2013
2
24
Tapurでスカイプを録音。インストールできない、エラー発生の場合は?

Tapurはスカイプでの通話を
mp3などの形式に録音することのできるソフトです。

しかし、一部でインストール出来ない人や、
エラーが発生する人も居るようなので、
設定方法を含め解説していきます。

Tapurの設定方法


早速tapurをインストールしていくので、
まずはファイルをダウンロードしましょう。

象のマークのソフトが出てくると思うので、
それをインストールしていきます。




あとは「次へ」をずっと押していけば問題ありませんが、
途中で出てくるチェックボックスは
下記のように選択しておいてください。

全部選択しておいてもソフトは問題なく動きますが、
パソコンに余分なソフトやツールがついてくることになるので。






で、インストールが完了すると、
エラーのような警告が出てきます。

ファイアウォールのブロックと書いてあるので、
これはセキュリティーに関する問題ですね。




しかし、これはTapurというソフトが
ファイアウォールによってブロックされているので、
いくつかの機能が使えません、ということを意味しています。

なので、しっかりと使えるようにするために、
これは「アクセスを許可する」を選択してください。


※パソコンの種類、セキュリティーソフトの違いにより
 ここの表示が変わることもありますし、
 そもそも警告が出ないこともあります。

 エラーが出る場合やインストール出来ない場合は
 高確率でセキュリティソフト、もしくは管理者権限の絡みなので、
 そこをもう1度見なおしてみてください。






あとは上記のようにスカイプにも
Tapurからの接続許可が求められるので、
「アクセス許可」を選べばOKです。

これでインストールが完了しました!!




Tapurで録音する方法


それでは、Tapurを使って実際に
スカイプの会話を録音してみましょう。

通話中で無いと録音することが出来ないので、
練習台としてスカイプに最初から入っている、
テストサービスの人(以下テストの人)を使えばOKです。




テストの人と通話している状態にしておいて、
Tapurを起動しておきましょう。

そして、下記画像の赤枠で囲われたボタンを押すと、
その通話の録音が始まります。




逆に録音を終了したいと思えば、
赤枠部分のボタンを押して止めましょう。

非常に録音方法は簡単なので、
特に注意する点などは無いですね。



…ただ、少し気をつけてほしい点として、
Tapurで録音を開始すると相手にメッセージが
通知されるということです。




このように録音開始、終了の通知がチャットで行われるので、
相手に無断で録音するのは辞めておきましょう。

あとは「音声ファイルの取り出し」をクリックすれば
MP3などの形式で音声ファイルを出力することが可能です。



ネットビジネスでは対談音声などを頻繁に取りますので、
このソフトはいつでも使える状態にしておきたいですね。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ