする上では特に関係ないものだと思われてきました。

しかし、実際には日本語ドメインは明らかにSEOに対する力を持っており、
日本語部分のキーワードで検索された場合のSEOが強くなるのです。


例えば「手取り20万.com」という日本語ドメインを取ったとすれば、
それだけで「手取り 20万」というキーワードの検索に対し上位表示されやすくなります。

本当ならわざわざサテライトサイトやら
内部最適化などを色々とこなしてやっと上位表示できるわけですが、
日本語ドメインは場合によってはそれだけで上位表示も可能なほどです。

つまり、大幅なSEOの手間の短縮につながるので、
これ以上楽な方法はそうそう無いですよね?


…まあでも日本語ドメインの力を過信するのは良くなくて、
あくまで「普通よりは効果がある」くらいに思っていたほうが
良いと思いますね。

ちょっと裏技的な方法で、
結構な激戦区であっても日本語ドメインのパワーで
上位表示できてしまう方法はたしかにあります。

ですが、それを使わなければ「日本語ドメインだから安心!」
っていうほどの効果は得られないです。



まあそれにドメインだけでSEO効果があるというのは
グーグルにとって好ましくないと思うので、
日本語ドメインが通常と同じ様な効果しかなくなる時は遠くないでしょう。

「日本語ドメインはいちおう効果がある」
程度のことを覚えておいてもらえば、
どうしても勝ちたいキーワードでは役に立つと思いますよ。





コメントを残す