2013
4
15
リビジョン削除プラグインBetter Delete Revisionの使い方

ワードプレスにはリビジョンという機能があるのを御存知ですか?これは記事やページを保存、編集するたびに履歴としてデータが保存されていくものです。

途中でブラウザがクラッシュしたり、間違ってページを閉じてしまってもリビジョンがあれば容易に復活が可能となる分、記事を書くたびにデータベースに不要なデータが蓄積されていくことになります。

そんな問題を解決してくれるのがリビジョン削除プラグインである「Better Delete Revision」なのです。

リビジョンって何のこと?




ワードプレスで記事を投稿する際、文字入力部分の下側にこんな表示がされているのを見たことがありませんか?これが先ほどから言っているリビジョンというやつで、ここから過去の記事の復元をすることが可能です。


しかし、復元が可能であるということは全て完全な状態で記憶されているということですから、それだけデータベースを圧迫することに繋がります。リビジョンは便利な機能であるのは間違いないですが、このまま既に使わないゴミをそのまま残しておくのも正直良い気分ではないですよね。


そこで、投稿済みの記事のリビジョンを一掃するために用いるのが、Better Delete Revisionというプラグインです。



Better Delete Revisionの使い方


まずはBetter Delete Revisionをダウンロードして、インストールして有効化しましょう。そうしたらダッシュボードの「設定」から「Better Delete Revision」を選択してください。


すると以下のような画面が出てくると思いますので、「Check Revision Posts」をクリックして先に進みます。




そうすると今まで溜まりに溜まったリビジョンが一覧で表示されますので、ページの一番下にある「Yes, I would like to delete them! A Total of ●●」をクリックしてリビジョンを全部削除します。





こんな感じの表示がされれば完了になります。





Better Delete Revisionは使い方も簡単で非常に便利なプラグインですが、正直そこまで使用する機会が多いプラグインではないので、一回リビジョンを削除したらそのままプラグインごと削除しても問題ないかもしれません。


やはりプラグインが多いほどワードプレスの速度も遅くなりますし、何かとプラグイン絡みの異常が起きることも考えられます。なので、そこまで頻繁にリビジョンが溜まるようなことでなければ、プラグインをその場で削除しても問題無いでしょう。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ