【完全版】トレンドアフィリエイトの爆発的キーワード選定術と事例集

トレンドアフィリエイトは9割キーワードで決まる。

僕がトレンドアフィリエイトで月収10万円を目指していた頃はそう言われていたし、実際にタイトルキーワードをどう選ぶかが記事の爆発に直結しました。


今はGoogleも大きく進化。

キーワードだけ上手く選べばアクセスが大量に集まるわけではなくなったし、トレンドアフィリエイト(というかどんなブログも)におけるキーワードの重要度は減りました。


それでも、キーワードが重要なことは変わりません。

キーワードが良くてもアクセスが確実に集まるわけではないけど、キーワード選びに失敗したらどんな素晴らしい記事を書いたところでアクセスを集めることはできません。


そこでこの記事では、トレンドブログで10記事目にして月収10万円を突破した僕が、キーワード選定の極意を徹底的にお伝えしていきます。

この記事を読み終わる頃には「ずらし」の真意を知ってもらうだけでなく、1記事5分あればタイトルを決めて、何よりアクセスを集められるようなキーワード選定力を身につけてもらいます。


トレンドアフィリエイトの”ずらし”の本当の意味


トレンドアフィリエイト実践者なら

ずらし

という言葉は必ず聞いたことがあると思います。


ただ、「キーワードをずらせ!」というアドバイスだけが先行しすぎて、ずらしが必要な本当の理由を理解していない人がすごく多いです。

そういう人ほど、キーワード選定の能力が低い。


まず、トレンドアフィリエイトとは流行に乗じて稼ぐ手法ですよね。

ただし「芸能人Aが結婚した!」というニュースをYahooで見て、「よし、芸能人Aが結婚した記事だ!」とブログを更新したところでアクセスは集まりません。


それはYahooニュースと内容もキーワードも同じだからです。

Yahooニュースをはじめ大手ニュースサイトが「芸能人A 結婚」のキーワードで上位表示しているのに、自分のブログが全く同じワードで勝負して勝てるわけがない。

加えて、Googleは検索結果に多様性を求めているので、ニュースサイトの劣化程度の情報しか載っていないブログをわざわざ上位表示させる必要もありません。


だから僕らは

ニュースを見た人が次に知りたいこと

を考えます。


これならニュースを報じる大手ニュースサイトとキーワードも内容も被らないですし、視点によっては同じトレンドブログのライバルすら出し抜いて上位表示できます。

これが本当の「ずらし」です。


サジェストや虫眼鏡からテキトーにキーワードを選ぶのは何の意味もないですし、読者が次に知りたい事を考えるのがずらしだと意識しましょう。


キーワード選定の流れ


ここからは具体的なキーワード選定の流れを見ていきます。

下記の3ステップですね。

1. 次に知りたいことを考える(ずらし)
2. キーワードを予想する
3. サジェストキーワードで確認する


と言っても、具体例がないとイメージできないと思います。

そこで今回は2019年1月に解散を発表した、ジャニーズアイドル「嵐」のニュースが報道された時の視点で順番に考えていきますね。


(解散が報じられた直後を考えてください)

1. 次に知りたいことを考える(ずらし)


さっきお話したように「ずらし」は読者が次に知りたい事を予想すること。

嵐の解散が決まった!というニュースを見た人が何を知りたいか、何を疑問に思うか。これを考えることがトレンドアフィリエイトのキーワード選定のスタートになります。


また、次に知りたい事を考えるヒントをいくつか。


誰がこのニュースを見るのか?を考える


「ニュースを見た人は次に何を知りたいんだろう?」

と漠然に考えると答えは出てきません。

「ニュースを見た人」を具体的に考えてみましょう。マーケティングでよく使われる言葉でいえば「ペルソナ」を意識するということですね。
このニュースをこの人が見たらどう思う?
・嵐のファンもしくはアンチ
・全く興味がない一般人
・自分の父親や母親
・他のジャニーズグループのファン

ファンであれば、

「解散って本当なの!?」
「解散の理由ってなんなの?」
「○○さんが個別でやってる番組はどうなるの?」

とか考えるかもしれませんね。


反対に他のジャニーズフループのファンなら、

「嵐が解散したら、彼らの番組やポジションには誰がなるの?」

とか。


漠然と「ニュースを見た人」を考えるのではなく、具体的にどんな人がニュースを見るのか順番にイメージしていけば、次に知りたい事を考えやすくなります。

世の中の反応を見る


嵐の解散が報じられた直後、ファンを中心にtwitterなどで反応が起きます。

この反応こそが、次に知りたい事の答えでもあります。


実はYahooニュースには、コメント欄があります。

そして今例に出している嵐の解散報道のニュースだけでも19件のコメントがついており、ここにヒントが散りばめられているのに気づきます。


「絶対に再開はないと決まってる訳でもないし」
→再開する可能性はないのか?と気になっている人がいる

「記者たちの同じような質問や失礼な質問に腹がたった。」
→会見で記者に対しての反感を持っている人が多数いる

「歌手として活動していく意味はない、と大野君なら思うのではないかな。」
→事務所との不仲?今後の活動なども気にする人がいるかもしれない。


こうしてコメントを見るだけでも、嵐解散のニュースを見た人が次に何を知りたいか予想する材料になりますよね?

Yahooニュースに限らず、ツイッターで「嵐 解散」と検索すればそれに関するツイートが大量に見つかったはずですし、世間の反応からキーワードを探せます。

2. キーワードを予想する


読者が次に知りたい内容が見えてきたら次はキーワードを決めます。

…と言っても、実はニュースを見た人が次に知りたい内容が見えてきた時点で、キーワード選定は8割完了していると思っても良いです。


さきほど、嵐解散のニュースを見てこんな予想をしました。

「解散って本当なの!?」
「解散の理由ってなんなの?」
「○○さんが個別でやってる番組はどうなるの?」


それなら、あとはキーワード化するだけ。

解散って本当なの!?
→「嵐 解散 本当」
→「嵐 解散 真実」

解散の理由ってなんなの?
→「嵐 解散 理由」
→「嵐 解散 不仲」
→「嵐 解散 原因」

○○さんが個別でやってる番組はどうなるの?
→「ニノさん 終了」


この時点でキーワードが決まりましたよね。

実際にはライバルチェックも必要なので、すべてのキーワードがそのまま使えるわけではありませんが、キーワード選定に悩むところは特にないはずです。

キーワードのずらし手段その1:言い換え


仮に「理由」というワードでライバルが多う場合。

同じような意味だけど違うキーワードでライバルチェックしてみましょう。キーワードを類義語や別表現に言い換えるということですね。

「原因」「なぜ」「どうして」

など。


「理由」でライバルが多くても、他の似たようなワードならライバルが少ない場合は多いです。ライバルが多い=諦めるのではなく、まずはキーワードを別の表現に言い換えてみましょう。

キーワードのずらし手段その2:追加


キーワードの語数を増やすこと。

「嵐 解散 会見」

この3語キーワードでの組み合わせですでにライバルが多い場合、もう1つ検索キーワードを増やして4語での検索を狙ってみましょう。

4語でもサジェストが大量に出てきます。


・言い換え
・キーワードの追加

この2つを使うことでライバルのいないキーワードを見つけやすくなりますし、それでもライバルだらけであれば他の視点からキーワードを見つけ直した方が良いです。

3. サジェストキーワードで確認する


1. 次に知りたい事を考える
2. キーワードを予想する


ここまで手順を進めてきました。


ただ、結局のところは「予想」です。

「世の中の人はこうやって検索するんじゃないか」と自分が勝手に考えただけで、本当に検索需要があるか、アクセスがあるかどうかは別物となります。


そこで虫眼鏡(サジェスト)キーワードの出番です。

サジェストキーワードとは?


GoogleやYahooで何か文字を打ち込むと、勝手に検索候補を予測して表示してくれますよね。また、よく検索されるワードが検索結果に表示されています。


これがサジェスト(虫眼鏡)キーワードです。


サジェスト(虫眼鏡)キーワードは「よく検索されるワード」が表示されます。単純に考えればこれを使えば上位表示させられるわけですね。


ただし!

「話題になった人物のサジェストから、ライバルの少ないキーワードを選ぶ」

という考え方は間違いです。


厳密には100%間違いとは言い切れないのですが、ニュースと関連性の少ないキーワードをサジェストから適当に選んでもアクセスは集まりません。

あくまで「次に知りたいこと」を考える必要があります。


ただし、サジェストが役に立たないかと言えば違います。

むしろ、サジェストキーワードは僕もかなり活用しますし、うまく使えばアクセスの集まらない外れキーワードを選ぶ確率をかなり減らすことができるわけです。

サジェストキーワードはキーワードの確認に使う


さっき、嵐のニュースに対してこんなキーワード予想をしました。

「嵐 解散 本当」
「嵐 解散 真実」
「嵐 解散 理由」
「嵐 解散 不仲」
「嵐 解散 原因」

でも、実際に検索されるかわからない。

そこでサジェストキーワードで「過去の事例・類似の事例」をチェックすることで、キーワード予想の精度を大きく高められます。


今回は嵐の解散が決まったニュース。

そこで、以前解散したSMAPのサジェストを参考にしてみましょう。

・同じジャニーズグループ
・国民的なレベルで知名度が高い


など共通点も多く、参考事例としてピッタリです。


「嵐 解散 理由」が検索されるか知りたければ、「SMAP 解散 理由」でサジェストが表示されるかチェックしてみれば良いことになります。

実際に表示されていますね。


ということは、

100%、「嵐 解散 理由」が検索されるとは限らないけど、かなり確率は高い

と判断できます。

サジェストキーワードは類似の事例や過去の事例をチェックして、「自分が予想したキーワードは本当に検索されるかどうか?」を確認するためのツールとして使います。


キーワード選定の事例


次は、キーワード選定の事例を紹介します。

ここで紹介する記事はいずれも僕が実際に1記事で数万単位のアクセスを集めた記事のみ。成功事例のみを抽出しているのでかなり参考になるはずです。

EU離脱の記事事例

元ニュース:イギリスがEU離脱を決定
タイトル:EU離脱の結果と日本への影響!リーマンショック2で世界不況に


まず考えるべきはニュースを見た人が次に知りたいこと。

特に政治系の場合は「自分の生活にどう関係してくるのか?」を知りたい人が多いので、「影響」というキーワードは確実に狙っておきたいですよね。


ただ「EU離脱 影響」の2語だけでは上位表示が難しそう。

そこで「EU離脱 影響 日本」の3語で狙う。


また、EU離脱によってリーマンショックのような事態が起きるかもしれない(実際には今起きてないですが 笑)。でも確実に上位表示させるために「2」という数字をつけています。

エレン・ベーカー先生の記事事例

元ニュース:英語の教科書のキャラクターがネットで話題に
タイトル:NEW HORIZONのエレンベーカー先生の絵師と画像


この記事はキーワードのずらしの他に2つのポイントがあります。

・ライバルの少なさ
・記事を各タイミングの早さ


そもそも、ライバルが圧倒的に少ない。


多くの人はYahooニュースをはじめ大手ニュースサイトばかり見る上に、この事例のようにアクセス爆発の可能性があるネタを見つけても見過ごしてしまいます。

記事を書くタイミングが早かったこともあり、ライバルはほぼ皆無でした。

東京都知事選挙の記事事例

元ニュース:2016年の東京都知事が1ヶ月後に控えている時
タイトル:東京都知事選挙2016の候補者一覧と投票日!誰がクリーン?


東京都知事選挙 2016 候補者
東京都知事選挙 2016 投票日
東京都知事選挙 2016 クリーン

狙っているキーワードはこのあたりになります。

他にも「候補者→出馬」「候補者→届け出」としたり、また、ライバルが多ければ候補者の名前をキーワードに入れることも視野に入ります。


あと、「クリーン」はこの時ならではのキーワードですね。

ちょうど前知事がダーティな問題で辞職しての都知事選挙だったので、「誰を選べばクリーンな政治をしてくれるのか?」と検索する人を捕まえるためのキーワードです。


ずらしをパターン化する

パターン化ノートを作る


トレンドアフィリエイトを何年もやっていると、

このネタでは、このキーワードを使えばアクセスが集まる

という予測が立てられます。


これは特別な才能のおかげではなく、単純に場数を分できたことで培われてきたスキルです。だから慣れてくれば慣れてくるほど記事のヒット率が上がるわけですね。

300記事で1日100円だった僕が、10記事で10万まで成長したのが良い例です。


なら、初心者でもこのパターンを覚えることは有効です。

芸能人が結婚した時にはこのキーワード、アーティストが解散した時にはこのキーワード…ネタごとに検索されたキーワードをメモしてパターン化していきましょう。


大事なのはメモすることです。

頭の中でパターン化しても絶対に忘れていくので、初心者のうちはとくに「このネタの時はこのキーワード!」とメモしていつでも確認できるようにしましょう。

そうすれば頭の中でキーワードのパターン化を進めることができますし、少ない記事数でもヒット記事を量産できる可能性は上がります。

日頃からサジェストを見る


さきほどのキーワードのパターン化の話にもつながります。

トレンドアフィリエイトの場合記事を量産することもすごく大事なのですが、それだけではなく色々なネタのサジェストキーワードを見るようにした方が良いです。


例えば、アーティストの解散ネタのキーワードについて。

自分の頭でユーザーが次に知りたいことを考え、サジェストを見て答え合わせするのも大事ですが、そもそも複数のアーティストの解散事例を知っておければ良いですよね。

解散ネタの事例
・SMAP(ジャニーズ)
・嵐(ジャニーズ)
・カナリア(お笑い)

他にも女性アイドルで解散した事例など、「解散」した人たちをターゲットにして、サジェストキーワード一覧表示ツールで確認してみましょう。

サジェストキーワード表示ツールの例。

Good Keyword


これだけ解散に関する事例を見れば、
グループが解散した時はこういうキーワードが検索されるのか
とある程度知ることができるはずです。

自分でゼロから考えるよりも、サジェストキーワードで過去の事例を学んだほうが効率的にヒットを飛ばすことができます。

サジェストキーワードを徹底的に活用しましょう。

分析する


アクセスが来ない=失敗記事。

初心者さんほどこう考えてしまいがちです。


大事なことですが、アクセスの来なかった記事も決して失敗ではありません。ホントに失敗で終わらせたくないのなら、「なぜアクセスがなかったのか?」を知る必要があります。

アクセスが来ていない原因は?
1. 上位表示されなかったからアクセスが来ていない
2. 上位表示できているけどアクセスが来ていない

1であれば狙ったキーワードで上位表示できていないので、ネタやキーワードがメジャーすぎる。ずらしが上手くいっていないことになります。

2であれば上位表示しているのに需要がない。つまりずらしを意識するあまりニッチすぎるキーワードを狙っているので、もう少しメジャーなキーワードを狙うべきと分かります。


これだけでも、アクセスを集めるヒントになりますよね。

他にも、アクセスの集まらなかったキーワードは今後2度と使わない。反対にアクセスの集まったキーワードは同じようなネタの時は何度も流用する。


すると、トレンドアフィリエイトのヒット率は格段に上がります。

記事を量産するのは大事なのですが、「アクセスが集まる/集まらない」でしか判断ができないと、そこから得られる学びを捨てることになります。

結果的に遠回りになるのは言うまでもありません。


だからこそ、アクセスがあろうとなかろうと記事を書くこと。

そして記事を書いたら必ず結果をチェックしましょう。そうすればハズレ記事が生まれる確率は減りますし、僕のようにアクセスの爆発を何度も起こせるようになります。


正しいキーワード選定の方法を学ぶ


コンテンツSEOの重要性が叫ばれる時代になりましたが、タイトルキーワードの重要性は今も変わりません。それはトレンドブログであれば特に。


ニュースを見た人が次に知りたい事を考える

これがトレンドアフィリエイトにおけるキーワード選定の基本です。


これをマスターすれば1記事で数千PVはもちろん、数万PVの記事も量産できるようになります。というより、どんなブログを運営しても稼げるようになります。

トレンドアフィリエイトの攻略手順については下記のページでも解説しているので、参考にしながらまずは月収10万円突破を目指していきましょう。

トレンドアフィリエイト歴5年が語る!初心者でも10万稼ぐノウハウのすべて

※メルマガはいつでも解除できます