AddQuicktagのおすすめショートコード設定と使い方動画|表示されない場合は?

ワードプレスにはビジュアルモードテキストモードの2つの記述方法があります。 ザックリ言えばビジュアルモードはHTMLを知らなくても文章が書けるモードで、反対にテキストモードは多少なりともHTMLの知識が必要な方式です。もう何年もワードプレスを使っていますが、僕はずっとテキストモードを利用してきました。 そして、テキストモードではAddQuicktag(アドクイックタグ)は必須です。 このプラグインはHTMLのタグをボタン1つでひょいっと呼び出すことができます。つまり記事を書く上でめちゃくちゃ時間短縮や効率化になるし、テキストモードであればAddQuicktagを入れない理由はありません。 今回はAddQuicktagのインストールから使い方、どのようなHTMLタグを設定しておくと便利なのか?といった点をお話していきます。ワードプレスでテキストモードを利用している場合はぜひ参考にしてみてください! また、AddQuicktagを有効化してもうまく表示されない場合の解説もしますね!

AddQuicktag(アドクイックタグ)の使い方

まずは、プラグインをインストールして有効化しましょう。 ワードプレスのプラグインインストール方法が分からない場合は下記を参考にしてください。 プラグインのダウンロード、インストールから有効化までの手順 また、少し古いですが動画でも説明しています。 基本的な部分はこの動画を撮った時と変わっていないので参考にしてみてください。
いちおう文章でもザックリ説明しておくと、AddQuicktagのプラグインを有効化したあと、管理画面の「設定」→「AddQuicktag」とクリックすれば設定画面に移動することができます。そして①~③の3点を入力してください。

①:ボタンに表示される名前。自分が分かりやすいものでOK。 ②開始タグ ③終了タグ

AddQuicktagに入れておくと便利なおすすめタグ

フォントサイズ
<font size="3">~</font>
※3の部分の数字を変えると文字サイズが大小する
文字の色
<font color="red">~</font>
※redが文字の色にあたる。blueに変えれば青になるし、yellowに変えれば黄色になる。
下線
<u>~</u>
※学校の授業で先生がよくやる、大事な単語を下線で強調するやつ
画像タグ
<center><img src="画像URL" width="500"></center>
※画像の中央寄せ、画像サイズの指定をするHTMLタグ。 中央寄せを消したい場合は両端の
<center>
を消す。 画像の表示サイズを変更したい場合は500の数値を変更する。
no follow
rel="nofollow"
※最近は効果が疑問視されているが、SEO的に使う場合もあるタグ


あくまで紹介したのは一例ですが、自身が頻繁に使うテキストやHTMLタグをAddQuicktagに設定しておくと良いです。アドセンスを手動で挿入している場合、アドセンスのコードをAddQuicktagに入れるのも有効ですね。

擬似的なコピペツールとして活用すると効率UPになります。


AddQuicktagが表示されない場合


AddQuicktagに開始タグやら入れたのに、テキストモードに反映されない!

ということがたまにあります。


その場合、AddQuicktagの開始タグなどを入力する設定画面にて、それぞれの一番右の項目にチェックを入れてみて下さい。


僕も一度AddQuicktagがテキストモードに反映されなくなったことがあったのですが、画面一番右のチェックボックスを全てクリックしたら無事復活しました。もし表示されない場合はぜひ試してみてくださいね。


まとめ


AddQuicktagはテキストモードではほぼ必須と言えるプラグインです。

HTMLを覚えていようといまいと、ボタン1つで簡単にHTMLタグや特定の文章を呼び出せるほうがどう考えても効率が良いし、間違いなく記事を書くスピードを上げることができます。

もしテキストモードで文章を書いているのにAddQuicktagをインストールしていない場合は、今すぐにプラグインを有効化して、ここで紹介しているようなHTMLコードを入れて、記事作成を効率化してみてくださいね!