2013
3
09
アフィリエイトでいくら稼ぐとサラリーマンでも確定申告が必要か?

アフィリエイトを始める前に一応知っておいて欲しいのが税金の話です。

サラリーマンでもネットビジネスである程度稼いでいれば自分で確定申告をする必要が出てきますので、それについて確認をしておきましょう。

そもそも確定申告とは?





いくら稼いだら確定申告が必要になるのか?


結論から言うと、サラリーマンであればネットからの年間収入が20万円を超えた時点で、学生、主婦などの無職であればネットの年間収入が38万円を超えた段階で、確定申告を行う必要があります。


逆に言えば、そこまでアフィリエイトで稼ぐことが出来ていない人は、わざわざ確定申告をする必要はありません。


ただし、これは「雑所得」に分類されるので、ヤフオク、FXなどの収入もプラスして計算をしなければいけません。要は、自分が何らかの形で利益を受け取った場合には、それらを全てプラスした上で、上記の20万or38万を超えたら確定申告が必要だということです。


ちなみに年間所得というのは1月から12月までのことを指し、振り込まれた日が所得を受け取った日となります。つまり、12月に発生した給料を1月に受け取ったとすれば、それは1月分の所得して扱うということですね。



確定申告には領収書が必要か?


既に事業届けを提出している場合はわかりませんが、少なくともサラリーマンをやっている段階で確定申告を行う場合には、領収証の提示は求められないです。なので、ある意味経費については「自己申告」ということが出来るので、自分が覚えている経費は全て申告して構いません。


ただし、なんでもかんでも経費として落とそうと思って適当なことを申告し過ぎると、バレた後が大変なので、自己申告と言えどもしっかりと自分の使った金額だけを申告してください。


あと、申告をする際には経費の合計金額だけでなく、それを用途ごとに計算する必要があります。以下のような感じです。

通信費・・・ドメイン、ネット接続、サーバー、メルマガスタンド
旅費交通費・・・バス、電車等の交通手段、宿泊
消耗品費・・・パソコン購入
研修費・・・情報商材、セミナー



なので、日頃から経費として使えそうなものに関してはエクセルで表にまとめておいたり、やはり領収書を受け取っておくなどして金額と用途を把握できるようにしておきましょう。


しっかりと準備をしておけばそこまで面倒なものでもありませんので、今後アフィリエイトを始める際には、確定申告に備えてくださいね。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ