2013
8
21
Bloggerでアドセンス取得するとサイト毎に審査が必要?

Bloggerは Google が運営するブログサービスの一つで、アメブロやライブドアなどに比べれば知名度は落ちますが、やはり Google が運営していることもありそれなりの使用者がいます。

しかし今回の記事で警鐘を鳴らしたいのは、Bloggerでアドセンスの審査を受けることの恐ろしさについてです。他人とは違う面倒なアカウントを作ってしまいたくなければ、確実にこの記事は目を通しておいてください。


Bloggerでアドセンス審査に受かると何が問題?



アドセンスは合格してしまえば全て同じだと思っていませんか?実はアドセンスは審査の段階でアカウントに差が出てくることがあるのです。

例えばFC2ブログを利用してアドセンスを取得すると、その後毎月20%の報酬がFC2側に取られてしまうというのはそこそこ有名な話です。つまり審査時に下手なことをしてしまうと取り返しのつかない事態に発展するわけですね。

そして Bloggerでアドセンスを取得した場合もFC2同様に問題が発生します。審査完了のメールには下記のような文章が書いてあるのですが、要するにホストパートナーサイトというのはBloggerで審査に通したブログのことです。

お客様の AdSense アカウントでは、AdSense のホストパートナーサイトで作成したコンテンツのみ収益化できます。


つまり収入がカットされる事は無いのですが、その分アドセンス使用サイトを増やす度に審査が必要になるアカウントになってしまったということですね。

通常をアドセンスは一次審査とニ次審査があり、審査に受かってしまえば二度と審査を受ける必要はありません。ですがBloggerでアドセンスの審査に通ってしまうと、サイトを増やすときに毎回審査が必要になってしまうのです。

まあ、アドセンスサイトを10個も20個も用意する人はいないと思いますので、そこまで大きな問題とはいえないかもしれませんが、やはり通常のアカウントに比べれば面倒だと言わざるを得ません。



アドセンス審査で使ってはいけないブログ一覧



FC2:最悪のアカウント。アドセンス報酬の20%を取られる契約が発生する
アメブロ:アドセンスが貼れないので記事を書いても審査を受けれない
ライブドア:デフォルトの広告を1枚剥がす必要が有るので面倒
Blogger:毎回審査が必要な面倒なアカウントになってしまう


アドセンスは一度アカウントを作成してしまえばそれを変更する事は出来ないですし、削除したら二度とアカウントを作成できなくなってしまうので削除→新規で取得という方法も使う事は出来ません。

なのでとりあえず覚えておいて欲しいのは、アドセンスの審査にはFC2とBloggerは絶対に使用しないようにするということ。

僕はアドセンスの審査に関してはso-netブログを推奨していますので、特にこだわりがなければこのブログを利用しましょう。審査通過のステップはこちらの記事を見ていただければ分かると思います。


アドセンス審査・申請ブログ作成の5つのステップ。必要な記事数は?

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ