2013
7
18
SEOチェキの使い方と結果の見方
[SEO]

アフィリエイトをやっていく上でグーグルとの検索順位との戦いは
ほぼ無限に続いていくことになるわけですが、
グーグルと戦うための「装備」はしていますか?

今回は僕は使用することの多いSEOツールである、
SEOチェキ」の使い方と結果の見方をお話していきます。

このツールで得ることの出来るサイト情報を生かして、
更にブログのアクセスアップを図っていきましょう。

SEOチェキで調べる事が出来る主なサイト情報




SEOチェキでサイトのURLを検索してみると、
以下のような画面が表示されるのですが、
パッと見色々な情報が多くて分かりにくいですよね。

そこで、SEOチェキを使用する上で抑えておいてほしい
6つのチェックポイントを紹介していきます。

①メタタグ



title(ブログタイトルそのまま)
description(記事の説明文)
keywords(上位表示を狙うキーワード)

一説では既にSEOには効果が無いと言われているメタタグですが、
少なくとも入力しておいて損をするわけではありません。

メタタグの存在を既に忘れてしまっている人も多いと思いますが、
SEOチェキで3つとも検出されればOKということになります。


②h1タグ



普通h1タグってデフォルトで機能するようになっているのですが、
どうやらルレアというテンプレートを利用する場合、
デフォルトだとh1タグが認識されていない
ようです。

h1タグは少なからずSEOに効果が有ると言われているので、
ここに何も表示されていない場合は
HTML等に詳しい人に聞いてみた方が良いですね。


③PR(ページランク)



グーグルが独自に設けている各サイトの採点結果であり、
0~10までのランクが存在しています。

当然数字が高ければ高いほどサイトの価値が高く、
その分SEOが強力なサイトであると言われています。

このページランクによって自分のブログのSEOの強さ、
そして競合となるサイトのSEOの強さが分かる
ので、
これを基準にライバルチェックを進めていく人も多いです。

もっとも、個人の場合はページランク4まで行けば御の字であり、
並大抵のサイトのページランクは1か2程度に留まります。


④ソーシャルサイト獲得数



twitter、facebook、Google+ 、はてなブックマーク等、
主要なソーシャルサービスで話題にされた数を
一気に調べることが出来ます。

SNSからの被リンクが多ければ多いほど
自分のサイトのSEOが強くなっていきます。

また、SNSでの拡散数はSEOと違ってごまかしが効かないので、
サイト本来の人気度を調べる上でも重要なポイントとなります。


⑤被リンク数



検索すれば被リンク数は一応非常にされるようになっていますが、
ここで検出される被リンク数は決して正確なものではありません。

と言うのも、ヤフーが2011年末に被リンク確認を隠して以来、
一般企業や個人では正確な被リンク数の確認は出来なくなったからです。

なのであくまでここに表示されている被リンク数は
目安」程度のものでしかないと思ってもらえればOKですね。


⑥検索順位



あなたのブログが上位表示を狙っているキーワードにおいて
現在どれだけの順位に位置しているのかを調べることも可能です。

目視で順番に検索順位をチェックしていくのはあまりにも効率が悪いので、
今度検索順位を調べる時はSEOチェキを利用しましょう。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ