アドセンス二次審査の期間は長い?申請方法と合格確認

アドセンスの二次審査について説明していきます。

一次審査の方は機械的な判断に基づく審査でしたが、
二次審査に関しては人間が直接判断する審査になります。

二次審査は審査にかかる期間が長いこともあるので、
早めに申請方法を確認しておいて、素早くサイトから
収益を発生させられるようにしたいですね。


アドセンス二次審査申請方法


一次審査がまだ終わっていないという場合は、
先に一次審査の方を終わらせるようにしてください。


二次審査のためにやるべきことは、
一次審査で申請用のブログに指定したブログに、
アドセンスの広告を貼り付けることです。

一次審査が終わるとアドセンスの管理画面に入れるようになるので、
そこで広告を生成して行きましょう。

広告の設定」→「新しい広告ユニット
と辿っていけば作成することが可能です。





広告の設定について色々と入力を求められますが、

名前:自分がわかりやすい適当な名前
広告サイズ:自分のブログによって大きさを変える
広告タイプ:テキスト広告、もしくは画像広告を選択


これだけ入力しておけば後はそのままでもOKです。



「保存してコードを取得」をクリックすると
下の図の赤枠の中にアドセンスのコードが表示されます。

それをコピペして申請用のブログに貼り付ければ、
空白の状態でアドセンスが表示されるようになるので、
ここから二次審査が開始となります。



二次審査の期間は人によって違うのでなんとも言えませんが、
早ければ1日2日で合格を確認できるメールが届きますし、
逆に遅い時は1週間とか2週間と掛かっても返信が来ません。


アドセンスに返信が無い場合は直接問い合わせなどを行えば良いですが、
いずれにしても審査には時間が掛かる可能性が高いですので、
とにかく早くアドセンスの審査を出すことが重要です。


ちなみに二次審査に合格したかどうかを確認する方法として、
以下のいずれかを確認すれば審査は完了したことになります。
①合格通知のメールが届く
②広告が表示されるようになる



審査通過後に届くメール





二次審査に審査落ちした場合は理由を探そう


アドセンスって別にそこまで劇的に審査が難しいわけでも無いですが、
落ちるときは以外とサクッと落とされてしまうものです。

でも、そこで腐って諦めてしまっては稼ぐことは不可能なので、
なぜ審査に落ちてしまったのか?」理由を究明する必要があります。

審査落ちする理由の多くはコンテンツ不足やNGキーワード、著作権などで、
下記のページに書いてあることをしっかりと守れていれば、
アドセンスの審査に落ちるような事はほぼ無いと考えてください。

アドセンス審査・申請ブログ作成の5つのステップ。必要な記事数は?

ここに書いてあることを自分のブログが順守できているか確認して、
ガイドラインに沿わない部分を修正、そして再び再審査でOKです。





コメントを残す