会社は3年我慢せず3ヶ月で辞めてもいい理由【続けるべき仕事とは】

会社は3年我慢して続けろ!

と聞いた事があると思います。


でも、なんで3年なの?と疑問に思いませんか?

ネットで調べても賛否両論ありますが、正直大半のサイトは転職サイトに誘導して報酬が欲しいだけなので、自分の経験はさておき「すぐ辞めればいいよ!」と書いてます。


そこで、実際に約3年で会社を辞めて独立した僕の話をさせてください。

ちなみに僕の結論は以下です。

・会社を3年我慢する根拠もメリットもない
・仕事ができずに会社を辞めたいなら1年は我慢
・職場の人間や環境自体が合わないなら3ヶ月


会社を3年我慢して続けたメリットはあったのか?


僕は、高卒でトヨタに就職して2年9ヶ月で退職しました。

ほぼ3年、会社に勤め続けたことになります。


べつに会社を3年続けよう!と思って我慢したわけではなく、当時副業だったブログで独立できる収入を確保できたのがこの時期だったから、結果的に約3年で辞めました。

じゃあ、会社にほぼ3年勤めて何か得られるものが有ったかというと…正直何もないです。いや、得たものってマガチのマジで何もないと思います(笑)


たしかに、社会人の厳しさは分かりましたよ。

上司の機嫌によってその日怒られるか決まることも、飲み会とかいう生産性ゼロのシステムのことも、たとえ10年勤めても予想以上に月収増えないんだなぁ…ってことも。

(上司の年収が、自分の将来の年収です)


でも、しょせん3年じゃ下っ端のまま。

ほぼ一番下の立場なのは変わらないし、3年あればある程度仕事は覚えられるけど、つまらない仕事が楽しくなるかと言えば別にそんなこともないし…

フリーランスとして起業した今となってはサラリーマンの経験ができたのは重要だけど、単に会社員としての経験なら半年で十分だったと思います。

会社をすぐに辞めたら転職に不利になるのか?

この記事を読まれている方は、独立ではなく転職を検討している人も多いと思うのですが、仮に会社を3年未満で辞めたら転職に不利になるのか?という話。

僕は転職してないので正解はわかりませんが、今は自分が社長という立場になりました。その立場から言うと、1回くらい短期間の転職があっても気になりません。もしくは、特別秀でたスキルやそれを補う気力があれば気にしないと思います。


ただ、逆に言うと短期間で何度も転職してると聞いたら「この人すぐに辞めるんじゃないか…?」と敬遠してしまいますね。

給料と時間を使って社員教育することを考えれば、すぐに辞められたらお金も時間も大赤字。だから3ヶ月で辞めた履歴が何個もあると微妙です。逆に1回3ヶ月で辞めたところで、いくらでも「それっぽい納得できる理由」は作れるはずです。

会社は1年もしくは3ヶ月で辞めてもいい


会社は3年も我慢して続ける必要はない、とお話しました。

ただ、やっぱり最低限続けたほうがいい期間はあります。これは会社を辞めたい原因によるのですが、最短で3ヶ月、最長で1年です。

能力不足で仕事がうまくいかない場合:1年続ける
仕事はこなせるが人間関係や給料に不満:3ヶ月続ける


大きく分けてこの2パターンですね。

能力不足で仕事がうまくいかない場合


会社を辞めたい理由が、自分の能力不足の場合は1年続けましょう。


仕事を任せられるけど、毎回うまくできなくて上司や同僚に尻拭いしてもらって、その結果怒られるし、給料も上がらないし、何より迷惑かけてばかりで申し訳ない…

仕事が上手くいかなくても、1年は続けた方がいいです。


僕は独立してからもう7年以上、ブログをまったく知らない人にゼロから教えているのですが、やっぱり最初はみんな上手くいきません。

また、3ヶ月で結果が出る人もいれば半年1年とかかる人もいて。でも、早く稼げた人が最終的に一番大きく稼いでいるとは限らなくて…


だから、やっぱり1年は1つの手法を続けてもらってます。

ちょっと試してすぐ諦めて…なんてやっていると、全部失敗して終わるのがオチですし、1つの仕事ができるようになるまで1年はチャレンジし続けた方がいいです。

なので会社でも同じで、仕事がうまくいかなくても1年は続けましょう。それに最低限1年続ければ、転職履歴的にも決して悪い数字ではないですからね(笑)


仕事はこなせるが人間関係や給料に不満


次に、「仕事はできるけど…」というパターン。

こんなふうに思ったら
・求人票と違って全然給料が出ない
・労働時間や環境が絶望的に悪い
・職場の人間とこの先絶対に仲良くなれない

こんな理由で会社を辞めたいとしたら、3ヶ月続ければ十分です。

給料や労働環境の現実、そして職場の人の人柄も3ヶ月あればだいたい見えてきます。もしその段階で「この会社で一生仕事するのは絶対ムリだ!」と思ったら辞めていいです。

他の会社に転職するなり、独立するなりしましょう。


会社を3ヶ月で辞めてしまうと、転職表にキズがつく…というのは事実だと思われます。

でも、キズがつくのと転職できなくなる事は全くの別。少なくとも会社を運営する身から言わせてもらえれば、能力があれば関係なく採用します。

もし3ヶ月で辞めるなら…

我慢せず3ヶ月で会社を辞めていうと「つらいからとりあえず辞める」くらいの人が出てきそうなので、その場合「これだけは絶対に許せなかった」という条件を1つ決めてください。

例えば毎日夜22時まで仕事するのが当たり前な労働環境だけは絶対にイヤだ、とか。そしたら次は多少報酬などが落ちても、労働時間を優先して会社を選んだ方がいいことになります。

漠然と「つらいから」辞めるのではなく、「何がつらくてやめるのか」を明確にしておくことは必要かなと思います。

副業を始める選択肢


ここまで書いてきたのは転職を前提とした話です。

ただ、転職じゃなくて独立するのも手だと思うんですね。


僕自身、トヨタに就職したものの、仕事が思うようにできなかったり、人間関係に疲れたり、収入も思ったほどではなかったりして、ブログによるアフィリエイトをはじめました。

そしてブログで月10万円稼げるようになった時点で2012年11月に独立。それからずっと今に至るまで、フリーランスとして収入を得て生活しています。


会社にいる限り、結局どこまでも不満は続きます。

給料が少ない、人間関係が微妙、仕事が楽しくない、労働時間が長い…全部の条件を完璧に満たした会社なんてないし、会社員である限りはグチを言い続ける日々は続きます。


それなら、自分で稼げる力を身につけて独立した方がいいですよね。

僕もそうでしたが、アフィリエイトであればノーリスクでチャレンジできるので、会社に行きながらとりあえずブログを作る→上手くいったら独立。

という二足のわらじ的な生き方もできるので。ゼロからブログを始めて本業の収入を超える方法も、僕の無料メルマガで公開しているのでぜひ登録してみてください。

※メルマガはいつでも解除できます