ツイッターからの被リンクはSEOに効果が無いか?

ツイッターからの被リンクにはノーフォロータグがついており、
SEOには効果がないと言われています。

しかし、実際本当に効果が無いのでしょうか?

ツイッターによるリンクについて、検証をしてみましょう。

そもそもツイッターにノーフォロータグは無い!?


さて、確か僕の記憶では以前までノーフォロータグは
ツイッターに存在していませんでした。

つまり記事が被リンクとしてカウントされ、
リンクを受けたサイトのSEOが強くなっていくと言うことですね。


しかし、ツイッターが途中からノーフォロータグを導入し始め、
そこからリンクを受けてもサイトの評価には
一切影響を与えることができなくなってしまいました。

これによりツイッターの自作自演でのつぶやきは不可能になり、
ツイッターはSEOの要素としてカウントされなくなりました。


でも、僕が今日自分の目で確認してみたところ、
どうやらノーフォロータグが無くなっている感じがするんですよね。

つまり、ツイッターからのリンクが
SEO効果を十分に持っているということです。

だからSEOに関係無いからといって
ツイッターを軽視するのは間違いであり、
今後はますますその重要性が高まってくでしょう。


仮にノーフォロータグが有ったとしても…


それにノーフォロータグがついていたとしても、
必ずしもSEO効果が無いとは言えないと思っています。

例えばfacebookなどもノーフォローがついていますが、
じゃあそれをグーグルが完全に無視しているのかといえば、
それは間違いなくありえないです。


なぜならグーグルの最終目標は
「誰からも望まれないサイトの排除」であり、
逆に言うと多くの人から望まれるサイトを上位表示します。

その理論で行くと多くのユーザーが在籍する
facebooの意見を完全に無視してしまうということは、
あまりにもおかしな話なのです。


だからノーフォロータグ=SEO効果無意味、
という思考は間違っていると思ってください。

グーグルはこのタグがあれば評価に加えないにしても、
少なからず何らかの形で認識しています。

実際僕のツィツターアカウントの1つは
特定の単語で上位表示されるレベルになっていますから、
RTされて被リンクを受けまくるだけでSEO効果は間違い無くあるのです。





コメントを残す