2013
7
26
アドセンスのカスタム検索(サイト内検索)の設定方法と使い方

一般的に「アドセンス」と言われるのはコンテンツ向けアドセンスで、
実はそれ以外にも色々な種類の広告が存在しています。

例えばyoutubeアドセンスだとか、リンクユニットだとか、
ただ貼り付けるだけが収入を得る方法ではないのですが、
今回紹介するのサイト内検索から利益を生み出すアドセンスです。

これはグーグルカスタム検索と呼ばれるものですが、
具体的な設定方法と使い方についてお話しますね。

カスタム検索広告を追加する

まずはグーグルカスタム検索のページに移動してもらい、
新しくカスタム検索の広告を作成してもらいます。



「検索するサイト」というところに自分のサイトのURLを入力し、
言語の部分は日本語を選択し、保存をクリックします。



すると広告の作成が完了するので、一度カスタム検索のTOPへ戻りましょう。
ヘッダーとかをクリックすればTOPページに戻ります。

そしてTOPページに戻ったら先ほど作成した広告をクリックし、
広告の詳細設定出来る画面に移動しましょう。



すると検索エンジンの設定等色々な項目があるページが出てきますが、
まずは上の方にある「広告設定」タブをクリックしましょう。

最初は広告の収益がオンになっていませんので、
ここをアドセンスアカウントと関連付けることで収益が発生します。





関連付けが完了したら左サイドバーを見てもらって、
そこから「デザイン」という項目を選択してもらいます。



まずは「テーマ」タブに切り替えて検索ボックスの種類を選びます。

もしかしたら僕だけの事例かもしれないのですが、
デフォルトを選んだままだと検索の際に少しおかしくなったので、
出来ればデフォルト以外のテーマを選んでおいた方が良いです。



次は「レイアウト」タブで検索結果の表示方法を決めていきますが、
今回はサイト内検索を設置する方法ということなので、
「2ページ」という項目を選択してください。



あとは「保存してコードを取得」をクリックすればコードが表示され、
それを任意の場所に貼っていけば設定は完了となります。



ただ、広告コードをコピーする前にやって貰いたいこととして、
画面上部の「検索結果の詳細」をクリックしてもらい、
検索結果を表示するURLを選択してください。



ここまで来れば後は広告コードを貼り付けて完了ですね。

以下のようにサイト内に検索結果が表示されるようになれば、
バッチリ設定が完了したことになります。





カスタム検索と不正ペナルティー


グーグルカスタム検索はあくまでアドセンスですので、
当然クリックすれば報酬が発生することになります。

アドセンスは自己クリックを厳しく処罰しますから、
ペナルティーを恐れてカスタム検索が正常に設置できたのか
調べる勇気が無い人もいるのではないかと思います。

そこで正しい知識を身につけておいて欲しいのですが、
カスタム検索で検索するだけでは利益は発生しません。

アドセンスとして報酬が発生するのはあくまで
検索結果の画面でリンクをクリックした場合のみで、
それさえ無ければペナルティーを受ける事は無いです。


カスタム検索の使い方注意点


今回はグーグルカスタム検索をサイト内検索の代わりに
使用する設定方法についてお話をしてきました。

しかし、覚えておいてほしい重要なアドセンスのルールがあって、
カスタム検索、かつサイト内検索の検索結果のページには、
コンテンツ向けアドセンスは存在してはいけない
決まりがあります。

普段から記事に自分でアドセンスを挿入している人なら問題無いですが、
サイトバーにアドセンスを置いている人はこれに引っかかるので、
カスタム検索を設置する際には少し慎重になりましょう。

また、個別ページに自動でアドセンスが挿入されるように
設定している人に関しても気をつけて行く必要があります。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ