teamviewerは安全か?遠隔操作ソフトの使い方と設定

teamviewerは遠隔操作によって相手のパソコンをいじることができるソフトであり、ネットビジネス等で活用されることが増えているフリーソフトです。口では説明出来ないことでも遠隔操作すればすぐに問題解決できるので、操作側としては非常に便利なソフトですが、逆に操作される側にとっては若干不安でもありますよね?


遠隔操作って本当に安全なのでしょうか?自分のパソコンを相手に勝手に動かされることで、セキュリティ面で問題はないのでしょうか?teamviewerの使い方を順番に説明していきます。

ちなみに現在ではteamviewerの他にもGoogle Chromeの機能の1つとしてリモートデスクトップ機能が使えるようになりました。万が一teamviewerが上手く使えない場合や商用利用を中心に活用していきたい場合は、Chromeでの遠隔操作を利用して頂ければと思います。

Chrome(クローム)のリモートデスクトップの設定と使い方


3分で分かるteamviewerの使い方動画


設定などに不安があるという人は、こちらの動画を見ながら登録と設定を行なってみてください。また、簡単な注意点などについても動画内で触れておきます。




遠隔操作って安全なの?


さて、まずteamviewerを使う時に操作される側が非常に心配することが「teamviewerって安全なの?」ということ。


確かに他人にパソコンを遠隔操作されるということは、よからぬことに自分のパソコンを使われるかもしれないし、操作する側のサポーターが信用のおけない組織や人物であれば、なおさら遠隔操作を使うことに不安を覚えるでしょう。

勝手にパスワードを引き出されたり、アマゾンや楽天で買い物をされたり…もしこんな恐ろしいことになっては意味が無いですからね。



まあ結論から言うと、teamviewerで遠隔操作されたところで特に安全に問題はありません。遠隔操作を行う側が相手のパソコンを自在に操ることが出来るのは両者がteamviewirを起動している場合のみであり、それ以外は絶対に動かせないのです。


なぜかというと、teamviewerで遠隔操作をするには相手側からユーザー名とパスワードを教えてもらう必用があるのですが、そのパスワードはソフトを終了するごとに切り替わるんですね。




なので、遠隔操作が終了した段階で被操作側がソフトを終了してしまえば、その時点で相手側からの操作は不可能になってしまうのです。だからその後自分が不利益を被るようなことは無いし、teamviewerからもたらされる悪影響はありません。



teamviewerの使い方と設定


とりあえず使い方は極めて簡単で、操作される側がパスワードとユーザー名を伝えるだけでOKです。ただし、両者のパソコンが起動していないと操作は不可能なので、スカイプのチャットや通話で時間を合わせたりする必要はありますね。


まずは下記の画面のように「パートナーID」を入力し、「パートナーに接続」をクリックします。



すると下のようなパスワードを入力する画面が出てきますので、相手から聞いていたパスワードを入力すれば、こちらが相手のパソコンを操作できるようになります。




操作する側のイメージとしては、インターネットのブラウザの中に相手の画面が表示されるような感じですかね。もちろん操作中は相手も動かすことが出来るので、操作側に勝手なことをされる心配もありません。


ただ、そうしても操作の都合でデスクトップを表示することは有ると思うので、パスワード等の見られたくないものは出来るだけ奥深くの場所にしまっておく方がお互いに取っても良いですね。


あ、あと遠隔操作の際にはお互いにスカイプでやり取りしながらの方が良いので、teamviewerを使う際は必ずスカイプもセットアップしておきましょう。チャットだけでなく、マイクも用意しておくとスムーズに作業が進みますよ。

スカイプの登録方法と使い方。コンタクト追加のやり方

遠隔操作なんて聞くとついつい安全なのか疑問に感じたり、使い方や設定に対して不安をいだいてしまうと思います。ですが、決して難しいものではないですから、ぜひteamviewerを使ってみてください。





コメントを残す