2014
1
04
スタバの料金を安く&お得に済ませる5つの方法

いわゆるノマドワーカー的な生き方をしていると、やはりスターバックスを始めとするカフェや喫茶店にお世話になる機会も増える訳で。

特にスタバはタバコ臭くもなく、落ち着いた空間を提供してくれるので非常にありがたいのですが、その反面コーヒー1杯にしても料金が高く付いてしまうのが難点です。

そこで、今回はスタバで出来るだけ商品を安くする方法と、少しでもお得に注文するための5つのテクニックを紹介していきますね。


スタバでお得に注文する5つのポイント


氷の量を増減


マクドナルドでも使える裏技として有名ですが、スターバックスでも氷抜きでコーヒーを注文する事が可能になっています。

つまり氷の分量が減る分多くのコーヒーを入れてもらう事が出来るので、ちょっとだけ量を得する事が出来る訳ですね。他にも、長時間居座る場合は氷が溶けてコーヒーが薄まってしまう事も多いので、それが嫌な場合にも氷抜きで注文するのは有効です。

まあ、唯一の問題点は少しケチ臭い事ですかね(笑)


チョコレートとキャラメルソースの追加可能


あなたがどのドリンクを注文したとしても、キャラメルソースもしくはチョコレートソースを無料で追加してもらう事が可能です。

この2つを追加する事で全てのコーヒーの味わいを変える事が出来るので、上手く使いこなして楽しんで頂ければと思います。


タンブラーを持って行くと20円引き


商品が安くなる事が無いスターバックスにおいて、唯一コーヒーを安く注文する事が出来る手段が、自前のタンブラーを携帯していく事です。

最近タンブラーを持って居る人を見かける事が増えてきましたが、あれは単に格好つけて持っているとか流行に流されているというだけではなく、料金が20円安くなるという大きなメリット故の行動なのです。

タンブラーはかなりお安く買えるので、スタバに頻繁に行く日常を送っている方は思い切ってタンブラーを購入してしまった方が良さそうですね。


ドリップコーヒーを108円でおかわり出来る


あなたがドリップコーヒーを既に1度注文していた場合、同日内であれば2杯目のコーヒーを108円で注文する事が可能です。

例えばドリップコーヒーのトールは340円で販売されていますが、同じ日であれば2杯目が240円引きの108円で購入出来てしまうわけですね。

しかも同日であれば他のスターバックスであっても注文が可能なので、例えば出張前にスタバでドリップコーヒーを注文し、出張先のスターバックスで2杯目を注文するなんて事も可能です。

ただし、2杯目は1杯目よりも大きなサイズで注文する事は出来ないので要注意です。



ドリンク最安値は「水」


あなたがスタバに訪れた時、コーヒーを注文したくないという時もあるでしょう。

実際僕の場合はネットビジネス仲間とカフェをはしごする事が多々あり、その際は「座る場所は欲しいけど飲み物は要らない」という状況になっています。

他にも金銭的に余裕が無いので出来るだけドリンク代を安く済ませたいという場合や、ダイエット中なのでコーヒーは注文したく無いという状況もあるでしょう。

そんな時に覚えておくと便利なのは、スタバの最安値ドリンクはドリップコーヒーではなくペットボトルの水であるという事です。こちらは1本150円で購入出来るので、場所代を押さえたい場合はこれが最も有効ですね。

さすがに水は嫌だという場合は紙缶のオレンジジュース(200円くらい)も有るので、とりあえず購入だけしてそのまま持ち帰るというのもアリです。


おわりに


やはりこの結果を見てみると、スタバでコーヒーを頼む際に料金を下げる事はかなり難しそうですね。直接商品価格に影響してくるのは、タンブラーを使った場合くらいです。

なので商品価格を下げる事は難しいですが、注文したドリンクのカスタマイズ等は無料で行える幅が非常に大きいので、精一杯カスタマイズして出来るだけ元を取るつもりで行くと良いかもしれませんね。

紹介した5つのポイントを押さえて、今後もスタバライフを楽しんで頂ければと思います。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ