自宅で仕事に集中できないのはおかしい。フリーランスの働き方改革

自宅だと仕事に集中できなくて

今日も今日とて、多くのフリーランスがカフェに集い、ノートパソコンを広げて仕事しています。働く場所を選ばないのは素晴らしいメリットですよね。


でも、考えてみてください。

「自宅で集中できない」っておかしくありません?


自宅(事務所)は自分で自由に環境を変えられるわけですから、他のどんな場所よりも仕事に集中できる環境でなければおかしいわけです。

気分転換にカフェで仕事するのを否定はしませんが、もし自宅で仕事に集中できないなら、それはもはや事務所が存在する意味がないわけで。


一番集中できるべきなのが自宅。

あなたが「自宅だとやる気が出ない」と考えるのが当たり前になっているなら、この機会に自宅で集中できる環境を再度考えてみてください。


自宅で仕事するメリットの再確認

カフェよりネット環境が良い


最近は、無料Wifiが使えるカフェも増えています。

でも、カフェのWifiって速度出ないですよね?


フリーランスの仕事場としてスタバが鉄板ですが、スタバのWifiって正直そんなに速くない…というか、時間帯によっては使い物にならない。


一方、自宅なら固定回線を使っていればネットはかなりの速度が出るし、ページ読み込みにムダな時間を取られることもありません。

Wifi速度は仕事効率に直接影響するので、毎日のようにカフェで働くということは、自分から仕事効率を落としに行っていると言えます。

セキュリティの問題も
気にする人と気にしない人に分かれますが、無料のWifiはセキュリティの問題があります。また、画面を他の人に見られれば個人情報流出の恐れもあります。

特に、メルマガなど顧客リストを持っている人は、個人情報を守り抜く責任があるので、セキュリティ面でも自宅仕事のほうが安全です。

仕事にジャマが入らない


家庭環境にもよりますが…

自宅(自室)で仕事をしていれば、騒音もないし、目の前の仕事だけに集中できます。うるさい環境で仕事するより、静かな環境で仕事したほうが良くないですか?

特に、僕の場合は人の会話が聞こえるとそれを追ってしまいます。集中力が足りないと言われればそれまでですが、自宅の静かな環境のほうが仕事は進むはずです。

仕事に必要な道具が充実している


仕事でも、学生でも同じですね。

勉強する学生なら、カフェで仕事するには持っていける教科書・道具に限度があります。すると、「家に帰ってから○○を確認しよう」なんて事になります。

自宅なら、即座に確認して終わりにも関わらず、です。


また、僕のようにパソコンを使うフリーランスであれば、自宅ならデュアルモニタや、複数画面表示できる大型モニタを使ったほうが仕事効率は上がります。

僕自身、アフィリエイトを始めてからずっとデュアルモニタを使っているし、最近では大型の最大4画面表示できるモニターに切り替えました。


カフェよりも、自宅のほうが仕事の道具が充実するはず。

この点でも、自宅で仕事したほうが効率が良いと言えます。

お金を浪費せずに済む


カフェのコーヒーは1杯300~700円くらい。

1ヶ月毎日カフェで仕事をした場合、9,000~21,000円が毎月コーヒー代に消えるわけです。1年で考えたら、12万円以上の出費になりますね。


これ、バカにできなくないですか?

フリーランスは努力次第で報酬が青天井とは言え、サラリーマンと違って保証も少ないから、現金預金を多めに持っておくべきです。


それを考えたら、仕事のために毎日カフェに行くのは”浪費”。

もちろん、カフェのほうが仕事で集中できるという意見もあると思いますが、それなら自宅でも仕事に集中できる部屋環境を整える努力が先ですね。

1日1杯のコーヒーもバカにならない(体重的に)
フリーランスになると、7割以上の人が太ります。

僕ももれなく体重増加してしまった(最近は筋トレやジョギングでやっと戻ってきた)わけですが、その一因がカフェ通いだと思っています。

特に、スタバでフラペチーノとか頼みまくると、自分でも気づかない間に重くなるので、健康面でもカフェ通いはあまり良くありません(体験談)

移動に余分な時間がかからない


カフェに行く、コワーキングスペースに行く。

いずれも、多少なり時間がかかります。


サラリーマンのように出勤せずとも仕事できる。これがフリーランスの強みなのに、毎日のようにカフェで仕事してたらそれはもう”出勤”です。

フリーランスのメリットを潰しています。


気分転換でカフェに行って仕事する、という考えはアリだと思いますが、毎日のように通いつめたら時間的にもったいないですね。

「ずっと自宅にいたら外に出ないし、いい運動だ!」

昔は僕もそう思っていたものの、運動するなら専用の時間を取ったほうがはるかに効率が良いです。時間をムダにしているのは変わらないわけですね。


自宅での集中力を高めるための環境づくり


カフェよりも、自宅で仕事するほうがメリットは多いです。

特に、フリーランスは自分自身の働きで給料が決まるわけですから、少しでも仕事効率を高めないと、ビジネスの世界で生き残っていけません。


僕自身、フリーランスとして独立したばかりの頃は、カフェでノートパソコンを開いて仕事する姿に憧れて、スタバに入り浸ったりしました。

また、月1万円くらいでコワーキングスペースを利用したこともあります。


でも、最終的には自宅で仕事するのがベストだなと。

これは人によるというより、自宅や事務所が仕事できる環境になっているかどうか?の違いだと考えています。つまり、自宅環境を変えれば誰でも家で集中できます。


そこで次は、自宅で集中できない問題を解決すべく、僕が実際に改善して効果のあった自宅環境を変えるテクニックをお話します。

スマホは違う部屋に置く


自宅で集中して作業するために、一番やってほしいのがコレです。

スマホを追放してください。


いつ電話やLINEが来ても良いように、多くの人はスマホを机に置いているはずです。でも、スマホなんて面白い道具があったら集中力が奪われるに決まっているんです。


通知が来る度に、スマホを見る。

仕事が少し行き詰まったら、スマホを見る。


近くにスマホがあると、ちょっとした拍子にすぐ手に取ってしまいます。作業時間が細切れに分割され、仕事効率を落とす原因になっているわけです。

だから、スマホは作業場から追放しましょう。


「緊急の電話やLINが来たらどうするんだ!」


なんて意見もあると思いますが、絶対に緊急で返さないといけない連絡がどれだけあるか?という話です。

特にフリーランスなら、サラリーマンと違って緊急性のある用事は少ないはずですし、とりあえず仕事場からスマホを追放してみてください。

机の周りは何も置かない


スマホと似ていますが、仕事環境には気を散らすものを一切置かない。

漫画が置いてあるとか、CDが置いてあるとか、フィギュアが置いてあるとか…それに加えて、ビジネス書やメモ帳だって視界に入らないようにしたほうが良いです。


気が散るものを置かない、というのは正確な表現ではありません。

どんなものだろうと、視界に入った瞬間に意識を持っていかれるので、作業机にはパソコン以外何も置くべきではない。が正解です。
部屋もキレイに片付ける
机以外にも、仕事部屋全体をキレイに片付けたほうが良いです。

服が散らかっていると、「片付けようかな?」「あ、でも今は仕事しなきゃいけないしまた今後…」なんて考えることが、集中力を削ぐきっかけになります。

現代人はとにかく判断を迫られる機会が多く、それだけで脳が疲れてしまいます。わざわざ判断させる必要がないように、最初から部屋を片付けておきましょう。

パソコンの中身を整理する


誘惑に勝てるかどうか、は問題ではありません。

自分が仕事しているパソコンで、やろうと思えばテレビを見れたり、VODを見れたり、お気に入りのサイトにアクセスできるのが問題なわけです。


特に、ブラウザのブックマーク(お気に入り)機能は便利ですが、たったワンクリックで仕事モードから遊びモードへ切り替わってしまいます。

なら、ブックマークは仕事関連のものだけにする。また、つい見てしまうサイト(youtubeとか)にアクセスできない設定にする。


自分は仕事中、誘惑なんかに負けないし…

ではなく、誘惑に耐えなければいけない環境の時点で、集中力が削られていることに気づく必要があります。

時間を決めて仕事する


「今から、○分は作業する」
「○分ごとにタイマーを鳴らす」

仕事を時間で区切るのも、自宅での作業効率を上げるのに欠かせないポイントです。


僕も経験がありますが、自宅で仕事に集中出来ない人は、「今やっている仕事を、どれくらいの時間で終わらせるべきなのか」を考えていなかったりします。


結果、ダラダラと続けて仕事効率が落ち続ける。

仕事効率が落ちると、ブログを1記事書くのもメルマガ1通書くのも時間がかかるようになって、仕事自体がイヤになってくる。

そして、気分転換と称してカフェなどに逃げる
わけです。


だから僕であれば、ブログやメルマガを書く時は25分ごとにタイマーを鳴らして、常に時間を意識するようにしています。

パーキンソンの法則で言われれるように、人間は時間を与えられただけ処理速度が落ちるので、時間を意識するだけで仕事効率は上がります。

コーヒーや水はガマン


自宅で仕事してると、やたら水やコーヒーが飲みたくなる時がありませんか?

こんなにノドが渇いては仕事に集中できん。キッチンに行ってコーヒー沸かしてこよう。それにコーヒー飲みながらのほうが集中できる気がする…


フリーランスなら、誰もがこんな経験をしてるはずです。


けど、30分や60分水を飲まなくても、死ぬことなんてありません。今まで生きてきて、人間はそんなヤワな生き物じゃないことは理解しているはずです。

時間にすれば1分程度でも、席を立って違うことに気を向けるだけで、仕事に集中できなくなります。


とにかく決めた時間/仕事が終わるまで席を立たない。

これが大切ですね。

昼寝の欲望に負けない


自宅での仕事が進まない大きな障壁がコレ。

以前の僕もそうでしたが、1部屋しかない家だと、仕事する机の隣にベッドがあります。すると、ついつい寝っ転がってしまうわけですよね。

で、5分のつもりが15分、30分、1時間…


自宅で仕事に集中できる環境を作りたいなら、寝る部屋と仕事部屋は分けたほうが良いです。それか1部屋なら、ベッドにせず朝起きたら布団を畳んでしまう。

とにかく、気軽に寝られる環境はアウトです。


それから、昼食を食べすぎないのも重要。

お腹いっぱいまで食べて、有り余るエネルギーを仕事に向ければ良いのですが、残念ながらお腹が満たされると人は眠くなってきます。


「こんなに眠いと集中できないし、10分くらい寝てから…」


なんて思った瞬間に、時間をガッツリ削られます。

サラリーマンだといくら眠くても寝るわけにはいかないですが、フリーランスの場合は寝ようと思えばいつでも寝られるので、そもそも眠くならないようにしましょう。

それに、毎日食べすぎてたらフリーランスの生活だと確実に太るので、腹7分目くらいまでに抑えておくのがちょうど良いですね。


他人の目がないとサボる問題


自宅で仕事に集中できない人は

他人の目がないとサボっちゃうんですよねー

的なことを必ず言います。

僕もこれは分かるし、実際にサラリーマンがどれだけ仕事がイヤでもサボらないのは、他人の目に監視されているところが大きいです。


カフェのほうが集中できる。

という意見も確かに分かるところがあります。特に、あまりカフェに行かない人がたまに行くと、自然と集中力がアップするのは間違いないです。


ただ、カフェでの他人の目にもだんだん慣れてきます。

仕事をしにカフェに行ったのに、気づけば大半の時間ネットサーフィンして終わってしまった…なんて経験は1度くらいありませんか?

他人の目も決して万能ではないわけです。


また、自宅で擬似的に他人の目を再現するのであれば、フリーランス仲間と1日の作業報告をし合うのが有効です。

専業で働いているフリーランスであれば、同じような仕事をしている友人が1人はいるはずです。で、日々お互いに何をしたか報告し合う。


これだけで集中力は変わります。

なんせ、「今日はサボってしまった」なんて報告はできないし、そのためにはサボりたい気持ちを抑えて仕事するしかないですから。


自宅で集中できない!を言い訳にしない


自宅で集中できない。

その気持ちは僕も分かります。

それに、カフェでの仕事って憧れますし(笑)


けど、それは自宅や事務所が仕事するための環境になっていないからで、環境さえ変えればどこよりも自宅が一番仕事に集中できるようになります。

僕の場合はカフェに行ってみたり、コワーキングスペースに行ってみたり、遠回りして最終的に「自宅がベスト」という結論に達しました。

基本は自宅で、たまーに気分転換にカフェで仕事するくらいがちょうど良いですし、フリーランスだからこそ、自宅の仕事環境を大事にしてみてください。