2018
5
07
ワードプレスのプラグインに危険性?入れすぎのデメリット



HTMLだとかCSSだとか複雑なデザイン知識がなくても、ワードプレスを一瞬でカスタマイズしてくれるプラグイン


プラグインを使えばブログのデザインを好きに変更できることから、ブログ初心者さんの方は特にプラグインを活用していると思います。

というか、2012年にアフィリエイトを始めたと同時にワードプレスを使い続けている僕も、未だに多くのプラグインのお世話になっています。


ただ、だからこそ言いたい!


ワードプレスプラグインは便利な代わりに、デメリットや危険性もあります。

特にプラグインを入れすぎているほど悪影響が出てくるので、あまり語られないWordPressプラグインのデメリットを見ていこうと思います。



WordPressプラグイン3つの危険性とデメリット



単純に重くなる


ワードプレスのプラグインというのは、要はスマホのアプリと同じです。


アプリをたくさん入れれば便利になるけど、そのぶんスマホが重くなって動作が遅くなったり、時にはフリーズしてしまったりする。

つまりワードプレスも全く同じで、プラグインを入れすぎるほど動作が重くなっていきます。ブログの表示速度が遅くなるということですね。


ブログの表示速度が遅くなることでどんなデメリットがあるか?

ブログ訪問者からしてみれば見づらくなるのもありますが、何より大事なのはGoogleが表示速度の遅いサイトは検索順位を下げると名言していることです。


2018年7月からの

スピードアップデート

によってSEOにも影響してきます。


ユーザー視点から見ても、Google視点から見ても表示速度の遅さはマイナスになるので、ワードプレスにプラグインを入れすぎる事はマイナスになりえます。

ちなみに今はGoogleが表示速度を測定するツールを提供してくれているので、プラグイン関係なしに一度ブログの表示速度を測定してみる事をオススメします。





プラグイン干渉による不具合多発


プラグインというのはワードプレス公式が用意しているわけではありません。


ワードプレスを利用しているなかで、一部の開発者がプラグインを無料で公開し、僕らはそれを使わせてもらっている。

これは1人1人が規格もサイズも違う歯車を持ち寄っているようなもので、複数のプラグインが同時に有効になることでエラーが発生することがあります。


例えば1つのプラグインが正常に機能しない。

最悪、ブログが表示されない。


※ブログが表示されない時は、プラグインを全停止すればたいてい正常になります。管理画面にもログインできない場合はこちらの記事を参考にしてください。

ワードプレス管理画面にログインできない時のプラグイン無効化方法


プラグインの干渉は特定のプラグイン同士で起きる事が多く、数が多いからと言って必ずしもエラーが発生するわけではありません。

ただ、WordPressにプラグインを入れすぎることで危険性が増すのは事実です。



プラグインのセキュリティ的な問題


先程も少し話したように、プラグインは有志が作成したものです。


ただ、1度開発したら終わりではなく、時代が進むに連れてプラグインも新しくしないと、プラグインのセキュリティ的に問題が出てきます。

プラグインを新しいものに更新しなければ、古い部品をずっと使っているようなものですからね。


でも問題は

開発者が、ずっとプラグインの面倒を見るわけではない

ということ。


WordPressプラグインで有能なものは多数あれど、その中には完全に更新が止まってしまったプラグインも含まれています。

例えばアフィリエイト界隈でよく利用されていたプラグインにAdSenseManagerというプラグインがあったのですが、最終更新が6年前とかになっていますよね。





1年更新されていなければ少しだけ怖い。

2年更新されていなければそれなりの危険性。

3年更新されていなければセキュリティ的にはアウト。


というイメージですね。


もちろん、古いプラグインを使ったからと言って、ブログがすぐにハッキングされるとかウイルスをばら撒かれるような事はありません。

むしろ大半のブログは多少古いブログを使っていようと、被害を受けることもなく平和にワードプレスを運営し続ける事ができるでしょう。


ただリスクを避けたいのであれば、長い間更新されていないプラグインを使用することは避けたほうが良いと言えます。



まとめ


ワードプレスのプラグインに潜むデメリットを見てきました。

プラグインを使えばHTMLなどのデザイン知識も不要で、ワードプレス初心者さんにとっては非常に心強い武器です。


でも、闇雲に数が増えることはデメリットや危険性だらけなので、

・プラグインじゃなくてもできる事はHTMLで
・プラグインの数を極力減らす
・よくわからず有効化しているプラグインは削除


といった事は必要ですね。


プラグインは正しく使えば本当に便利ですし、自分が運営しているブログのプラグインを確認してみてくださいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
※メルマガはいつでも解除可能です

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ