ソーシャルボタン追加プラグインShareBarの使い方と設定

ソーシャルメディアは今やアクセス源として欠かせない存在になってきており、特にSEOが弱い弱小ブログを救うための大きな原動力となっています。

そこで、今回は自分のブログの記事の横の部分にソーシャルボタンを設置することのできるプラグイン、ShareBarの使い方と設定方法を解説していきましょう!

ShareBarの使い方と設定方法


ソーシャルボタンの追加プラグインと言えば、以前このブログでWP Social Bookmarking Lightというワードプレスのプラグインを紹介しました。




このプラグインは記事下、もしくは記事上に上記のようなソーシャルボタンを設置することが出来るので、簡単にシェアを起こせるプラグインとして有効です。

しかし、このプラグインだけだと上、下のどちらかしか選べず、目線に触れる確率が低い分だけシェアを逃すかもしれません。あくまでソーシャルボタンを追加する理由はシェアを起こしてアクセスアップすることなのですから、それなら出来るだけ効率的にシェアが集るプラグインを使いたいですよね。


そこで、今回はスクロールする度についてくるソーシャルボタンを標示してくれるプラグイン、ShareBarを紹介したいと思います。

こちらもインストールして有効化するだけの超簡単なプラグインですが、facebbokやツイッター、はてブやグーグル+など、必要なメディアが全て揃っています。また、こちらの方が目線に入る確率が高いので、シェアがわずかに起こり易いです。



では、早速ShareBarをインストールして欲しいのですが、どうやらインストールしたばかりの状態では海外のブックマークばかりで、日本でまともに使えそうなものがありません。




なので、まずはこれを必要なサービスだけに絞るために、設定を少しだけ変更していきます。ダッシュボードの「設定」から「ShareBar」のページに移動し、
こで海外系の不要なブックマークを削除していきます。




不要なブックマークの項目の右側にある「Delete」を押すことで項目を削除出来ます。もしくは不要な項目のチェックボックスにチェックを入れて、画面下のWith Selectedという部分でDeleteを選択して「Update」ボタンを押せば、まとめて不要な項目を削除することが可能になります。




とりあえずこれで不要な項目は消えたわけですが、これだと表示されるソーシャルボタンバーの幅が狭いので、物凄く見苦しいことになってしまいます。やっぱりブログにとってデザインが整っていることは1つの大事なポイントですから、横幅をどうにかしておきたいですね。


これに関してはSharebarの設定画面の上の方にあるSettingsをクリックすると設定画面が出てきます。下の画像で赤枠で囲ってある部分「Sharebar Width:」の数字が最初は65になっていますが、ここを100くらいに変更しておきましょう。そうすることで横幅広くなり、先ほどのソーシャルボタンが上手く表示されるようになります。




ちなみに僕の場合、プラグインをインストールしたばかりの状態だとfacebookのボタンが表示されなかったのですが、いちおうこれを表示させる方法を書いていきますね。

どうやらこれはEnabled?というチェックボックスにチェックを入れていなかったことが原因のようです。ここにチェックを入れることにより、ソーサyルボタンが表示されるようになります。


ただし、実はfacebookのボタン表示にはもう1つ問題があって、なぜかボタンが全て表示されず、途切れている状態になってしまうんですよね。これでは見栄えが悪いので、これもなんとかしたいです。


で、これについては赤枠で囲った「width:70px;」という部分の数字を70に変えてもらえばOKです。最初は30くらいになっていると思いますが、ここを70になおしてもらうといい感じで表示されるようになります。




ShareBarの使い方とおおまかな設定方法はこんな感じですね。今の時代はSEOのでせかせかアクセスを集めるよりも、シェアによってアクセスを集めるほうが遥かに簡単ですので、多くのシェアを巻き起こすためにも、ワードプレスのブログはこのプラグインを導入しておきましょう。





コメントを残す