2013
2
28
フォロワーを効率的に増やすコツと方法

ツイッターはフォロワーさえいれば正直なんとでもなります。ですが、逆に言うとフォロワーが少なければほとんど役に立ちません。

だからこそ、フォロワーを効率的に増やしていくことが求められていますが、最近はツイッターが締め付けを強化してきたため、フォロー返しを期待しようにも思ったほどフォロワーを増やすことは出来ません。フォロワーを効率的に増やすコツや方法は無いのでしょうか?

なぜ凍結されてしまうのか?


凍結される5つの条件にて記事にしていますが、凍結の理由の多くはフォロー数>>フォロワー数となってしまうためです。

基本的にはフォロー数がフォロワー数の1.5倍以上になっている場合は少し危険だと考えた方が良いですね。で、2倍になればほぼ間違いなく凍結だと考えてください。

だからフォロー返しを狙おうにもフォローし過ぎると凍結を食らってしまうので、そうすれば育ててきたアカウントが死んでしまって元も子もありません。フォロー数とフォロワー数のバランスを大きく崩してしまうようなことは出来ないので、どうしてもフォロワーの増加には時間がかかってしまいます。

しかし、逆に考えてみてください。

フォロワーとフォロー数のバランスが重要だということは、フォローしてもほとんどフォロー返ししてくれるアカウントだけを狙っていけば良いのではないでしょうか?それをもとに実践してほしい効果的な方法が、次のフォロワー増加テクニックです。



相互フォローアカウントを狙う


相互フォローとは以下のようなアカウントのことで、相手がフォローしてくれれば、自分も確実にフォローを返すことを宣言しているアカウントのことです。

アカウント名に相互フォローという単語が入っていたり、もしくはプロフィール部に相互フォローだと記載されている場合がほとんどです。手動アカウントで相互フォローを行なっている人も居ますが、基本的にはツールを利用してフォローした相手にフォロー返ししていく感じですね。





このような相互フォローアカウントはツイッター上にあふれているので、この手のアカウントを集中的にフォローしていくことで、フォロワー数とフォロー数のバランスはかなり保たれるようになるのです。

相互フォローアカウントもフォロー後すぐにフォロー返ししてくれるわけではありませんが、半日とか1日経てば、フォローしたうちの1/2~1/3程度は自分のことをフォローしてくれています。

先ほど説明したバランスの問題から、ツイッターではアカウント取得からしばらくの間は、かなりフォロワー増加がゆっくりな状態で過ごすことになります。なんぜ自分のフォロワーが50人しかいないとしたら、最高でもフォロワー数を100人くらいまでしか持っていくことが出来ないのです。

だから、1日のフォロー数は物凄く少なく、これで1万とか10万のアカウントを作成しようと思ったら日が暮れてしまいます。


相互フォローを狙うことで、最初から飛ばしていけるわけです。


実際、僕の場合は作ったばかりのアカウントで相互フォローアカウントを集中的に狙うことで、初日から150人フォローしても凍結にはなりませんでした。(以前は350人いけたので、今もそれくらいいく可能性はあります)




だだし、相互フォローアカウントの注意点として、相互フォローは基本的にロボットであり、顧客には成り得ないということです。なので、2000くらいまで相互フォローだけを狙っていき、その後は通常のアカウントを狙っていくようにしてください。一般的なユーザーがいるアカウントをフォロワーにしておかないと、自分が何をツイートしても誰の目にも届きませんからね。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ