2014
5
22
youtubeのアノテーション設定を複数一括で行う方法

※2017年更新 最新のyoutube画面に対応しました。


youtubeのアノテーション機能を使えば、動画の中で自分のyoutubeチャンネルやサイトに誘導することができるので非常に便利です。

しかし、今までこのアノテーション機能を知らずに動画を大量にアップロードしていた場合、いちいち過去の動画にアノテーションを設定するのは手間がかかってしょうがないですよね。

僕も同じ局面に直面したのですが、どうやらアノテーションは複数の動画を一括で設定することが可能なようなので(ただし結構限定的な範囲)、今からその方法を説明していきますね。


一括設定の自由度は限定的であるという事


まず初めにお話をしておきますが、一括で設定できるアノテーションは機能が限定的であり、表示したい場所を指定したい場合や、表示時間を指定したい場合は一括設定をする事は出来ません。

なぜならこの手法だと表示時間は5秒、10秒、15秒の中からしか選ぶ事が出来ないですし、表示場所は左下で固定されてしまうので、設定の自由度が低いのです。

ですから動画の再生中ずっとアノテーションを表示させ続けたいとか、動画の中に複数のアノテーションを使用したい場合はやはり手動で1つ1つ設定していく事になります。

なのでより自由度の高い設定を求めるのであれば手動で設定した方が良いですし、あくまで一括設定はあまり時間を掛けたくない時に使用するものだと思って頂ければと思います。



アノテーションを一括設定しよう


それでは具体的に設定の方法ですが、まずはyoutubeアカウントにログインして「動画の管理」画面に移行した上で、「チャンネル」→「注目コンテンツ」→「コンテンツをおすすめ」をクリックします。




次にどの動画にアノテーションを表示させるかを選択します。

アップロードしたばかりの動画にアノテーションを表示させたい時は「最新のアップロード」。アップロード済みの動画の場合は「動画または再生リストを選択する」をクリックします。




今回は後者を選択してみました。

自分がアノテーションを表示させたい動画を選択するのですが、この時「動画リスト」を選択すると複数の動画のアノテーションをまとめて管理できます。

例えば画像であれば僕の「マインドセット」という再生リストをまるごと選択していて、ここには50の動画が入っているのでそれらを一括設定できるということです。




あとはアノテーションを表示させるタイミングなどを決めましょう。

全て完了したら「更新」をクリックします。





アノテーションのURLを決める


あともう1手間。

「動画の管理」画面に戻り「チャンネル」→「詳細設定」と移動します。



ここで「関連付けられているウェブサイト」という項目が出てきますので、アノテーションから誘導したいページのURLを入力します。

例えばアノテーションからメルマガ読者を集めるためのオプトインページに誘導したければ、そのURLを記載するという感じですね。


これで、先程「注目コンテンツ」で選択した動画を好きなURLに誘導できます。

youtubeは今も再生数が伸び続けていますし、今後も集客源としてかなり効果を発揮していくので、ぜひ活用してみてくださいね。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ