BJ Lazy Loadでサイト読み込みを遅延&表示速度改善!使い方と設定方法

2018年にはGoogleがスピードアップデートを実施して、表示速度が検索順位に関係してくる事が明言されました。今まで表示速度について無関心だった人も、いよいよ表示速度改善と向き合う必要があります。

(極端に表示速度が遅くなければ順位には関係しないとも明言されましたが)


画像データを圧縮する、HTML構造を簡略化する、キャッシュ系プラグインを入れる…

表示速度改善のために色々な方法が取られていますが、読み込みを遅延させる(一気に記事の一番下まで読み込まない)というのも表示速度を上げるための方法として有効です。


読み込み遅延の有名プラグインにLazy Loadがあります。

…あるのですが、プラグインの最終更新日が2年前ということもあり、BJ Lazy Loadという同等の読み込み遅延機能を持つプラグインをオススメさせてもらっています。

(アップデートの間隔が長いプラグインだと2年以上放置された後にアップデートされる事もありますが、念の為新しいプラグインに変更しておくに越したことはないでしょう)


表示速度改善の方法として、BJ Lazy Loadの使い方や設定を紹介します。


BJ Lazy Loadのインストール


BJ Lazy Loadは下記のサイトからインストールできます。
https://ja.wordpress.org/plugins/bj-lazy-load/

プラグインのインストール方法についてはワードプレスに慣れた方は問題ないと思いますが、初心者さんで分からない場合は下記のプラグインインストール手順の記事を参考にしてください。



BJ Lazy Loadの使い方と設定方法


設定を変更しなくてもプラグインはそのまま動作します。

読み込みに関する設定を変更したい場合、まずはワードプレスの管理画面から「設定」→「BJ Lazy Load」とクリックして移動しましょう。




するとBJ Lazy Loadの設定画面に飛びます。

全部英語表記なのでややこしいですが、内容的には下記のような感じです。




基本的には、特に変更はしなくてもOK。

ただ、読み込みのタイミングを変更できる「Threshold」は比較的変更する事が多いかもしれません。ブログによって違いはありますがだいたい400くらいにしておけば問題ないです。

あとは、サムネイルや画像の読み込みがどうもタイミング的に遅いとか、そういう時は画像だけ通常通りに読み込む設定にするなど、ブログに応じて設定を変更していきましょう。





コメントを残す