2013
3
03
グーグルハネムーンは実在する?期間と対策は?
[SEO]

グーグルハネムーン

グーグルハネムーンはブログを新規作成してから1ヶ月程度の期間の間、サイトが本来よりも高い検索順位で評価されるという仕組みです。

しかし、その一方でグーグルハネムーンは実在しない、との声もあるのですが、結局早い段階で上位表示をしていくためには何が必要なのでしょうか?




1.グーグルハネムーンの効果

一般的に言われている内容としては、サイト開始1ヶ月前後の期間は検索順位が上昇し、本来の位置よりも上位表示されるというもの。


1ヶ月を過ぎた当たりからサイトの順位が下がり、所定の検索結果に戻されるorエンジングフィルタが発動する、このような効果を持っているとされます。


つまり、一時的にサイトを上位表示してくれる仕組みであり、一時の幸せなを満喫できるハネムーンのようであることから、グーグルハネムーンと呼ばれているわけですね。




2.グーグルハネムーンは実在するのか?

しかし、これについて「実在する」と考えている人もいれば「実在しない」と考えている人もいるようです。果たして本当にこのような効果は実在するのでしょうか?


僕の考えを言わせて貰うと…恐らくこの期間の正体は、グーグルがサイトの価値を測るための審査期間である。ということです。


どういうことかというと、グーグルの目的は検索精度の上昇であり、アフィリエイト目的で作られたペラサイトのようなゴミページを上位表示しないこと。


でもそのためにはサイトの価値をある程度クローラーが把握していないといけないですから、一時的に上位表示してアクセスを集めることで、滞在時間やPV数などを1ヶ月程度見極めた上で、サイトの正しい順位を決定づける仕組みだと考えられるわけです。


なので、グーグルハネムーンは「審査期間」と考えるのがベストであり、その審査で良いサイトと認められばその順位をキープすることが出来るし、逆に中身の無いスカスカのコンテンツだと判断されれば、そのサイトの検索順位を落とすという仕組みなのでしょう。



つまり、読者に求められるサイトさえ作ることが出来ていれば、一時的なハネムーンではなく、ずっと上位表示することが可能だと考えるべきです。




最近のグーグルは外部リンクではなく内部コンテンツを重視していますから、下手にリンクをつけるよりも記事を書く方が、最大のSEO対策になるのではないかと思いますね。検索エンジンを欺くようなことを考えなくても、質の高いサイトを作っていけばグーグルは自然と上位表示してくれるということです。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ