海外でAirbnbを初めて使う前に!エアビーのトラブル体験と使い方

海外旅行でAirbnb(民泊)を使うと宿泊費を安く抑えられます。


民泊って聞いたことはあるけど、結局なんなの?
日本ではエアビー経験はあるけど、海外だと不安で…


海外でAirbnbを使うとなると不安ですよね。

僕自身Airbnbで思わぬトラブルに遭遇したこともあるし、日本人(僕も含めて)は英語がまったくできないので、それだけでハードルが高く感じるはずです。



けど、Airbnbを使いこなすと旅費が劇的に安くなります!

場合によってはホテルと同じような部屋なのに1/2程度の宿泊費で済みますし、浮いたお金を海外でのおいしいグルメや、たくさんのお土産に回すことも可能。

この記事を読めば、Airbnbを一度も利用したことがない初心者さんでもAirbnbを使い庫内して、海外旅行の宿泊費を浮かせることができるようになります。


Airbnb(民泊)ってなんなの?


ホテル:企業が運営して部屋を貸し出している
民泊:個人が自分の持ち屋を貸し出している



民泊とホテルのザックリとした違いはこれ。

例えばあなたが今住んでいる家に余っている部屋があるとしたら、その部屋を民泊予約サイト(Airbnbが一番有名)に登録し、宿泊したい人がいれば泊めてあげて宿泊費をもらう。

空き部屋、空き家を活用して「個人ホテル」をできるのが民泊です。


もっとも、実際には自分の住んでいる家を貸し出す人は一部。

大半は民泊用に用意した物件(マンションの一室とか別荘とか)を貸し出していることが多く、すでに住人がいる家の空き部屋に泊めてもらう、とかではないので安心してください。

(ただし、料金によってシェアハウスとか部屋の1室だけとかもあります)


また、Airbnbではホテルと違いサービスは一切ありません。

ベッドなど家具は用意されている(これも料金次第でピンキリですが)ものの、ホテルのように部屋の清掃はないし、食事などもつきません。

一切のサービスがない代わりにホテルより宿泊料金が安いので、上手く使えばAirbnbによって、海外旅行の宿泊費を大きく減らせるというわけです。

安かろう悪かろうではない

宿泊料金が安い=ホテルよりもショボいというイメージを持つかもしれませんが、Airbnbも値段次第でかなり豪華な部屋が出てきます。

なのでAirbnb=安いというのは正確ではなく、「同じくらいの値段のホテルより、立地のいい場所or設備の充実した部屋に宿泊できる」のがAirbnbのメリットだと思ってください。


エアビーのメリット


では、ここからAirbnbの具体的なメリットを。

・とにかく安い!
・キッチンや洗濯機などが使用可能
・現地民の生活が可能



この中でも、やっぱり値段が一番のメリットです。

特に1週間、1ヶ月と海外への長期滞在の場合ほどAirbnbで予約したほうが宿泊費を安く抑えられるので、海外旅行を考えている場合は選択肢として知っておいた方が良いです。


メリット1:とにかく安い!


Airbnbを使う最大のメリットはこれです。

ホテルよりも安いこと。


僕が以前マレーシアで28泊したときの料金は9万円ほど。

しかも、なぜかこの民泊は特殊で、ホテルの一室がAirbnbで貸し出されていたんですよね。なので、ホテルの宿泊客と思われる人たちもいたし、1Fには受付のホテルマンらしき人たちもいました。


そして、同じホテルで28泊宿泊しようとすると料金はAirbnbの約2倍。


コンドミニアムやマンションではなく、ホテルの一室が貸し出されているのはかなり珍しい例だと思いますが、各種サービスがないだけで宿泊費が半額になるならこれ以上ありがたいこともないですよね。

もちろん、極限まで安さを追求するならゲストハウスとかドミトリーとかに宿泊すれば良いのですが、「1人になれる環境があって、かつそれなりの部屋に泊まりたい」と思えば、Airbnbは他のホテルと比べてコスパがずば抜けています。


メリット2:キッチンや洗濯機などが使用可能


宿泊する部屋にもよりますが、Airbnbは”普通の家”を貸し出している事が大半です。

なのでキッチンもあれば洗濯機もあるし、電子レンジや冷蔵庫、さらには食器なども完備されていることがあります。


別に3日4日と短期間滞在するだけなら大した問題ではないのですが、1週間、2週間、1ヶ月…と長期滞在になるほど、日常と同じ条件で生活できると便利です。

洗濯機1つとっても、毎回クリーニングに出すのと洗濯するのでは費用がまったく違いますし、僕のように1ヶ月とかの長期滞在が多い人間にとってはキッチンで自炊できれば節約にもなります。

(いや、僕はほぼ自炊してないんですが)

メリット3:現地民の生活が可能


海外で、現地と同じ環境で生活できるのは地味に貴重です。

例えば以前ハンガリーのブダペストに3週間ほど滞在しましたが、その間ずっと1つのAirbnbに宿泊していました。


ブダペストの建物って中庭構造になっていて、中庭を囲うような形で家が作られているんですよね。そして、お風呂場からは屋根が見えていい感じ。


ただ、ホテルに泊まったら当然こんな構造にはなっていません。だから現地の文化を楽しむのは、ホテルでは実現できないことかなと思います。


他にも、ヨハネスブルクでは世界一危険な場所と言われるポンテタワーにAirbnbで泊まれるとか、ソ連時代の独特の建築、フルショチョフカの建物もAirbnbで貸し出されているとか…(泊まりたいかは別として)

あとはバリ島ではすべてが竹でできた特殊な建物までAirbnbで宿泊可能だったり。独特な体験が可能なのがAirbnbの強みです。


エアビー利用でのトラブル実体験


海外旅行の宿泊費を安くできるのがAirbnbの強み。

でも、Airbnbはホテルと違って個人が家を貸しているので、やっぱりトラブルも起きやすいです。僕が実際に経験した海外でのAirbnbトラブルをいくつか紹介しますね。

トラブル1:◯◯がない!:
トラブル2:家の場所がわかりづらい
トラブル3:なぜか宿泊拒否された
トラブル4:Airbnb禁止の物件がある



また、他にも個人の持ち家である以上、相手が合鍵を持っていることも考慮すべきです。具体的には外出するなら貴重品は持ち歩くorカギつきのスーツケースや、バックにカギをつけて貴重品を置いておく。(海外ならホテルでもこの防犯意識は必要ですが)

あと、女性が1人で宿泊したら貸主から暴行を受けた…なんてニュースも以前報じられていました。なのでレビューがまだ一件もついていないような物件とか、あまりにも値段が安い物件を避けることも必要ですね。


トラブル1:◯◯がない!


洗濯機あります! (使えるとは言ってない)みたいな事がたまにあります。

僕がウィーンで1週間泊まった部屋は、洗濯機ありと記載されていたものの、洗濯機に「故障中!使うな!」と張り紙がしてありました。はよ言えと。


また、ウィーンの同じ部屋の話ですが暖房にも困りました。

Airbnbの説明ページって「暖房あり」みたいな記載はあるんですが、これがエアコンであるとは一言も書かれていないわけです。


僕が泊まったウィーンのお部屋は、たしかに暖房はあるけれど薪を燃やすタイプのガチ暖炉があるだけ。使い方が謎すぎるし、果たして使って良いのかも謎です。


くしくもその頃ウィーンは5月というのに寒く、日によっては1ケタ気温になるのも当たり前。外に出ても寒い、家にいても寒いという地味につらい1週間を送るハメになりました。


あと、もう1つ困ったのがエレベーター。

実はウィーン滞在時に別の物件にも3日だけ泊まっていたのですが、こっちはこっちで6Fの部屋のくせにエレベーターがついていないという…

ある程度のグレードの物件ほどこういったトラブルは起きづらいですが、格安物件ほど設備もあまり充実していないので、宿泊予約前に事前に確認しましょう。

トラブル2:家の場所がわかりづらい


Airbnbはホテルと違って個人の家に宿泊します。

そのためホテルと違い、タクシーの運転手に場所を伝えても通じません。(これは民泊に限らず、知名度の低いホテルに宿泊する場合も同じではありますが…)

ついでに言うと、建物の近くに来ても終わりではなくて、外観がわからないとどの建物か分からずに苦労します。


僕がタイのバンコクのAirbnbに宿泊した時のこと。

コンドミニアム(大きなマンション)に宿泊予定で、到着時にカギを受け渡ししてもらう予定でした。建物自体は駅前なのですぐに分かったのですが、ロビーがどこにあるのかわからん…

「ロビーで待ってるよ!」

と言われても入り口っぽいところが分からず、しばらく付近をウロウロするハメに…最終的には合流できたので良かったものの、場所が分かりづらいのはホテルと違うデメリットですね。

トラブル3:なぜか宿泊拒否された


これもウィーン(今思うと、ウィーンでAirbnbのトラブル起きすぎでは)の話で、宿泊予約リクエストをしてお金も決済したところ「キャンセルしてくれ」とメッセージが届きました。

別に申し込み手順には問題はない(強いて言えば、相手に確認などは取らなかったですが、別にこれはルール的にOK)ですし、詳しい理由も教えてくれませんでした。


いや、別に実害があったわけではないんです。

申し込んで割とすぐキャンセルの依頼が来たし、支払った金額はすぐに戻ってきたし。ただ、ちょっとモヤモヤ感がありますよね。

その日は友人を泊める予定だったかもしれないし、(それならAirbnbの空き部屋情報変更しとけや!という話ではありますが)、もしかしたら英語の喋れない日本人なんて面倒で~と思っていたかもしれないし。


いずれにしても覚えておいてもらいたいのは、

こっちが悪くなくても、キャンセルされるときもある

ということですね。

トラブル4:Airbnb禁止の物件がある


僕が宿泊したバンコクのコンドミニアムはAirbnb禁止です。

なんで分かるかというと、各階のエレベーター呼び出しボタンのすぐ上に「Airbnb禁止!」とデカデカと張り紙がしてあるからですね(笑)



もっとも、実質的に黙認状態ではあるのですが。

1階のロビーに受付のお姉さんが常駐してるものの、その目の前で宿泊費(現金)のやり取りしても何も言ってこないし、コンドミニアム側もある程度は許容してると思います。

ただ、やっぱりAirbnb禁止の建物に宿泊してるのはイイ気分ではないですね。


あと、Airbnbに宿泊する場合住民との接触も増えます。

クアラルンプールやバンコクのコンドミニアムにAirbnbで宿泊した時は、エレベーターで誰かに会うのも珍しくなかったものの、軽く挨拶する程度でした。

そもそも住んでいる人数が多いから旅行者が紛れ込んでもわからないし、特にタイやマレーシアは移住者も多いので、日本人がいても特に気にされません。


ところが、ウィーンでは違いました(またウィーン!)

アパート内で謎のアジア人を見かけると「誰だコイツ?」みたいに引いた目で見てきます。いや、それ自体は分かるのですが1人だけやたら絡んでくるおじさんがいました。

何言ってるか分からなくてもだいたいはイエスイエス!で適当に切り抜けられるのですが、このおっさんは途中で会話を終わらせてくれる気配がまったくなかったんですよね。


ということは、単なる世間話ではなく何かしらの目的を持って話しかけている。

そこでGoogle先生にドイツ語翻訳してもらったところ「支払ってください」という謎の発言をしていることがわかりました。


は?支払い?

もしかしてこのおっさんはアパートのオーナーで、Airbnb宿泊を禁止してて、それで罰金を請求してるとか?


結局、よく分からないままおっさんは去っていきました。もちろん特に支払いはしてないし、それから接触も特になかったのですが、やっぱり少しモヤモヤが残りますよね。

Airbnbに掲載されている部屋でも、建物自体はAirbnbを禁止していることは多々あります。まずバレることはありませんが、ちょっと後ろめたさを感じます。


Airbnbの利用手順

使い方1:Airbnbに無料登録する


Airbnbの登録は無料です。

また登録も非常にカンタンで、他のホテルを予約するのと変わりません。名前や住所、電話番号などを入力すればそれでOK。ちなみにfacebook等を使って登録の簡略化も可能。もちろん、2回目以降の入力は全部省略されます。


ちなみに、Airbnb登録する際は僕のサイトから登録してもらうと、1回目の旅行が5088円引きになるので、さらにお得に宿泊可能です。


使い方2:良さそうな部屋を探す


次に、宿泊したい部屋を探します。

フィルター機能で自分が求める条件に一致する部屋を検索します。(僕であればパソコンで仕事をする関係上、設備にWifiが入っているのは必須条件にしています。


また、Airbnbが便利なのはマップから部屋を検索できること。

自分が宿泊したいエリアに目星をついていれば、その中から気に入った部屋を選ぶことができます。(逆に言うと、Airbnbで予約する前にはどのエリアが便利で、お値段が現実的なのかを調べておく必要があります)


あと、注意点としてはAirbnbのマップに物件ごとに価格が表示されているものの、価格の表示位置=物件の位置ではないということです。

実際、部屋の詳細情報のページに建物の位置を示すマップが載っているのですが、なぜかAirbnbだと「このあたりの位置だよ」という情報しか教えてくれません。


なので自分が思っていた位置よりも500メートル以上ずれて不便…みたいなことも起こります。また、治安の良くない地域だと細い路地裏にあるような部屋だとちょっと不安ですよね。

掲載されている写真から判断する(特に東南アジア系であればコンドミニアムが多く、わかりやすい)か、もしくは予約する前に相手に事前に質問するのがベストです。


使い方3:貸主に連絡&交渉する


借りたい部屋が見つかったら、貸主さんに連絡しましょう。

もし事前に確認しておきたいこと(この時点では詳しい住所は開示されていないので、それを聞いてみても良いですし)があれば聞く。


また、値段交渉も可能です。

もともとAirbnbは値段交渉の文化があるので気にしなくてOK。


ちなみに交渉は「宿泊日が近い(相手も空室日を作るのはもったいない)」「宿泊日数が長い」ほど有利に進めやすくなります。

僕であれば短くても1週間、長ければ1ヶ月2ヶ月と同じ部屋に泊まるので値段交渉は必ず行います。英語が不自由だろうが、相手からすれば空室を作るよりマシなので、しっかりとメッセージが返ってくる場合も多いです。


あと、海外宿泊の場合やり取りは英語です。

ただ、僕自身英語はまったくできてなくてもAirbnbは問題なく利用できているし、何より今の時代はGoogle翻訳があるので、相手から送られてきたメッセージをそのままコピペして翻訳すればだいたい意味はわかります。


それに、こちらが英文の内容もだいたい決まっています。

・値引きしてもらえませんか?
・何時頃に到着する予定です
・カギはどこで受け渡しですか?

などなど。

そして、この手のよく使う英文は検索すると似たような英文例が大量に出てくるので、それをほぼコピペして相手に送れば問題ありません。


万が一、Googleの力を借りてもどうしても解決できない問題が出てきたら、その時はYahoo知恵袋で質問すればOKです(笑)

何より、相手としても宿泊してくれるかもしれない貴重なお客様を逃したくはないし、こちらの英語が多少間違っていても付き合ってくれます。「英語が不安だから海外のAirbnbは…」と使わないのはすごくもったいないですね!

使い方4:支払い&詳細を教えてもらう


ここで初めて部屋の詳細を教えてもらえます。

部屋の住所や詳細な設備。当日のカギの受け渡し方法などを教えてもらえます。この時点で分からないことがあれば相手に質問しておきましょう。


また、相手によっては「LINEやってる?」「Whats App(海外で一番人気の連絡アプリ)やってる?」みたいに聞いてくることもあります。

これはカギの受渡日に連絡を取りやすくするために提案されることが多いです。なので、別に悪用されることとはないのでご安心ください。

(それに、LINEやWhats AppがなければAirbnb内のメッセージ欄でやり取りを続ければ良いだけなので問題有りません)


使い方5:当日カギをもらって完了


あとは、現地でカギを受け取って完了です。


鍵の受け渡しは2パターン。

1.直接会って手渡し
2.郵便ポストやキーボックスからカギを入手


後者の場合であればそもそも相手に会う必要すらないので気楽ですね。反対に、直接会う場合は到着時間をあわせる必要があり少々面倒です。


また、チェックアウトの際は多くの場合指定されたポストにカギを入れて終わり。

なので相手に一度も会わないまま宿泊完了することも多いですし、海外のホテルで一般的なデポジット(チェックインの際に預けるお金)も必要ないので気楽ですね。


Airbnbは海外1人旅に一番おすすめ!


ここまでAirbnbの魅力や使い方を紹介してきました。

ただ、海外旅行ならとりあえずAirbnbを使った方が良いとは思っていなくて、誰とどんな理由で海外に行くかによって、宿泊先を使い分けることが大切だと思っています。


僕の実例なのですが、両親を沖縄旅行に連れて行った事がありました。

3人で1泊2万円くらいでホテルよりも安いし、部屋の家具もめちゃくちゃ豪華で、何よりカーテンを開ければ即青い海が見えるというかなりの好立地。ただ、Airbnbの基本通り朝食はついていません。

僕としては「ホテルでの朝食なんてどうせスクランブルエッグとソーセージのいつものやつだろ?」「それなら沖縄の料理朝から食べたほうがいいじゃん」くらいに思っていたのですが、母親としては朝はゆっくりしたいという気持ちもあったようで。

だから年配の人(もちろん本人の性格によります)と旅行に行くなら、料金が安いAirbnbのほうが良いとは一概には言えなくて、サービスの充実しているホテルのほうが良い場合もあります。


また、その旅行がどういう旅行なのか。

すでにお話した通り、Airbnbは個人運営なのでバラツキも大きいです。

なので、絶対に外したくない旅行の場合はホテルのほうが無難かなと。


例えば「年に1回の家族での海外旅行!」でAirbnb宿泊した部屋がイマイチだとします。これがホテルなら「あのホテル微妙だったね」で済むのですが、民泊(特に初めて)だと、「民泊なんて使うから…」と家族に少しモヤモヤが残る可能性があります。

反対に僕のように「1人で海外旅行!」みたいな場合は、別に部屋が期待外れだったとしても自分が困るだけ。だから海外1人旅とか、気心の知れた仲間と旅行するのであればAirbnbをガンガン使った方が良いです。


Airbnbは上手く使えば海外旅行の費用を劇的に抑えられるので、ぜひ上手に活用していきましょう!

※メルマガはいつでも解除できます