ブログ記事がGoogleにインデックスされているか確認する方法

Googleにブログがインデックスされた。


なんて言うとブログ初心者の方は難しく感じるかもしれませんが、自分のブログや特定の記事がGoogleの検索結果に表示されているかという話です。

インデックスされているということは自分のサイトが検索に引っかかるということ、反対にインデックスされていなければ検索結果に引っかからない、つまりアクセスが来ないという事になります。


ブログがGoogleにインデックスされることは必須といえます。


では、自分のブログがGoogleにインデックスされているか確認するにはどうすればいいんでしょうか?非常に簡単なので、その方法を見ていこうと思います。

もしあなたのブログにアクセスが集まっていないなら、もしかしてそれは記事がインデックスされていないorインデックスのスピードが遅いせいかも…?


インデックスされているか確認する方法


まずはGoogleのトップページを開きましょう。
(Yahooも同じです)


自分のブログのトップページ、もしくは特定のページがインデックスされているか知りたい場合、ページのURLでGoogle検索してみてください。

するとURLのページが表示される、もしくは「◯◯に一致する情報は見つかりませんでした」という表示が出てきます。


もしURLで検索して自分のブログが出てきたら、その記事はすでにインデックスされていると言えます。下記のような図ですね。




逆に「◯◯に一致する情報は見つかりませんでした」であれば、そのページはまだインデックスされていないということです。確認方法めちゃくちゃ簡単ですよね。




ブログや記事がインデックスされていない原因


記事を書けばGoogleもYahooも自動的にインデックスしてくれます。

じゃあ、インデックスされていない時ってどんな時?という話なのですが、これは大きく分ければ下記の3つになると思っています。

1. まだインデックスされていないだけ
2. Googleにペナルティーを受けて検索結果から削除された
3. 一時的にGoogleがおかしいだけ


まず圧倒的に多いのは1の「まだインデックスされていないだけ」で、作ったばかりのブログほどインデックス速度は遅く、記事が検索結果に反映されるまで時間がかかります。

記事を書いて1日2日、それそどころか1週間以上インデックスされないままなこともあり、旬の話題を扱うトレンドアフィリエイトなどでは割と致命的な問題になります。後述する方法でインデックス速度は改善できますけどね。


次に2つめ。

ペナルティーで検索結果から消された場合。


これはあなたが運営するブログがGoogleに低品質であると判断された場合など、Googleの定める規約に違反した場合に発生します。サイトが検索結果から抹消されれば検索エンジンからアクセスが来なくなるので、実質的にそのブログの寿命は終わったも同然となります。

ただ、アクセスの下がるペナルティーはあっても、検索エンジンから完全に消されるケースは決して多くないですけどね。


最後に3つめ。

一時的にGoogleがおかしいだけ」というパターン。


ブログを運営していると、なぜか特定の記事だけ1週間経ってもインデックスされないことがたまにあります。普段は数時間とか数分でインデックスされるのに、なぜか以前書いた記事の1つだけ検索結果に反映されないんです。

最初は原因を考えたりしましたが、さらに放置しておくと解決した場合がほとんどなので、「たまにGoogleのインデックスがおかしくなることもある」くらいに考えればOKです。もちろん、これが頻繁に発生するようなら明らかに異常ですけどね。



インデックスを早くする方法は?


ブログ序盤ほどインデックスが遅いという話をしました。

放っておけばどんなに遅くとも1週間くらいでインデックスされるのですが、問題はトレンド的な要素(流行の話題)を扱うことが多いブログの場合です。

芸能人やスポーツ、その他の最新ニュースを扱うことが多いトレンドブログはもちろんですし、世の中の出来事に対して記事を書くブロガーの方もいますよね。ここでのインデックスの遅さは致命的になります。


実は、インデックスを早くさせる方法も存在します。

2つのインデックス速度改善方法を紹介しますね。


記事を多く更新してインデックスを早くする


1つめは極めて脳筋的なやり方です。

ブログの記事を多く更新しましょう!それだけです。


Googleがブログをインデックスする仕組みの話になるのですが、仮にあなたが記事を更新した場合、Googleのクローラーと呼ばれるロボットみたいなものがネットワーク上から情報収集し、そこで初めてあなたのブログはインデックスされます。

要はあなたのブログが検索結果に反映されるのはクローラーのおかげですね。


けど、クローラーが訪問する回数はサイトによって違います。

数時間に1度情報収集に来ることもあれば、1週間に1度しかクローラーが来ない場合もある。記事を書いて数分でインデックスされるブログ、反対に1週間以上かかるブログの差というのはこの差です。

クローラーはブログに新しい変化があった時に情報収集するためのロボットなので、動きが少ない(記事の更新が少ない)ブログに頻繁にクローラーは来ないですよね。


だからこそ、更新頻度が大事なわけです。

ブログは毎日書き続けることが大事だと言われていますが、これは習慣化などの意味もあると同時に、毎日記事を書くことでクローラーが頻繁に来てくれるようになる。インデックスが早くなるからです。


fetch as googleで即時インデックスさせる


インデックス速度改善はもう1つの方法があります。

それがfetch as googleを利用することです。
https://www.google.com/webmasters/tools/googlebot-fetch?hl=JA&pli=1


これはGoogleが提供するSearch Consoleというツールの機能の1つで、fetch as googleを利用することで、あなたのブログのインデックス速度がどれだけ遅くても、すぐにクローラーが回ってきてインデックスしてくれます。

記事を書いても3日後くらいにしかインデックスされなかったとしても、fetch as googleを使えば早ければ5分くらいで検索結果に反映されます。トレンドアフィリエイトの場合はこの違いはめちゃくちゃ大きいですよね。

新しい記事を投稿するたびにfetch as googleへ登録する必要はあるものの、登録自体は10秒あれば出来てしまうので特に手間もかかりません。


ただ、問題もあります。

以前はfetch as googleを使えばすぐにインデックスされたのですが、どうもfetch as googleを利用してもすぐに検索結果に反映されない時もあります。1日2日経っても未だにブログがGoogleに表示されないことも。

もっとも、「そういうこともある」という話で、fetch as googleによるデメリットはないですし、インデックスが遅いブログ序盤はこのツールで少しでも早くインデックスさせるようにしていきましょう。



インデックスは早いほうがメリットだらけ


自分のブログや記事がGoogleにインデックスされているかどうか?

インデックスのスピードを早くするにはどうすればいいのか?

この2つについてお話させてもらいました。


インデックスされていない場合原因の大半はインデックス速度によるものですし、インデックス速度が遅いことでトレンド系の話題を扱うブログは特にダメージを受けることはすでにお話した通りです。

だからこそブログ序盤はfetch as googleを使ってインデックス速度が早くなるようにしつつ、毎日記事を更新してGoogleからの評価を積み上げることで、ツールを使わなくても記事を書いたら即座にインデックスされる状態を作るのが大事ですね。





コメントを残す