2013
2
22
ソーシャルブックマークはSEO対策の効果はあるか?

ソーシャルブックマークは以前から
SEO対策に効果が有ると言われてきましたが、
一方でその主張とは逆に効果ナシと断言する人もいます。

実際のところどうなのでしょうか?


ソーシャルブックマークのSEO効果について


かつては、はてなブックマークを始めとする
ソーシャルブックマークを用いたSEOには
間違いなくSEO効果がありました。

実際、サイトやブログを上位表示するために、
はてなブックマークを自演登録しまくった人もいるし、
それで上位表示されたこともありました。


ですが、それは今や昔の話で、
ソーシャルブックマークはほとんど効果を失い、
本当に効果があるのかも怪しくなってきました。

グーグルがSEOのポイントとして加算しないと言っている、
ノーフォロータグがほとんどのソーシャルブックマークに
ついてしまっているからです。

これ以降、ブックマークは無意味だとする主張が目立つようになり、
そが当たり前のような風潮になってきました。



ただ、僕が思うに完全に無意味ということは無いですし、
少なからずSEO効果が含まれていると考えています。

実際ノーフォロータグが入っていた時代のツイッターで
大量RTされることによりSEOが強くなりましたし、
少なくともノーフォロータグは完全無効化ではないと考えるべきです。

それを考えればブックマークからの被リンクも
何の効果も無いとは思えません。


もっとも、1つや2つブックマークしても何の変化も無く、
一気に大量のブックマークを獲得出来ないと
体感できるほどの効果はないと思いますけどね。

だから効果が無いとは言いませんが、
有るとも言いがたい状況です。


僕の場合はソーシャルブックマークの扱いは、
ブログに各ブックマークを1,2回登録しておいて、
後は放置ということにしています。

自然にブックマークされるようなブログを作れば良いのですが、
それはなかなか難しいですからね。

なので、ソーシャルブックマークの扱いとしては、
一種のおまじないのようなものだと考えておいてください(笑)





ソーシャルブックマークのSEO対策以外の側面


SEO効果の有り無しは別にして、
それ以外の面ではブックマークも役立ちます。


例えば先程も話しましたが、
ブックマークを一度に大量登録されることで、
その間検索順位が急上昇することがあります。

話題になったキーワードやニュースでアクセスを集めると、
一時的に爆発的にアクセスが増えるのです。

だから永遠に続くものではありませんが、
短期間のアクセス増加法としては
かなり優秀なのではないかと思いますね。


また、インデックスの早さにおいても使えます。


トレンドサイトなどを運営していると、
記事がインデックスされる早さが重要になります。

1分1秒でも速くアクセスを集める必要があるのに、
ブログを作ったばかりの頃はインデックスされるまでに
1日とか2日とかかかってしまいますからね。

これではアクセス集めも難しいし、
せっかくいち早く記事を書いたとしても、
結局ライバルに勝てないです。


だから、ソーシャルブックマークに登録することで、
そちらのブックマークの方が先にインデックスされて、
しかも上位表示されるケースが稀にあります。

なのでブックマークは決して無意味ではないし、
使い方によっては十分大きな効果を発揮する武器となるのです。



SEO効果自体はそこまで大きなものではありませんが、
1つのブログに対して1回や2回くらいは登録しておきたいですね。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ