モチベーションがどうしても上がらない!やる気より習慣化でコントロール

モチベーション、足りてますか?

仕事にしても勉強にしても家事にしても、とにかくモチベーションが上がらずやる気が出ない…なんて日々に悩んでいたりしませんか?


やらなければいけないのは分かってる!

けど、イマイチやる気が上がらないまま1日が終わる。

もしかしたら、そんな自分に自己嫌悪すら感じるかもしれません。


実際、モチベーションのコントロールってすごく難しいんです。

というか、あなたが日々の仕事や副業に最高のパフォーマンスを発揮できないのは、そもそもモチベーション以外のところに原因があります。

つまりモチベーションを高める方法論や技術を学んだところで、あなたの仕事の効率が劇的に改善する可能性は極めて低いです。ここを間違えている人がすごく多い!


モチベーションをコントロールするのは難しい。

代わりにあなたがやるべきなのは、どうしても上がらないモチベーションはそのままに、日々の作業や仕事を習慣化することです。

習慣化の持つ効力と効果、そして決して万能ではないモチベーションの正体についてお話をさせてもらいます。



行動できる人への2つの勘違い



習慣化についてお話する前に。

2つの大きな勘違いを訂正しなければいけません。


それは”モチベーション“と”意志力“という2つは、実際のところ人の行動に決定的に影響を及ぼす事はないということです。

モチベーションがないから私は行動できない。意志力が弱いからいつもサボってしまう…この思考から抜け出さない限り良い結果にはなりません。


そこで、2つの勘違いについて詳しく見ていきましょう。



そもそもモチベーションとは何か?



まず、モチベーションの意味を再確認しましょう。

Google先生で検索するとこんな説明が出てきました。


人が何かをする際の動機づけや目的意識。


行動するための原動力、みたいなイメージですね。

要は自分の体がクルマだとしたら、ガソリンという原動力が不足しているから、どんなに立派なクルマを持っていてもパフォーマンスを発揮できないという感じです。


ただ、最大の違いは人の原動力は変動するということ。

ガソリンであれば一旦給油すれば無くなるまで走る事ができますが。人間のモチベーションは勝手に増えたり減ったりするので、コントロールが非常に難しいです。

どんなにやる気に満ち溢れて、常にモチベーションを高く維持しているように見える人であっても、実際にはモチベーションが上がる時もあれば下がっている時もあるのが普通です。




「私はモチベーションが低くて…」


こう口にする人がいますが、実際のところは人のモチベーションは常に増減し続けていて、そもそもモチベーションを糧に行動することが間違いと言えます。



意志力=モチベーションではない




続いてもう1つ。


あなたは自分がさぼってしまった時、行動できなかった時

自分はなんて意志が弱いダメなヤツなんだ…

と思った事ってありませんか?


反対に、いつもモチベーションが高い人は決してサボったりしないし、自分で決めた事は絶対にやる…それに比べて自分は…

なんて自分の意志力の弱さを嘆いてしまいがちですが、正直なところ人の意志力なんて大して差はないし、人間である以上同じようなものです。



実際、意志の強い人間なんて存在しません。

人間はラクな方に流されてる生き物です。



例えばアフィリエイター初心者時代に毎日20記事書き続けた僕は、一見凄まじいモチベーションと意志力、何より自己管理が出来ていたように感じるかもしれません。

鉄の意志で自分のモチベーションをコントロールする事ができたから、まるでロボットのように行動できたように見えるはずです。


でも、僕はダイエットになると何度か失敗してます。

これからはおやつ抜きだ!なんて自分で決心してみるものの、「明日から頑張ればいいか…」とつい近くにあったきのこの山を1袋開けてしまう…

アフィリエイトでは自分をコントロールできていた僕も、ダイエットになると典型的な失敗例のように自分の欲求を全くコントロールできていません。


ここで分かるのは、

「意志の強さ」

なんてものは実は存在しないこと。


(いや、もちろん鉄の意志を持って自分を律する事ができる人はいるはずですが、少なくとも僕ら一般人レベルでは、誰であっても自分をコントロールする力なんて大差ありません)


では、僕がアフィリエイトに成功してダイエットに成功しなかったのはなぜか?

このカギとなるのが意志力でもモチベーションではなく習慣化です。



仕事や勉強を習慣化する



あなたはご飯を食べたあと歯磨きをしますよね。

それに、毎日お風呂に入りますよね。


じゃあ、これを苦痛に感じた事ってありますか?


毎日歯を磨く、お風呂に入る…これを苦痛だと感じている人はほぼ居ないはずです。

誰かに言われなくてもご飯を食べたら歯を磨くし、「今日はお風呂に入ろうかなぁ…」なんて深く考えずともお風呂に向かうはずです。習慣だからですね。


この習慣化こそが成功へのカギです。

たとえどんなに落ち込んでいる日でもお風呂には入るように、脳は習慣化された事に関しては当たり前のように繰り返そうとします。

モチベーションがどうしても上がらないとかやる気が出ないという言い訳にも関係なく、習慣としてインプットされている事は日々実行しようとするわけです。



だから、実はあなたに足りていないのはやる気ではなく習慣化

モチベーションというコントロール不要なものを自己管理しようとせず、自分の脳に習慣化をインプットする事が大切です。



習慣化に効果はあるのか?


いやいや、習慣化したくらいで行動できたら苦労しないよ…

と思われたかもしれません。


けど、恐らく世の中の9割以上の方は習慣化の効果を知っています。

その最たるものが会社に勤める続けることですね。


冷静に考えてみてもらいたいのですが、

・渋滞や満員電車に押しつぶされながら毎日出勤
・短い人でも毎日8時間労働
・上司にはいつも理不尽な理由で怒られる
・特に関わりたくない同僚との飲み会やレク
・これを40年間続けなければいけない

日本のサラリーマンの勤務条件ってかなり鬼畜です。


そればかりか、年金破綻やらで今後は70歳以上でも定年しないのが当たり前になってくるでしょうから、実質的には死ぬまで仕事に人生を費やさなければいけません。

もちろん今の会社や仕事が好きという人がいれば良いですが、大半の方は日曜日にサザエさんを見ると憂鬱になるような、会社に時間とお金を交換しに行くだけのタイプでしょう。

そんな日々を文句を言いながらも続けている、ましてや40年間勤め上げた人が多いのは、習慣化の力なしでは到底成し遂げられなかった事だと言えます。


僕自身、会社に入社したばかりの頃は

うわ、こんなの40年とか絶対ムリじゃん

と思ったんですね。


けど、1年2年と会社に勤務し続けているうちに、「確かに辛いけど、我慢できないほどではないかな」と思うようになってくる。(まあ、僕は3年目で結局会社を辞めてネットビジネスに走りましたが 笑)

これは別に仕事がラクになっているわけではなくて、脳が会社へ行くことを習慣化しているから、モチベーションに関係なく行動しているだけです。


だから僕はアフィリエイトを始める人に

いやいや、会社にこれだけ勤めてられるなら絶対に稼げますよ!

なんて事を毎回のように言います。


日本のサラリーマン制度ってそれだけ鬼畜なものだし、けどそんな奴隷一歩手前な仕事ですら、習慣化の力を使えば40年間勤め上げる事ができてしまう。

この習慣化の力の1%でもダイエットやネットビジネス、勉強に回せば成功しない理由って全くないんですよね。



どうすれば習慣化できるか?


よっしゃ!習慣化が大事だな!

と思っても、実際には習慣化される前に途中で諦めてしまう人が圧倒的に多く、どのように自分の行動を習慣化すれば良いのかが1つポイントになります。


これは7つのコツがあります。

この記事で習慣化のコツまで紹介すると文章が長くなりすぎるので、自分の行動を具体的な習慣にしていきたい!という方のために後日新しい記事をまとめますね。



大事なのはモチベーションではなく習慣化



繰り返しになりますが、行動する上で大事なのは習慣化です。


いつも家で勉強をしている人、疲れて帰ってきても淡々とアフィリエイトブログを更新できる人、ダイエットで実際に痩せていく人。

彼らは特別モチベーションが高かったり、鉄の意志力を持っているわけではなく、自身の行動を習慣化できているだけにすぎません。


あなたとの差はたったそれだけなんです。

モチベーションは決してコントロールしようとしない。そうでなく行動を習慣化して、深く考えずとも日々行動できるようにすること。

そうすれば勉強も仕事も、今とパフォーマンスも結果も違ってくるはずなので、まずは簡単なところから習慣化を始めていきましょう!





コメントを残す