2013
2
24
Gestures for Chrome(TM)の使い方

Gestures for Chrome(TM)は
グーグルクロームで使用することの出来る
マウスジェスチャーの拡張機能です。

マウスジェスチャーは慣れると作業が効率化され、
全体的な速度の向上に繋がることが期待されるので、
使い方や設定をチェックしておきましょう。

マウスジェスチャーとは?


これはマウスポインタを特定の方向に動かすことで、
何らかのパソコンに何らかの司令を
与えることができる効果です。


例えばブラウザで「戻る」ボタンが有ると思いますが、
本来であればそこまでカーソルを持って行って、
そこをクリックすることで初めてパソコンが動きますよね?

しかし、マウスジェスチャーというのはその名の通り
マウスでカーソルを動かすだけで
何らかの司令を与えることが可能になります。





これはその人の設定方法によるのですが、
僕のパソコンであればマウスを右クリックした状態で
カーソルを左に移動すると「戻る」司令が出ます。

また、逆に右クリックを押しながら右に進めることで
「進む」司令が出ることになるわけです。


他にもブラウザのタブを増やすことが出来たり、
ブラウザを閉じることが出来たりと、
結構色々な動作をマウスだけで行うことが出来ます。

カーソルを動作に必要な所定の位置に持っていかなくても
何らかの動作を起こすことが出来るので、
作業効率化に有効な方法なのです。



そしてクロームでマウスジェスチャーを
使えるようにするために必要なエクステンションが、
Gestures for Chrome(TM)というツール。

これを入れておくことでマウスジェスチャーが
クロームで使用することができるようになるので、
ぜひ使用して時間短縮を計ってみてください!

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ