2012
3
07
ネットビジネスの種類とは?怪しい?初心者でも稼げる?

ネットビジネスとはインターネットを利用して行うことが出来るビジネスであり、株、アフィリエイト、せどり、ネットショップなどが有名です。


ネットを使って稼ぐと言うとなんとなく怪しい感じが漂ってくるかもしれませんが、実際には全く健全な手法ですし、何より20代で初心者だった僕でも継続することで稼げるようになりました。なので、ここではネットビジネスの種類について紹介していきます。



1.株・FX

これは非常に一般的な手法ですし、最近ではFXのCMがテレビでも頻繁に流れていますね。株式の値上がり値下がりを予想して株を購入したり、為替相場の変動を予測して他国通過を取引したり…そうやって利益を得ていく手法です。


投資する金額の大きさにもよりますが、圧倒的な利益を得ることも可能であり、ただのサラリーマンが億万長者になってしまったという話もあります。それくらい株やFXは当たれば稼げますし、稼げる金額は他のネットビジネスの比ではありません。


しかし、一方で”投資”ですから、予想が外れて場合は相応のリスクを背負うことになります。経済のことをしっかりと把握できている方がFXにや株に参入するのならともかく、何の知識も無い会社員がいきなり大金を突っ込めば、その損失は計り知れないものになるかもしれません。ハイリスク・ハイリターンの手法と言えますね。




2.せどり

これはいわゆる転売のことです。転売と言うとダフ屋のような悪いイメージを持っているかもしれませんが、これは多くの場合、新品の商品を転売するわけではないです。中古として既に世の中に埋もれている商品を見つけ出し、それを国内、国外問わずに転売していくということですね。


ただ、せどりは商品を購入して、その後に販売して利益を出す手法なので、当然先行投資が必要になります。なので、全くお金を使わずに稼ぐことは出来ないです。また、かなりメジャーなブックオフせどりを行うにも、地域によって大きく店舗数の差があります。


更にせどりはネットビジネスの中でも最も肉体労働を必要とする手法であり、ブックオフで購入したものを持って帰る、商品の梱包作業、発送などを全て一人で済ませなければいけないなど、実は結構気合のいる手法だったりします。そして何より一人の作業では限界があるので、収入がある程度で頭打ちになってしまうのが痛いですね。





3.アフィリエイト

ネットビジネスの中で最もリスクが少ない手法がアフィリエイトです。この手法はやろうと思えば1円足りとも使わずに稼げるようになるため、副業としてかなり人気があります。


また、リスクが少ない上に稼げる金額は非常に大きく、僕であれば20代にして月収50万円以上、もっと上の人は1000万円以上稼いでいます。アフィリエイトでサラリーマンから独立したり転職したりして人生を変えた人は多いので、その可能性はかなり高いです。また、作業時間もさほど多くなくて良いので、半不労所得とも言える手法です。


ただし、気をつけて欲しいのは「決して簡単な手法ではない」ということ。もちろんサラリーマンとして会社で働くほうが遥かに難しいのですが、それより簡単なアフィリエイトでも成功出来ない人は大勢います。結局「何もしなくても稼げる」というような思い込みがあると稼げないので、ある程度努力をすることが前提になります。




さて、どれも一長一短あるので一概に「この手法が一番稼げる!」とか言うつもりはありません。ですが、僕自身はアフィリエイトで稼げるようになり、実際に独立して生活できるまでに至ったので、このブログではアフィリエイトで稼ぐ方法について紹介していきます。


もしあなたがこれから何をするべきなのかいまいち決まっていない場合は、まず僕のメルマガを読んでみて、アフィリエイトがどんな手法なのかまずはチェックしてみてください。

>>なるひこのメール講座に登録する

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ