2013
7
23
アドセンスのスコアカードの改善方法と見方

2013年の6月にアドセンスが10周年を迎えたそうで、
それ以来アドセンスの管理画面の右下に新しく
スコアカード」という機能が設けられるようになりました。

どうやら収益を伸ばすために役立ちそうなものだとは分かるのですが、
では、具体的にどのようにスコアカードを活用していけば、
収入アップに繋げていく事ができるのでしょうか?

スコアカードの見方と、その改善方法についてまとめました。

スコアカードに表示される3つの項目



スコアカードで確認することが出来る項目は全部で3つで、
収益の最適化、サイトの状況、Google+があります。


収益の最適化

報酬額が最適化されていない…つまり、
同じアクセス量でもまだまだ報酬を伸ばせるにも関わらず、
ちょっとした設定の問題で損をしている
、という警告です。

当然今よりも報酬が増えることに文句は無いでしょうから、
これが低い人は早い段階で改善をして行きましょう。


サイトの状況

サイトの状況というよりは、サイトの読み込み速度ですね。

読み込みに時間がかかれば掛かるほど評価が悪くなりますし、
実際に読み込みが遅いサイトは離脱率を高める原因となりますから、
これも改善できるのであれば改善した方が良いです。


Google+

これについては…比較的優先度は低いというか、
要はGoogle+で拡散するためのソーシャルアイコンが
あなたのブログに設置されているかどうかです。

ただし、設置されていても最高評価にならないことがあるので、
正直この項目はそこまで満点に拘る必要は無いですね。



スコアカードの見方



スコアカードを見てみると分かりますが、各項目の点数に応じて
安全マークや警告マークが出ていることに気づくと思います。

例えば僕の場合であれば推奨の広告フォーマットが黄信号で、
ページの読み込み時間のパフォーマンスに関しては赤信号ですね。

これらの評価の見方はイメージできると思いますが、
緑→安全、黄→警告、赤→改善が必要、という感じです。


ちなみにスコアカードの5段評価の隣に三角形が出現することが有りますが、
これは以前の評価よりも上がっているか下がっているかを示します。

つまり下記の例の三角形であれば上を向いているので、
前回よりも状況が改善されたということになるわけですね。




スコアカードの改善方法


さて、それではスコアカードの点数を改善する方法をお話します。


推奨の広告フォーマット
これはアドセンスが推奨する広告サイズを使用しているかどうかです。
アドセンスが推奨するということは基本的にクリックされやすいので、
広告を変更した方が収益が大きくなる確率が高くなります。
ただし、サイズを変更して必ずしも利益が大きくなるとは限らないので、
逆に報酬が落ちるようなときは元のサイズを利用すれば良いです。


有効なテキスト広告とイメージ広告
これについては広告タイプの設定で、
テキストとイメージ/リッチメディア広告を選択するだけです。


ただし、コレに関してはどんなサイトでも正しいとはいえないので、
あくまで広告タイプを編集したら報酬が伸びる可能性がある
程度に期待していおけばそれで十分ですよ。


クローラ エラー
クローラエラーが頻発すると正しい広告が表示されなくなり、
クリック率の低下に繋がるので厄介そうな問題ですね。
でも、実際ここで出てくるクローラエラーはプレビューページとか、
実質的には害の無いページでのクローラエラーが多いので、
案外気にしなくてもOKだったりします。


ページの読み込み時間のパフォーマンス
ページの読み込みが遅いということはサイトが重いということであり、
画像や動画を多用し過ぎている可能性があります。
ページの読み込み速度の改善については別のページで紹介するので、
そちらを参考にして表示速度を早くして行きましょう。


追加した +1 ボタン


正直コレに関してはあんまり信用出来ないというか…
同じようにGoogle+のソーシャルアイコンをブログに用意していても
満点になる人もいれば、満点にならない人も居たり。
この項目についてはあまり深く気にし過ぎない方が良いです。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ