2013
2
26
SNSを使ったバイラルマーケティング。ツイッターやfacebookなど

バイラルマーケティングは
口コミなどを利用して情報を広めていくことで、
上手くいければかなりの低予算で情報拡散できる。

だからこそツイッターやfacebookと言った
SNSを活用することがビジネス上の急務になっているわけですが、
一体どのように活用していけば良いのでしょうか?

バイラルマーケティングとは?


簡単に言えば、口コミです。


口コミを意図的に発生させることにより情報を拡散させ、そこから多くの利益が生まれます。一番最初に情報をばら撒くだけであとは勝手に広がっていくので、広告予算は極めて少なくて済みます。バイラルとは「ウイルス」という意味であり、ウイルスが次々と感染していくように見えることからバイラルマーケティングと名前が付きました。


使用される媒体として非常に多いのはツイッターやfacebookと言ったソーシャルネットワーキングサービス(SNS)であり、現在ではこれらの媒体を上手く活用できる企業が莫大な利益を挙げることに成功しています。自然にバイラルが巻き起こった状態を「一時的バイラルマーケティング」と呼び、何らかのインセンティブを与えることでバイラルが発生した場合は、「二次的バイラルマーケティング」呼びます。



リアルビジネスはもちろん、
ネットビジネス業界でもこの手法を実践している人は多いです。



しかし、多くの場合はバイラルの趣旨を理解しておらず、SNSが他人との繋がりを求める場所だということを覚えておかないと、シェアを巻き起こすことは不可能です。店舗の案内URLや、楽天アフィリエイトへのURLなど、そんなものをつぶやいた所で誰も興味を持ってくれません。一般的なSNSユーザーは頭を空にして楽しみたいだけなのです。


だからこそ、バイラルに求められる必須条件は、
限りなく一般アカウントに近づくこと」です。


これが出来ない限りバイラルマーケティングの活用は難しいでしょう。


また、各メディアによって性質に違いが有り、実名制のfacebookと匿名性のツイッターでは好まれる情報の質が大きく異なります。ツイッターの場合はエンタメ性が強いものが好まれますが、facebookの場合は「こんな情報をシェアする自分、カッコイイ」と思わせるような情報を流すことが大切です。


メルマガのリストを取得する場合ではマンガのランディングページを使ったり、
ゲームのような内容から始まって、そして最終的に商品の誘導をしたり。


このようにバイラルマーケティングは一方的に情報を垂れ流せば良いものではないので、「どんな情報がシェアされるのか?」ということを常に考え続けていくことが必要です。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ