2012
11
08
楽天アフィリエイト・アマゾンアフィリエイトはどっちが儲かる?

初心者でも稼ぎやすいといわれる
成果報酬型のASPであるアマゾンと楽天ですが、
実際どっちが稼げるのでしょうか?

両者の簡単な説明も交えて
紹介していきたいと思います!!

楽天とアマゾンアフィリエイトの特徴


この2つは成果報酬型のASPなのですが、
あえてこちらの主要ASP一覧のどちらでも紹介しませんでした。

>>クリック報酬型ASPのクリック単価とオススメ
>>成果報酬型ASPのオススメと一覧


というのもアマゾンと楽天は少々普通のASPと異なり、
アフィリエイトの「クッキー」というものが
大変長いという特徴があります。


これは一旦アフィリエイトリンクをクリックしてから
「自分から買った」という認識がされる期限を示すもので、
この2つはその期限が非常に長いのです。

つまり僕が「タオル」の楽天アフィリエイトリンクを張って、
それがその時に購入されなかったとしても、
クッキーの有効期限内であれば僕から購入したことになります。

期限内であれば「タオル」でなくても売れれば自分の報酬なので、
その時に買わなくても30日間の間に楽天で買物をする可能性はかなり高いのです。



楽天アフィリエイトは報酬率は1%とものすごく低いですが、
その代わりにクッキーの期間が30日間持続するので、
その時に商品が売れなくても報酬が発生します。

また、アマゾンに関しては報酬率3.5%(最大10&くらいまで上昇)ですが、
クッキーの有効期限が24時間あるのでこれまたチャンスがデカイです。

このように、2つは成果報酬型でありながら、
半分はクリック報酬型とも言えないこともないので、
特に考えずに使うことの出来る広告です。


ただし、報酬率が低いので、手取り20万もかなり難しいですし、
月収100万円稼ごうと思ったら2chまとめサイト並みの
パワーサイトを作る必要があると思って下さい。




ちなみに、楽天アフィリエイトとアマゾンアフィリエイトのどちらが儲かるかですが、
ローテーション広告を貼るのであれば楽天の方が明らかに儲かります。


ただし報酬率はアマゾンの方が高いので、
販売する商品が決まっているような固定広告であれば
アマゾンの方が儲かりますね。

要はどちらの広告が儲かるかは、
そのサイトの使い方次第だということです。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ