SFC修行を楽しく非効率に:おすすめ路線と費用まとめ

ANA上級会員の証SFC(スーパーフライヤーズカード)


SFCホルダーはANAやスターアライアンス系列の航空会社を利用するたびに、一般会員やエコノミークラス利用者よりも特別なサービスを受けられます。

いずれもビジネスクラスと同等のサービスばかりです。


ただ、SFC取得にはお金も時間もかかります。

中には三角飛び(日帰りで東京→那覇→札幌→東京のフライト)する人もいますが、SFCの取得のためにムダなフライトをするのは狂気としか思えません。


あくまでSFC修行は楽しく、旅のついでに。

PP単価を1円でも安く済ませたい人には非効率かもしれませんが、楽しむことを最優先に路線を選んだらどれだけ費用がかかるのか?

また、僕がSFC修行して感じたオススメ路線や、SFC会員となってから実際に体感したメリットをお話していきます。


SFCのメリットを簡単に


最初にSFCのメリットをおさらい。


まずANA(全日空)にはフライト回数や距離に応じた会員が存在します。ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンド会員ですね。



そしてプラチナ会員≒SFC会員と思えば良いです。

プラチナ会員&SFC会員のメリットはこんな感じ。


でも、プラチナ会員になるには1年間に50万円分ほどANAでのフライトが必要。おまけに1年ごとに更新なので維持費が年間50万円というとんでもない金額になります。


そこで、SFC修行です。

SFC会員はプラチナ会員と同等のサービスを年間1万円ほどで受けられます。年間50万円のサービスが年間1万円で受けられるなら素晴らしいと思いませんか?


ただ、SFCカードの取得条件は「プラチナ会員に1度はなること

つまり1度はANAのプラチナ会員になる(50万円分くらいのフライトをする)ことが必須で、これが広くSFC修行と呼ばれているわけですね。

補足
プラチナ会員もSFC会員も「スターアライアンスゴールド会員」になります。

ANAを含む多数の航空会社のグループの名称で、日本に限らず海外でも所属する航空会社でのフライトすべてで上級会員サービスを受けられます。

下記はスターアライアンス所属の航空会社です。

SFC修行の費用とPP単価


では、次にSFC取得の費用です。


プラチナ会員になるための正式な条件は下記の通り。

×50万円ぶん飛行機に乗る
プレミアムポイント(以下PP)を5万貯める


PPはマイルとは違います。

距離の長さや予約クラスに応じてポイントは大きく変動する。最初にSFC取得に50万円かかると言ったのは、PPを効率よく貯めても約50万円はかかるからです。


僕がSFC取得した合計費用と路線はこちら。
(PP単価は10円を切ると優秀とされています)

路線 プレミアムポイント 金額(株主優待含む) PP単価
福岡→東京 567 20,500円 36.1円
羽田⇔那覇 5720 64,000円 11.2円
羽田⇔那覇 5720 59,180円 10.3円
羽田⇔シドニー 15388 208,170円 13.5円
羽田⇔石垣 6920 87,580円 12.7円
福岡→バンコク 2313 33,000円 14.3円
名古屋⇔宮古島 5694 74,020円 13円
東京→稚内 2097 23,090円 11円
名古屋⇔石垣 6020 61,520円 10.2円
合計 50,439 631,060円 平均12.5円

合計631,060円。


表を見てもらえば分かる通り、最初はそもそもSFC修行する予定もなかったのでPP単価がエラいことになってます(笑)

他にも旅割28(安い、かつPP付与率も高い割引)が間に合わず、株主優待券を使うことになったケースも多いです。それだけでも合計費用はもっと安くできそうですね。


でも、考えてみてください。

PP単価が良いと言えないのに、かかった費用は合計60万円ちょっと。SFC最大効率でも50万円近くかかることを考えれば10万円程度しか変わりません。


それなら、楽しく旅行しながらSFC修行したほうが良いと思いませんか?

もちろん修行の費用が安く抑えられるに越したことはないけど、わずかな金額の差を気にするのであれば、SFC修行自体必要ないんじゃないかと。

効率より、旅行を楽しむことを優先すべきです。


楽しいSFC修行のおすすめ路線


あなたが今SFC修行をしている/考えている。

かつ、あくまで旅を楽しみながらSFC取得したい場合、僕からおすすめ路線と観光エリアを紹介します。…僕が実際に行ったところメインになりますけどね(笑)


まず前提として、SFC修行には沖縄系統は欠かせません。

「沖縄」
「石垣島」
「宮古島」

これらのフライト回数が多いほどPP単価が上がります。また、沖縄ほどではありませんが北海道もPP単価が優秀なことが多いですね。

ここに海外フライトを加えると、SFC修行は一気にラクになります。

石垣島:波照間島


石垣島観光も良いですが、周辺の離島がオススメです。

特に、日本最南端の有人島である波照間島。


こんな青い海を見られる島です。

他にもサトウキビ畑が広がっていたり、夜になると数えきれないほどの星が見えたり。石垣島観光に飽きたら、ぜひ次は波照間島へ行ってみてください。

僕の場合は石垣島観光で1往復、波照間島へ行くためにもう1度石垣島へ1往復しているので、それだけでも結構な数のプレミアムポイントが貯まりました。


波照間島の旅行記はこちら。

【日本最南端】波照間島を一人旅!ニシ浜と星空を満喫した旅行記


稚内:オロロンライン


さっきの路線とPP単価表を見てもらえば分かる通り、「羽田→稚内」も割とPP単価が優秀です。実はこの路線もプレミアムクラスがあるんです。


稚内は日本の最北端。

ただ、それほど観光スポットがあるわけではないので、レンタカーで北海道の西沿岸沿いを南下するのがオススメです。

オロロンラインと呼ばれる、THE・北海道的な道路がずっと続くエリアがあります。

View this post on Instagram

最北端から南下中

なるひこさん(@naruhiko1111)がシェアした投稿 –


ここを下っていくと札幌につくので、帰りは「札幌→羽田」となり、こちらも良い感じのPP単価となっています。

クアラルンプール


SFC修行ではこの路線は利用しませんでした。

ただ、クアラルンプールはPP単価が10を切ることも可能です。国内だとどうしても沖縄系統と北海道に集中するので飽きがくると思います。


そんな時は国際線を利用しましょう。
クアラルンプールのあるマレーシアの特徴
・イスラム教国家
・マレー、インド、中華など多民族国家
・東南アジア屈指の発展とコスパの良さ

こんな近代的な建物もあります。

僕自身、すでに2度マレーシアに足を運んでいますし、SFC修行の路線に困ったら、ぜひクアラルンプールを旅行してみてください。

マレーシアのクアラルンプールに2週間ステイ|一人旅の観光旅行記


SFCカード取得後に韓国旅行へ行ってみた!


スターアライアンスのアシアナ航空で韓国へ。


まずはセントレア(中部国際空港)からフライト。

早々からアシアナ航空のチェックインカウンターには長い行列。でもSFC会員(スターアライアンスゴールド)なら優先レーンからチェックインできます。





もちろん、航空会社ラウンジも利用可能。

国際線のラウンジは国内線よりも少しだけ豪華です。軽食に加えて、カップラーメンも置いてありました(笑)





そして、ソウルの仁川国際空港へ到着。

いつもであれば荷物が出てくるまでにかなり時間がかかるのに、優先タグによって荷物の受け取りまで優先してもらうことができます。




国内線であれば荷物を預ける人は多くないので、正直なところ荷物の優先パスがあろうとなかろうと時間に大差はありません。

でも、国際線は違います。


国際線の場合荷物の待ち時間も、チェックインの行列もすべて時間がかかるので、SFC会員は海外旅行や海外出張が多い人ほど効果を発揮してくれます。


SFCを実際に使って感じたメリット

優先チェックイン&荷物検査


優先レーンがない空港もあります。

(我が地元セントレアとか 笑)


これはSFC取得前はそれほど重視していない特典でした。

ただ、この2つの特典があると空港への到着時間を遅らせられます。ギリギリまで自宅やホテルで粘ってから出発すればいいのが大きなメリットです。


そもそもLCC等の場合、出発1時間前の到着は必須。

ANAの場合は30分前に到着してればOKですが、行列次第ではチェックインや荷物検査に時間がかかる場合もありますし、結局1時間くらい前には空港到着しないといけません。


でもSFC会員はチェックインと荷物検査は5分あれば終わる。

不足の事態が起きる確率が限りなく低いからこそ、安心してギリギリ到着できる。空港でムダにする時間を減らすことができます。

ラウンジが予想以上に便利


空港にもよりますが、優先荷物検査レーンを抜けるとすぐ近くにANAラウンジがあります。時間が惜しいビジネスマンにとっては地味にこれがありがたい。

LCCなどANAではない飛行機の場合
・搭乗エリアにはラウンジがないことも多い
・カードラウンジは遠く、タイムロスになる
・ラウンジがない場合はしばらくパソコンを開くこともできない

カードラウンジより豪華なのは大して重要ではなく、荷物検査を終えてすぐにラウンジに直行できるのが素晴らしいです。

そこまで時間を重要視しない人にとっては大したメリットではありませんが、僕のように時間さえあればパソコンで仕事する人間には想像以上に大きな意味がありました。

特典航空券が取りやすい


SFC取得を目指しているならマイルも貯めていると思います。

ただ、マイルって貯めてみると分かりますが使い所が限られてきます。人気路線はライバルが多すぎるせいでマイルはあっても予約ができないんですよね。


特にハワイ。

特典航空券は最大1年先まで予約できるのですが、1年後すらすぐに枠が埋まってしまうと噂されています。ハワイのビジネスクラスなんてまさにレッドオーシャンです。


…と思ってたら、取れてしまいました(笑)

正確には往路はユナイテッド航空のビジネスクラス、復路はANAのエコノミークラスと少し特殊ですが、マイルでハワイ路線の予約に成功しました。


実は、SFC会員って通常よりマイル予約枠が多いんですよね。

最上級のダイヤモンド会員には及ばないものの、通常よりもマイルで予約できる席の数が多く設定されているので、人気路線でも特典航空券を取りやすくなります。


陸マイラーにとってはかなり強力なメリットです。


ちなみに、ハワイからの復路は通常のエコノミーの予定でしたが、SFCの特典である「国際線の座席無償アップグレード」が初めて発動しプレミアムエコノミーになりました。

(残念ながらこの特典は2019年で廃止ですが…)


特典航空券でのハワイ旅行記はこちら

特典航空券ハワイの旅!ユナイテッド航空のビジネスクラス搭乗記


楽しくSFC修行を完了しよう!


SFCの修行にかかる費用は決して安くありませんが、国内・海外で常に時間短縮できると考えれば、僕は十分取得する価値があったと考えています。


ただ、そのためにムダなフライトは止めましょう(笑)

どうせSFC修行するなら、効率だけでなく旅行を楽しむことも重視したほうが良いし、ぜひこの記事の内容を参考にして、少しくらい非効率でも楽しくSFC修行に励んでみてください。


また、僕の無料メルマガに登録すると、僕が国内・国外を好き勝手旅しながら生活できているワケをお話しています。もっと自由に生きてみたい!と思ったらぜひ下記から登録してみてください。

※メルマガはいつでも解除できます