チャットワークにグループチャット数の制限が!累計14以上で有料化

ビジネスやプライベートなど様々な場面で使えるチャットワーク。

無料で使えるソフトとして非常に便利だったのですが、2018年6月18日をもって改悪(無料で使わせておいてもらっておいてこの言い方はおかしいかもしれませんが)となりました。


具体的には無料で使えるフリープランにおいては

累計14グループを超えて参加したい場合は有料プランである必要がある

という変更ですね。


グループチャットが制限数に達するとどのようになるのか?また、累計14グループというのはどういうことなのか?

今回、とうとうチャットワークを有料プランに切り替えることになったので、それまでの流れと有料プランへの切り替え方法を解説していきます。



チャットワーク改悪!グループ数に制限が!


まず、チャットワークで示された変更点は以下のとおりです。


最大14個のグループチャット参加が可能



累計14個のグループチャット参加が可能


これ一見何の変化もないように見えますが、累計という表現が曲者。

従来であれば今利用しているチャットワークグループが14個を超えない限りは、無料のフリープランで問題なく利用することができました。

ですが、「累計」という表現になったことで「今使っていないグループも含めて、合計14個以上グループチャットに参加したらアウト」となったわけです。


ちなみに、グループの制限数を超えるとこんな表示が出てきます。




「あ、じゃあ1つグループから抜けたら無料でもいけるの?」


と考えると思いますが、これもアウトです。

僕も難しいかなーと思いつつ、既存のグループチャットから退席して今参加しているグループチャットを10個くらいにしたのですが、それでもグループチャットの制限は解除されませんでした。

つまり、今利用していようといまいと、すでに退席していようといまいと、1つのチャットワークアカウントで合計14個のグループチャットに参加した時点で、そのアカウントでは無料で新規グループへの参加は不可能ということになります。



有料化を避けるのは新アカウントのみ


チャットワークのフリープランは0円。

けど、有料プランとなると最低でも月額400円かかることになります。

無料でチャットや通話ができるツールですから非常に便利なのは間違いないのですが、毎月400円取られてしまうのは地味に痛いですよね…けど、既存のグループチャット削除でも新規グループ参加はできない。


なので、現状で有料化に対する唯一の対策は、複数のチャットワークアカウントを使い分けることです。

例えばプライベートとビジネスの2つの用途にチャットワークを利用しているのなら、プライベートとビジネス用途でアカウントを2つに分けるとか。

正直、アカウントごとにログインしたりログアウトしたりするのはかなり面倒ですが、現状これ以外で有料化を回避できる方法はありません。


(もしそんなステキな方法を知っていたら、ぜひコメントで教えてください 笑)


ただ、多くの場合すでに知り合いや取引先とアカウント情報を交換していて、今から新しいアカウントを同時運営するのも難しい…という方もいると思います。

そういう場合は、チャットワークを利用する以上は潔く有料プランに変更しましょう。僕も今回有料プランに変更したので次はその方法をお話します。



チャットワークを有料プランへ


まずグループチャットへ参加しようとしたとき、こんな表示が出てきたら残念ながらグループチャットの数が制限を超えている証拠です。



累計14個を超えてしまっているので有料プランへ移行しましょう。


有料プランの移行自体は簡単で、チャットワーク側も丁寧にURLを教えてくれますが、下記のページに飛んでプランを選択します。



複数のプランがありますが、単純にグループチャットの数だけがネックになっているのであれば、一番安い400円のパーソナルプランで構いません。

もし、ついでにスマホ版だと通話できない不便さも改善したければ、さらにもう1つ上の月額500円のビジネスプランを選択しましょう。


すると、確認画面やら決済画面やらが出てくるので入力。




そして決済完了のお知らせが出たら完了です。クレジットカードの番号を入力するくらいなので、有料アカウントへの変更は一瞬で終わります。

また、毎月の領収書も発行できるようなので経費としても落とせます。




ちなみに、チャットワークを有料アカウントにアップグレード申請したらすぐに適用されるので、その場で新しいグループチャットに参加することが可能です。

余分なタイムロスなどが無い点は素晴らしいですね。



感謝を込めて有料プランを選択しよう


以上、チャットワークのグループチャット数制限と有料プランのお話でした。


すでにお話してきた通り、今まで参加してきたグループチャットから退席しようとも、グループチャットの制限数から抜け出すことは出来ません。

複数アカウントならどちらも無料アカウントのままチャットワークを利用することも可能ですが、その手間や不便さを考えれば、有料プランを選択した方が良いです。


それに、グループチャットを14以上利用している方は、それなりに長い期間チャットワークにお世話になってきたと思いますので、感謝を込めたお布施感覚でいれば良いかなと思います。

もし今チャットワークのグループ数制限に悩んでいたら、ぜひこの記事を参考にして頂ければと思います。