2018
5
25
アフィリエイト後発組は今からでも稼げるか?もう無理・もう遅いのか



アフィリエイト後発組は稼げないのか?


この言葉は僕がアフィリエイトを始めた2011年9月から何度も聞いた言葉であり、未だに多くのアフィリエイターが言い続けている言葉でもあります。


今からでも稼げるの?

もう無理なんじゃない?

もう遅いんじゃない?


このブログやメルマガへのお問い合わせにて、何度こんなメッセージが来たかすら分かりません。


ただ、これは断言できます。


アフィリエイトは今からでも稼げる


ということ。


もう遅いだのもう無理だのは全て言い訳に過ぎないと思っているし、そもそも後発組とか考えるだけ時間のムダだと思っています。

もちろん、これは単に僕がアフィリエイトである程度の結果を出した経験則ではなく、データに基づいた意見でもあります。



アフィリエイトは今からでも稼げる。

その3つの理由をお話していこうと思います。




95%の数字のマジックから脱却する



アフィリエイターが大好きな

アフィリエイターの95%は月5000円すら稼げていない

というデータがあります。


確かにこれを聞くと

「やっぱりアフィリエイトで稼げるのは一部の天才だけ…」

と思うかもしれません。


特にこのデータが発表されてからだいぶ時間が経っているし、後発組の自分なんかが努力したところでもう無理だ…

20人に1人しか成功することができないのなら、今からでもアフィリエイトに挑戦するなんて茨の道に進むようなものかもしれません。



ただ、この95%という数字って嘘ですよ。


…いや、データ自体はアフィリエイトマーケティング協会が実施した間違いないのないものなのですが、このデータが公開されたのは2005年のことです。

2005年と言えばもう10年以上前のことで、さらに言えばアフィリエイト黎明期の時期でもあり、今のようにサイトもメルマガもノウハウなんて確立されていませんでした。



けど、次第にアフィリエイトもノウハウが確立されていきました。


そしてアフィリエイトマーケティング協会の2012年データを見てみると、5000円以上稼げていないアフィリエイターは55%まで減少しています。



20人に1人しか5000円すら稼げないのと、2人に1人が5000円以上稼げるのでは、成功率が全く違ってきますよね。



あと、大事なのは

どれだけの人が全力でアフィリエイトに取り組んでいるか?

ということですね。



例えば1000人にアンケートを取ったとしても、その中には本業として1日10時間以上パソコンに向かう人もいれば、反対に「今日はやる気が…」と1日1記事も書かない人もいます。

正直、1日1記事も書けない日々をダラダラ続けても稼げないのは明白なわけですが、データになるとどうしてもそういった「大して努力していない人」が多数混入してしまいます。



…というか、アフィリエイターで頑張っている人って想像以上に少ないですよ。

みんな片手間で稼げる!みたいな想像をしてくるので、3ヶ月間継続できる人すらかなり少ないです。

反対に、才能とか関係なく努力して継続できる人はそれこそ9割型稼げるようになります。じゃあそこから生まれた「95%」だとか「55%」だとかのデータにそこまで意味があるかということですね。



アフィリエイト市場は拡大し続けている



アフィリエイト市場は飽和しているからもう無理…


…と思っている方はぜひ矢野経済研究所のアフィリエイトの市場規模の推移グラフを確認してみてください。

よく狭いパイを取り合っている!飽和する!みたいな表現が使われていますが、ライバルが増えてもパイが拡大しているのなら稼げるに決まっていますよね。




実際、このデータでは今後もアフィリエイト市場は拡大し続けると予想されています。

…まあ、テレビ業界や新聞社など今まで広告業界を牛耳ってきたメディアが衰退している様子からも、ネット広告費がまだまだ伸び続けそうなのは明らかですよね。


(実を言うと、あることが起きると広告費が一時的停滞するかもしれないとも思っているのですが、そのあたりは今回のメインではないので一旦置いておきます)



つまり、パイの取り合いという考え方が間違っている。

少なくとも、広告費が増え続けている今アフィリエイトを始めれば、もう遅いだとかもう無理だとか嘆く必要はないということです。

もしアフィリエイト後発組は稼げないと声高に宣言したいのなら、アフィリエイト広告費が何年も停滞してからにしましょう。




飽和だの後発組だのは何年も前から言われている



ここまではデータを交えてアフィリエイトは今からでも遅くないとご説明してきましたが、最後は僕の経験に基づくお話になります。


僕がアフィリエイトを始めたのは011年。

すでに”アフィリエイト後発組“という言葉が使われていました。先行者利益を打ち破るために…みたいな事がよく言われていましたね(笑)


そんな中で、1年くらいもがいているうちにとりあえずブログで10万円。その後はメルマガなども交え100万、1000万円と稼げるようになりました。

ちなみに僕が初めて月収10万円の壁を超えたのは2012年11月のことで、トレンドアフィリエイトというノウハウを実践した事がキッカケでした。



それ以来、僕は多くの方にトレンドアフィリエイトを教えてきています。

パソコンすら持っていなかった初心者さんですらブログで10万円を突破し、中には1ブログで100万円以上稼ぐ生徒さんも出てきました。



面白いのは、その間ずっと

トレンドアフィリエイトはもう飽和して稼げないんじゃないですか?

と言われて続けていたことです。



ライバルが増えすぎてもうダメだ

今からでも本当に稼げるんですか?

飽和して今はとても稼げない



もう2013年にはそんな事を言う人がたくさん居て、トレンドアフィリエイトがすでに飽和した終わったノウハウだと思った人は、より稼ぎやすくてラクなノウハウを探して飛び立っていきました。

けど、そんな人が何年か経って結局「なるひこさん…やっぱりトレンドアフィリエイトをゼロから頑張る事にします」なんて言って戻ってくるわけですね。



これって、めちゃくちゃ時間がもったいないと思いませんか?



すでに稼げると確立されたノウハウがあって、第一線の指導者(偉そうではありますが、客観的に見ればそう表現しても良いのかなと 笑)が稼げると言うノウハウを蹴ってしまう。

飽和だの何だの変に自分の考えなんて持たずに、とりあえずトレンドアフィリエイトに挑戦していたら、もっと早く稼げるようになっていたのかもしれないのに…



もちろんこれはトレンドアフィリエイトに限った話ではなく、アフィリエイト全般に言えることでもあります。

結局、飽和だの今からではもう無理だの言い続けた人が何も得られずに終わる。反対に、とりあえず言われた通りにチャレンジしてみる人は少なからず成果を得られる。



だから飽和とか後発組とか考える前に、今日から始めた方がお金になります。



まとめ



とりあえず今日から

アフィリエイトはライバルだらけで飽和している
今からアフィリエイトで稼ぐなんてもう無理だ
もう遅い。後発組は何をやってもムダなんだ

みたいな言葉は一切封印してください。


少し厳し目の言葉を使うと、僕はこれらの発言は自分に対する言い訳でしか無いと思っています。

自分がアフィリエイトをやらなくてもいい、努力しなくてもいい理由を作っているだけで、本当は世の中に成功者が溢れている事に気づいているはずです。



もちろん、誤解のないように言うとアフィリエイトはラクではありません。

決して片手間で誰でもラクに稼げるとか、言われた事だけやってれば勝手にお金が入ってくるとか、甘い気持ちで取り組んでもらいたくはないです。



それでも、もう遅いなんて事はあり得ない。


むしろ今日から3か月、半年、1年…と続けていくことさえできれば、1年後には10万円、いや多い人なら月100万円も超えられるでしょう。

そもそもアフィリエイトで失敗したところで失うものって何もないですし、飽和だのもう稼げないだので悩み続けるのなら、ぜひ今日から迷いを捨てて始めてみてくださいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
※メルマガはいつでも解除可能です

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ