海外移住はいくらあれば可能?かかる費用と月10万円の厳しさ

物価の安い東南アジアに移住すれば、月10万円で生活できますよ~

なんてウワサを聞いたことがあると思います。


たしかに間違いとは言い切れないのですが、実際に生活してみるとかなり切り詰めないと難しい上に”日本にはない必要経費”を無視している人が多すぎます。

僕自身、海外に何度もプチ移住を繰り返していますし、いろいろな人に海外移住をオススメしたいのですが、実態を知らずに海外移住を夢見ても貧困生活まっしぐらです。


海外移住した場合にかかる特殊な費用について


この記事で紹介していきます。

東南アジアなら、生活だけなら月10万円は可能


まず、日本でもかかる費用の話を。

・部屋代
・光熱費
・携帯代
・食費


これは移住先でも当然発生するお金ですが、タイやマレーシアなど物価(特に部屋代)が安い国であれば、ローカルの食事を中心にした場合月10万円以内の生活は可能です。

実際、プール付きのそれなりの物件でも月4~5万円くらいで借りられるし、光熱費+携帯代で1万円くらい、残りの3~4万円を食費に充てれば、月10万円は現実的となります。


ただ、問題は海外移住するとこれ以外にも費用がかかること。

そして、今から紹介するような費用は月単位で見ると数万円飛んでいくようなものばかりなので、必ず移住前にいくらお金が必要なのか知っておいてください。

海外移住した場合にかかる特殊な費用


・飛行機の往復費用
・海外旅行保険の費用
・ビザの費用
・引越し費用


特に「ビザの費用」「海外旅行保険or飛行機の費用」の2つは、大半の人が海外移住する上で逃れられない結構重たい支払いになります。

生活自体は月10万円で可能かもしれないけど、それ以外のお金もかかることは絶対に知っておいてください。

飛行機の往復費用


当たり前ですが、海外移住する以上飛行機代がかかります。

特に、日本に帰国する回数が多いほど、移住先が日本から遠ければ遠いほど、移動の飛行機にかかるお金もバカにならないものになります。


ちなみにLCCで最安値を取れるような時でも、

東南アジア:往復2万円~
ヨーロッパ:往復6万円~


くらいだと思ってください。
(めちゃくちゃ安い場合です)

実際にはここに預け荷物の料金(LCCだと片道だけで4000~5000円取られます)も加わりますし、そもそも安い時期でなければこの1.5倍~2倍くらいの料金がかかります。


僕の場合、3ヶ月に1回は帰国します。

これは3ヶ月に1回税理士さんとの打ち合わせが必要だからでもありますが、後述する海外旅行保険の滞在期間を超えないようにするためです。

すると、飛行機代が往復3万円で済むとしても、1ヶ月あたりの金額に換算すれば1万円。海外に住む以上は飛行機代が必要経費ですから、これも計算に入れておく必要があります。


「いや、自分は海外移住したら日本に戻るのは1年に1回で十分だから」

と思ったかもしれません。

そうなると今度は「海外旅行保険」の費用がかかります。

海外旅行保険の費用


僕らが病院で診療を受けたとき、かかる費用は30%程度なのはご存知ですよね。

風邪で病院に行って2000円払ったとしたら、実際には6000円くらいかかっているわけです。アメリカ等、健康保険の義務がない国の医療費がバカ高いのは有名だと思います。


ただ、国民健康保険パワーが通用するのは日本国内の話。

例えばタイで僕が病院に行ったとしたら、100%の料金をしっかりと支払うことになりますし、ちょっと風邪を引いただけで1万円が飛んでしまう可能性もあります。

というか風邪くらいならまだ良いのですが、問題は交通事故で骨折したり、急な病気で搬送されたり…といった大きな病気やケガをしてしまった場合です。

その場合10万100万単位の診療費を請求される可能性もあり、たとえ物価が日本より安かろうと、診療費で一気に破産してしまうリスクもあるわけです。


なので海外旅行保険は必須。

ですが海外旅行保険って最低でも月1万円はかかると思ってください。また、生活とは直接関係ない部分でお金がかかってしまいますよね。


ちなみに僕の場合はクレジットカードについている海外旅行保険(日本出国から3ヶ月までなら保険を無料で適応してくれる)を利用しています。仮に僕がタイ滞在中に病気をしても、最大200万円くらいまでだったら診療費を負担してくれるわけです。

僕のように3ヶ月に1度帰国する人間にとってはちょうど良いのですが、そうでない人にとっては結局「カードの保険に頼って3ヶ月に1度帰国するor海外旅行保険に加入する」のどちらかを選ばなければいけません。


ビザの費用


海外移住でまっさきに考えるべきは、ビザ問題です。

ビザ(入国許可証のこと、パスポートとは別)がなくても日本人であれば、1ヶ月~3ヶ月くらいは無条件で滞在できる国が大半。なので観光旅行でビザを気にする必要はありません。


例えば日本人に人気の移住先のノービザ滞在可能日数を見てみると…

タイ:30日
マレーシア:90日
EU加盟国:90日


といった感じです。

ビザを取得せずにこれらの日数を超えて滞在し続けると不法滞在となります。そして問題は、半年を超えるような滞在となるとビザ取得条件が劇的に厳しくなる&余分な費用がかかる国が多いということですね。


例えば、タイの場合。

3ヶ月までは観光ビザ+1ヶ月の滞在延長申請で割とカンタンに滞在できます。(それでも、観光ビザの取得と延長の申請合わせて1万円くらいかかりますが)


ただ、タイで180日以上滞在したい場合は難易度が劇的に上がります。

「現地で就職するor現地の人と結婚する」など特殊な条件を満たすことができれば良いものの、そうでなければタイに180日以上滞在する現実的手段は「教育ビザ」です。

(タイの場合、50歳以上で300万以上貯金がある人ならもっとラクです)


これはタイで学生になること(語学学校に通うのが一般的)で取得できるビザですが、どんなに安い語学学校でも月1万円以上は費用が発生すると思ってください。

海外移住(特に東南アジア)は物価や生活費の安さが魅力の1つなのに、滞在条件を満たすためだけに毎月1万円以上のお金が消えていくわけです。

数年間の移住を検討している場合

1年とかではなく、3年、5年、もしくは10年と移住を考えている場合、タイやマレーシアではロングステイビザを取得することになります。

50歳以上でタイ移住:貯金300万円以上が証明できればOK
50歳未満でタイ移住:200万円で、5年滞在可能なビザを購入
マレーシアに移住:貯金残高1300万円以上の証明で10年間滞在可能

ちなみに、30歳までであればワーキングホリデービザを使って、オーストラリアやカナダといった国に1年間比較的カンタンに滞在することは可能です。

引越し費用


これは人によりますね。

タイやマレーシアで人気のコンドミニアムタイプの物件であれば、テレビ、ベッド、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジに至るまで、最初から生活に必要な道具が揃っています。

移住の際にスーツケースに荷物を詰めてくればそれで十分な人なら引っ越し費用はゼロ。反対に、家具や家電にこだわりがあって一緒に引っ越す場合は荷物量にもよりますが20万30万円単位でお金がかかります。


ビザ代+海外旅行保健費用がバカにならない


仮に、タイで1年間暮らしたいとします。

タイで就職しない限りは教育ビザ(語学学校に通う)のが現実的で、すでにお話した通り語学学校の費用だけで最低でも1万、普通は2万3万円かかります。


また、海外旅行保険も必要ですね。

クレジットカードの付帯保険を使えば保険の費用はかからない反面、3ヶ月に1回帰国する必要があるから、それだけで月割1万円以上の出費になるし。

かといって、帰国しないなら海外旅行保険に加入しておくべきだから、結局月1万円以上の出費がかかってしまう。


…と考えると。

仮に、「家賃、光熱費、携帯代、食費」を月10万円に抑えたとしても、そこに月3万円くらいは毎月追加料金が乗ってくることになります。

もちろん、日本もしくは移住先のいずれかに税金を支払う必要もありますし、最低限の娯楽費も欲しいことを考えればなんだかんだ月15万円は必要です。


物価の安い東南アジアですら、それなりに切り詰めて月15万円くらい


ということですね。

もちろん、日本食やレストランはほとんど食べず、賃貸ももっと安く抑えれば月10万円生活も可能だとは思います。それこそ、ホステルとかシェアハウスとかなら家賃も安いですし。

そして東南アジアでそれだけ費用がかかる以上、物価の高いヨーロッパ移住となるともっとお金がかかるので、海外移住の際は費用面と相談して決めてみてください。

※メルマガはいつでも解除できます