2012
11
14
チームで無料レポートを攻略する

メルぞうなどのレポートスタンドは読者を無料で集める場所として有名ですが、今や単純にレポートを出すだけではダウンロード数が伸びて行きません。


なので、多くダウンロードされるレポートを作成しようと思った場合、少しグレーな方法も時として必要になります。では、どのようにしてレポートスタンドを攻略していけば良いのでしょうか?




無料レポートの実態


メルぞうの無料レポートの新着ランキングを見ていると、「こんなレポート誰が見るんだよ…」というようなレポートがランクインしていることが度々あります。

また、メルぞうに集まっている属性の大半は稼ぐ系の属性にも関わらず、「シャンプーの方法(?)」みたいなレポートが300以上ダウンロードされていたりと、明らかに中身と順位が釣り合っていないレポートが増えたのです。


では、なぜそんなことになってしまったのかというと、メルぞう利用者の多くが「組織票」を利用するようになったからです。


例えば、あなたが知り合いのアフィリエイター10人と協力して、自分がレポートを出した時にそのレポートを繰り返しダウンロードしてもらうわけです。1日の上限は1IPにつき10ダウンロードまでですから、10人で協力すれば1日で100の組織票を入れることができます。


その100リストは当然組織票なので全く価値はありませんが、無料レポートスタンド「メルぞう」の攻略方法でも書いた通り、ダウンロード数が増えれば自分のレポートが新着ランキングに掲載され、露出が増えることになります。


つまり、チームを作って組織票を毎日入れていけば、自分のレポートを新着ランキング1位まで持っていくことは難しくないですし、それによって多くの有効リストを集めることが出来るのです。




チーム攻略はグレーか?


メルぞうとしては多くの人が自発的にダウンロードするレポートが上位に掲載されることを望んでいるわけですから、組織票は当然心良くありません。もちろん、現段階ではそれで罰則を受けるようなことは無いですが、グレーであることは間違いないです。


ただし、メルぞうは現在組織票が横行しているため、チームや仲間を組んで対抗しないと、新着ランキングに載ることが出来ないという現実があります。無料レポートを大量ダウンロードしてもらう3つのポイントで書いたとおり、正規の方法でダウンロードを伸ばすためには、大御所などから紹介してもらえないと難しいわけです。


でも、実際大物アフィリエイターと関係を持つことは難しいですし、自分のレポートを紹介してもらうのは至難の業です。


なので、正規の方法で新着ランキング1位を狙うには限界があり、どうしても1位を狙いたい場合には、チームや仲間で組織票を入れることでしかダウンロード数を伸ばすことが出来ないのですね。





チーム攻略するからには中身の濃いレポートを!


上記のような理由があることから、僕は無料レポートをチームでダウンロードすることは全く非難しません。むしろ、初心者のうちはある程度は組織票を積極的に利用していくべきではないかと思っています。それで新着ランキングの上位掲載は可能ですし、多くのリストを集めることが出来るでしょう。


しかし、組織票を入れれば上位掲載は確実である以上、掲載されるレポートはその位置にふさわしい内容であるべきです。


例えば「FFFTPの使い方」というレポートが新着ランキングの上位にあったとしたら、それはどう考えても不自然ですし、有益な情報を探しているレポートスタンドユーザーの妨害をしているとも言えます。


だからこそ、組織票を入れる際に気をつけなければいけないのは、そのレポートが上位掲載にふさわしい内容であるか?ということです。


それにダウンロード数だけ伸ばしてもレポートの中身が薄ければ、逆ブランディングとなってメルマガ精読率も上がらないですからね。レポートを作成する際は、中身の濃いものをつくり上げるのは必須と言えるでしょう。


ちなみにどんなレポートが「中身の濃い」レポートに相当するかですが、僕のトレンドレポートくらいには内容が欲しいですね。これだけの内容が書いてあれば、少なくとも上位掲載されても不自然ではないレベルですから。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ