マジカルナンバー7±2とは?効果の具体例、使い方

かっこいい横文字使ってますが、

人間が1度に覚えられるのは7つまで

というだけの話です。

ちなみに、マジカルナンバー7±2と言われているのは、記憶が苦手な人だと覚えられる数は5つまで、反対に記憶が得意な人は9つまで覚えられることに起因しています。



ただ、2001年に

マジカルナンバー4±1

が提唱されたことで、今はそっちが主流になっています。

僕自身もビジネスをやっていて、それに同意できる所もあるので、マジカルナンバーの使い方や効果はもちろん、具体的な活用方法もお話していきますね。


マジカルナンバー±4が主流?


マジカルナンバー7か4か。

僕は4が正しいと思っています。


というのも、選択肢が多すぎると良い事がないから。

有名な実験で、スーパーに6種類と24種類のジャムを置いた場合、6種類のジャムだけに絞ったほうが売上が上がるというデータがあります。

人は選択肢が多すぎると思考停止してしまうわけですね。


だから例えばブログとかでも、

「おすすめの化粧品10選!」

みたいな記事を書くより、「おすすめの化粧品3選」くらいにした方が、判断基準が明確になるので購入率が上がるパターンが多々あります。

選択肢が多すぎるとお客さんを迷わせてしまうだけですし、僕の中では1つの基準が「3」だと思っています。マジカルナンバー3じゃないかと思うくらい。


ビジネスへの活用事例


例えばパワーポイントで「この◯つのステップで!」みたいに説明するときも、3つくらいに抑えたほうが良いです。この場合であればステップの数は多くても5つですね。

マジカルナンバーの数字であるはずの7だと多すぎです。


反対に、

「多く見せたい時」

は7以上の数字にすると効果的です。

自分の商品のメリットを一気にまくしたてたい時は、3つだと少なすぎる。5つでも足りない。7つ以上になってくると「かなりメリットが多い」印象になります。


「相手に理解させたい時」はできれば3つ以内にする。

「相手に理解させたくない時」は7つ以上にする。



ちなみに、マジカルナンバーと直接関係があるわけではないですが、偶数はイマイチ反応が悪い(100万稼ぐための4つのステップ!とか)ので1.3.5.7.9のいずれかの奇数が効果的ですね。


※メルマガはいつでも解除できます