ノーフォロータグ(nofollow)リンクでSEO

ノーフォロータグはSEOを
行う上で知っておきたいタグになります。

初リンクや被リンクの効果は
ノーフォロータグで変わってきますので、

ノーフォロータグを利用する


ノーフォロータグ(nofollow)を簡単に説明すると、
このタグを付けることでリンク先のサイトに
「評価を付与しない」ことができます。

そもそも被リンクを受けたサイトはSEO評価が上がりますけど、
それっていうのは発リンク元のサイトのパワーを
リンク先に分け与えたと言うことも出来るのです。

だから、発リンクの多いサイトはあまりSEO的に好ましくありません。


極端な話、発リンクばかりのサイトがあるとしたら、
そのサイトがどんなに素晴らしいコンテンツを持っていたとしても、
グーグルとしてはあまり評価を上げたくないですよね?

「この人はすごい人物です!」
「いや、でもこっちの人もスゴイんです!」

こんな風に誰彼かまわず持ち上げる人が居たとしたら、
その人物がいかに立派な人物であったとしても
信用を失いますよね?

だから自分のブログのSEOのパワーを守り続けていくためには、
サイトには極力発リンクを張らないというのが原則なのです。


しかし、やはり外部サイトにリンクを送りたい時もあるでしょう。


そういう時はどうするのかというと、
rel=”nofollow”」というタグを利用して、
自分のサイトからパワーを流出させないようにします。

このタグを入れることでグーグルに対し、
「私はリンク先のサイトを評価しないよ~」
という宣言をしたことになります。


つまり自分のサイトからSEOパワーを漏らさず、
外部への道だけを用意出来るということですね。

アフィリエイト初心者は外部リンクをベタベタ貼ってしまいがちですが、
それをやるならせめてノーフォロータグを使用すべきです。




通常のリンクタグの後ろに「rel=”nofollow”」を入れるだけなので、
使い方自体は非常に簡単な方法ですからね。





コメントを残す