2013
3
15
アフィリエイト・ネットビジネス業界のマナーとルール

アフィリエイト業界で成功するにあたり、マナーとルールを守ることは欠かせません。実際、初心者などの多くはマナーが守れておらず、その結果自分が損をしてしまっていることが往々にしてあります。


しかし、人と関わることは自分の成功までの距離を短くするために必要なものですから、どんなマナーやルールに気をつければ良いのかを書いていきます。




メールでのマナー


メルマガへの返信や、ブログのお問い合わせフォームなどから相手にメールを送る時があると思います。しかし、意外と多いのが名前すら名乗らずにメールを送る人。


別に本名を名乗れとは言いませんし、ハンドルネームなどで問題ありませんが、せめて名前くらいは名乗りましょうという話です。


会社の取引先や上司にメールを送るときに、名前すら書かずに送信しますか?「稼ぐ方法を教えて下さい」とだけ書いてメールを送るでしょうか?


ネットビジネスで活躍している人の多くは20代ですし、相手にメールを送る時の多くは年下にメールを送ることになります。


それでも、やはり最低限の礼儀というものがありますから、それを守れていないとなれば相手もその人物に対して心を開いてくれないですし、お互いが得をしない展開になってしまいます。



◯◯さん、はじめまして。

突然のメールをお許し下さい。
◯◯さんのブログを拝見させて頂きましたなるひこと申します。

本文~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~本文

◯◯さんもお忙しいと思いますので、
その場合は返信は結構です。

もしよろしければお返事を頂ければ幸いです。

では、失礼します。


上記も完璧な例だとは思っていませんが、やはり初めての相手にメールを出す以上、これくらいのマナーのあるメールは書きたいですよね。


僕はネットビジネス業界に転職する前にはライン作業で働くサラリーマンでしたし、仕事先にメールをしたりするようなことは全くありませんでした。それでも、これくらいのメールなら書くことはできます。なので、僕よりも社会経験が豊富な大人がこれ以下の文章しか書けないということは、少し寂しい気もしますよね。




スカイプでのマナー


続いてはアフィリエイターが頻繁に利用するスカイプについてです。これで特に気を付けなければいけないことは、「アポ無しの通話を行うこと」です。少なくとも僕はこれをやられるとかなりその人に対する信用度が下がるので、同じように嫌がる人はかなり居ると考えられます。


スカイプのチャットっていうのはほとんどメールと同じですし、相手はその場に居なくてもメッセージだけしっかりと残るので、相手は都合の良い時間に返信できます。


しかし、スカイプによる通話は相手の時間を自分に使ってもらわない限り成立しないわけですから、通話というのは相手の時間を強制的に束縛する行為になるのです。


だから、通話をする場合には必ず相手にアポを取るべきなのです。◯日の◯時から、みたいに細かい日程を決めても良いですし、チャット中に通話をお願いしたくなった場合は、「今から通話をお願いしても良いですか?」という一言を送り、相手から許可をもらった上で通話を試みるべきなのです。


スカイプでの通話自体は悪く無いですし、むしろ多くの情報量を得ることが出来るものなのですから、相手が許可している場合は積極的に利用していくべきです。でも、そのためには最低限のマナーを守る必要があることは覚えておきましょう。





無料レポート紹介のマナー


無料レポートっていうのはメルマガの読者を増やすための手段の1つですが、これのダウンロード数を伸ばすためにレポートの紹介を依頼する人がいます。


「僕のレポートをあなたのブログやメルマガで紹介してくれませんか?」というお願いをしてくる人が結構居るのですね。


しかし、考えてみて欲しいのですが、レポートの紹介を依頼するということは、依頼相手対し「メルマガ読者やブログ読者を俺にくれ!」と言っているようなものなのです。もっと分かりやすく言ってしまうと、あなたのお金を私にくれませんかというお願いをしているのに等しいのです。


これはいくら丁寧に頼まれても嫌ですよね(笑)


だから無料レポートを紹介してもらうに当たり、相手にもメリットになるような提示をしなければいけません。それも少しばかりのメリットではなく、相手の方が得をするくらいのメリットでなければ、到底動いてもらうことは出来ないです。


「相手にメリットなんて与えられないけど….」と思うかもしれませんが、例えばその人の販売する商材を購入してみるとか、懇親会の幹事を引き受けてみるとか、自分の実力が無くても相手に価値を与えることは出来るはずです。


もしそれが出来ないというのであれば、レポートの紹介などお願いするべきではないです。ある程度自分と関わりのある人のレポートを紹介するのは別に悪い気はしませんが、いきなりメールを送ってきた人のレポートを紹介する義理は無いですから。






まとめ


ちょっと厳しく感じたかもしれませんが、ここに書いたことはルールとかマナーとか以前に、人間として当たり前のことと言えます。


僕だけが感じていることではなく、業界の他の人に同じようなことをすれば、間違いなく上記のような反応をされるでしょう。だからこそ、最低限のマナーやルールは知っておかないといけないし、それを守っていくことが自分の成功にも繋がっていくのです。


1.メールでは名前くらいは名乗る
2.スカイプでの通話はアポを取ってから行う
3.レポート紹介を依頼するなら相手にもメリットを提示する



以上の3つは確実に守って行きましょう。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ