2013
4
15
グーグルアナリティクスのユーザー数と訪問数の違いは?

ほとんどのブロガーはグーグルアナリティクスに登録しても、結局使い方が分からずにそのまま放置してしまうわけですが、それでは非常に勿体無いです。

せめてアクセス解析の基本である訪問数とユーザー数の違いくらいは知っておきましょう。まずはここを抑えないことには、グーグルアナリティクスを使いこなすのは無理ですからね。

訪問数とユーザー数の定義




グーグルアナリティクスのレポート画面を見ると、一番最初にこんな感じの表示が出てきます。ここで1日のアクセス数が見れたりするわけですが、「訪問数とユーザー数って何が違うの?」という疑問にぶち当たります。


そこで、まずはグーグルアナリティクスの公式ページに助けを求めるということで、アナリティクスヘルプセンターを見てみましょう。すると、ユーザー数と訪問数について下記のような定義がなされていました。


訪問数とユーザー数

アナリティクスでは、お客様のアカウントの訪問数とユーザー数の両方を測定します。訪問数は、サイトを訪れたすべてのユーザーにより開始された個々のセッションの数を表します。ユーザーがサイトで 30 分以上操作を行なわなかった場合、それ以降の操作は新しいセッションとみなされます。いったんサイトを離れたユーザーが 30 分以内に同じサイトに戻ってきた場合は、同じセッションとして扱われます。

ある期間内にユーザーが初めてサイトを訪問した場合、セッション数、ユーザー数とも 1 回ずつカウントされますが、その期間内に同じユーザーが再度サイトを訪問した場合は、ユーザー数は 1 回のままで、セッション数は訪問のたびに加算されます。


・・・つまりどういうことなのか?…実に分かりにくい書き方をしてありますね。アドセンスとかもそうですが、どうもグーグルのヘルプセンターはやたら難しい言い回しをしてあるので理解しづらいですね。



ユーザー数とは?


では、まずはユーザー数から解説して行きましょう。ユーザー数は計測期間内において重複していていないアクセスを数値化したものです。


「計測期間内」というのがポイントで、1日分であればその中で重複しているユーザーの数は省かれるし、1週間分であればその1週間で重複しているユーザーの数は全て省かれることになります。なので、忍者アクセス解析のような一般的な解析ツールのユニークユーザーとは微妙に異なります。


ちょっとイメージが付きにくいと思うので、具体的な例を出してみます。
日付 訪問数 ユーザー数
1/1 100 90
1/2 150 135
1/3 120 100

上記は集計期間を1日ごとに選択していると思ってください。で、普通ならこの集計期間を3日間にすれば、「90+135+100=325」になると思いますよね?


でも、そうではなくて期間内の重複しているユーザーは全てカウントされなくなるのですから、325よりもユーザ数は減ることになります。

日付 訪問数 ユーザー数
1/1~1/3 370 300


以上がグーグルアナリティクスにおけるユーザー数の定義となります。なんとなく感覚を掴んでもらえたでしょうか?



訪問数とは?


次は訪問数ですね。これに関しては30分を1つの区切りとして、30分以上サイトから離れて再びアクセスしてきたユーザーをカウントしていく指標になります。また、サイト内にとどまっている場合でも何も操作を行わなければ、30分経った時点で訪問数が+1されます。


ページビュー数とは違いますので、記事Aを閲覧した後に記事Bを閲覧したとしても訪問数はカウントされません。あくまで30分という区切りが測定に影響してくるのがこの訪問数という指標です。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ