2013
7
22
アドセンス管理画面・パフォーマンスレポートの見方

アドセンスを使って稼いでいる人は多いと思いますが、
ではアドセンスの管理画面をしっかりと理解しているかというと、
そういう人ってあんまり多くないんですよね。

確かにグーグルってアナリティクスとかも使いづらいですし、
アドセンスも色々な機能を使いこなせていない感がひしひしと有ります。

そこで、まずはアドセンスで最低限の分析をしてもらうべく、
管理画面&パフォーマンスレポートの見方を紹介していきます。

アドセンス管理画面の見方




①見積もり収益
本日の収益、昨日までの収益、今月の合計収益、先月の合計収益、
以上の4つの項目を確認することが出来る部分です。

ちなみにアドセンスを長く利用している人でも意外と知らないのが、
アドセンスにおける「1日」の区切り方ですね。

アドセンスの場合1日の締めは通常17:00になるのですが、
アメリカがサマータイムの時期になるとこの時間が変更され、
日本の3月から11月までは16:00締めとなります。


②収益の確定額
現在の残高というのは次支払われる予定の未払い金額。
前回のお支払いというのはアドセンスから直近に振り込まれた金額です。

ちなみにアドセンスは収益額が1万円を超えないと収益対象にならないので、
それまでは現在の残高の数字がドンドン溜まっていくだけです。

③過去7日間
過去7日間のページビュー数やクリック率が閲覧出来ます。
CTR、CPCなどよく分からない言葉があると思いますので、
これに関しては記事の下の方で再び紹介していきます。

④上位のチャネル
見積もり収益額の高い上位のチャネルが確認出来て、
更にそのチャネルが過去と比べて上昇しているか減少しているかを
一目見て分かるようになっています。

⑤スコアカード
あなたが運営しているブログにおけるアドセンスの効果状況を
5段階に数値化して教えてくれる機能です。

収益の最適化、サイトの状況、Google+の3つの項目があります。



アドセンスのパフォーマンスレポートの見方




ページビュー
あなたのサイトが表示された回数が表示されるのですが、
どうも通常のアクセス解析と比較しても数字が大きく、
あまりアテにならない印象を受けます。

ページビュー数を正確に把握したい場合は
グーグルアナリティクスを利用した方が良いです。

クリック数
アドセンスのクリック数。

ページのCTR
アドセンスのクリック率で、通常は1%行かない程度です。

ここのクリック率が高ければ高いほど
少ないアクセスで大きな報酬を得ることが出来るので、
基本的にクリック率は高いほうが望ましいです。

ただし、稀に3%や4%を超えてくる時があって、
ここまで高くなる場合はアドセンス狩りの可能性が高い
ので、
明らかに大きなCTRは異常の前触れだと思いましょう。

CPC
クリック単価、つまり広告をクリックした時に
一体どれだけの利益が発生するかの平均値です。

ページのRPM
1000PVごとに得られる報酬の平均値です。

見積もり収益額
今月分のアカウント全体の収益額。


これらの数値から何をすれば良いのか?


報酬が少しづつ増えているを見ていくのも楽しいですが、
それだけではいつまで経っても収益増加には繋がらないので、
やはりまず注視すべきはクリック率です。

クリック率が高くなれば自然に利益も出てくるので、
いかにしてここを上げていくかを考えてみてください。

あとはクリックの単価も地味に重要なポイントで、
グーグルアドワーズのツールなどで単価が高いキーワードを確認して、
そのキーワードを記事の中に埋め込んでいくのも改善の手です。

いずれにしても稼いでいる人は皆詳細な分析を行なっているので、
面倒臭からずに自分の収益を更に伸ばすための工夫をして行きましょう。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ