スライドショー表示プラグインWordPress Content Slide使い方

ワードプレスのデザイン性をより高めるために、
今後は画像にも何らかの動きが欲しいですね。

それを実現してくれるプラグインが「WordPress Content Slide」で、
これを使うことでワードプレスに簡単にスライドショーが表示できます。

英語のプラグインなので少しだけ使い方が難しいかもしれませんが、
英語の部分は日本語になおして解説していきますね。

WordPress Content Slideの効果とインストール


このプラグインはスライドショーを簡単に
ワードプレスに設置することが出来ます。

スライドショーと言われてもピンと来ないかもしれませんが、
これを設置することで特定の場所に次々と切り替わる
画像を表示することが出来るわけです。

ブログに導入すると、
下記の画像のような感じで時間経過と共に
画像が切り替わっている仕組みになっています。








もちろん、上記のワードプレスの画像は適当に用意されているもので、
表示する画像は変更することが可能です。


通常の画像では目に入らなくても、
WordPress Content Slideを使うことで
画像に動きがつくようになります。

そうすればその分だけ読者の目に止まりやすくなるので、
クリック率を上げることが出来るわけですね。



まあ使って見た方が分かりやすいと思います。


WordPress Content Slideのプラグインページに移動して、
ファイルをダウンロードしておきましょう。

そしてそれをワードプレスにインストールして、
あとは自分のブログでスライドショーを表示したい場所に、
下記のタグを入れればスライドショーが表示されます。





表示される画像はデフォルトのものですが、
この画像を変更していけば良いわけですね。





WordPress Content Slideの設定と使い方


プラグインのインストールが完了すると、
ダッシュボードの「設定」の舌の部分に
「Content Slide」という項目があるのでクリック。

そうするとスライドショーの設定画面に飛ばされるので、
そこで好きなように設定を行なって行きましょう。




上記の赤枠部分はスライドの大きさを決める部分なので、
割とよく変更する部分だと思います。

ちなみに日本語に直しておくと、以下のような感じです。

Image width:スライド横のサイズ
height:スライド縦のサイズ
Border width:枠線の太さ
Border Color:枠線の色






この部分が表示されるスライド画像を選択する場所です。

Image ◯ SRC:画像のURL
Image ◯ Link:画像をクリックした時に誘導するリンク


この2つさえ分かればOKですね。



以上のように設定をこなしていくことで、
ワードプレスにスライドショーを導入できるので
サイトの注目度を上げることができます。

他にも滞在時間やクリック率を上げるための方法はありますので、画像にマウスを乗せると画像が光る【ロールオーバー】SimplleReach Slideで画面下におすすめ記事を表示するなども参考にしてみてください。





コメントを残す