2013
2
19
ManageFlitterは凍結される?使い方と一括アンフォロー

ManageFlitterは既にご存知の方も多いと思いますが、ツイッターの片思いユーザーを検索してまとめてアンフォローできるツールです。

ただ、便利な反面凍結を招きやすいという噂もあるのですが、本当に凍結されやすくなるのでしょうか…?

また、一括アンフォローができない(実はできる)という相談も結構頂くので、ここらでManageFlitterについてまとめておきますね。

ManageFlitterの凍結されない使い方


ツイッターを凍結されないための5の原因と対策でも触れていますが、最近は本当にツイッターの凍結条件が厳しいです。以前のように毎日100人とか200人くらいフォローしていると、高確率で凍結されてしまうでしょう。

僕もこれまでに50以上のアカウントを凍結されてきましたし、ツイッターをビジネスに活かすには…?でもお話している通り、最近ではネットビジネス参入者がツイッターのマナーを守っていないので、今後ますますその傾向は強くなっていくでしょう。




特にツイッターはManageFlitterのような
フォロワーの増減に感するツールへの対応が厳しく、
これを使うと凍結されやすくなるというウワサも広まっています。

たしかに、ツイッターとしては
明らかに商用目的でアカウントを運営している人に
利用してほしくないのが本音でしょうからね。



…ですが、実際の話。


ManageFlitterを使用したからといって、
凍結されやすくなるという事実はありません。

僕はこのツールを使っていますが
注意深く使っているものに関しては凍結されていないし、
主要なアカウントは全て守りきっています。


しかし、ここで少しだけ気をつけて欲しいのが、
ManageFlitterにも正しい使い方があって、
それを守らないと凍結率は高まるということです。


具体的には、一度に大量のアンフォローを行わないということですね。


ManageFlitterなら無料でも1日100人までアンフォローが可能ですが、一度に100人を一括フォロー解除してしまえばどう考えても凍結リスクが高まるに決まっています。「普通」のツイッター利用者が一度に100人もアンフォローするなんてありえないに決まっていますよね?

一括アンフォローを大量に行なってしまうということは、
「自分のアカウントは商用目的のアカウントだよ!」
ということを証明しているようなものなのです。


だからManageFlitterを利用する際には、
1度にアンフォローするのは50人程度に留めて、
違う時間帯を利用して残りの50人をアンフォローすれば良いでしょう。

一般的な利用者の視線に立って考えれてみれば、
凍結されない方法は自然と見えてくるものです。


もし凍結されてしまったと言う場合は、
凍結解除方法のページを参考にしてください。





ManageFlitterの一括アンフォロー


さて、では早速ツールを利用していくために、
動画を用意させて頂きました。




ただ、動画を見るのが面倒だという場合は、
こちらのページを見ながら進めていってください。



ツールにアクセスすると上記のような画面が出てくるので、
まずは「START」を選択します。




次に出てくる画面ではフォロワーを減らしたい
アカウントのユーザ名とパスワードを入力して、
「ログイン」をクリックします。




もしこの時ログイン出来ない場合があれば、
そのアカウントは凍結されている可能性が高いです。




あとはロード画面が出現して、
ロードが終わればManageFlitterの
管理画面が出現します。

ここで上記画像の赤枠のようにアンフォローしたいアカウントを選び、
右の青枠の「Unfollow ◯◯ Selected」をクリックすれば
あとは自動的に選択したアカウントがアンフォローされます。

ちなみにこのツールに表示されるのは
片思いアカウントだけなので、1日の限界100アカウントまで
アンフォローしてしまって大丈夫です。




ただ、一人ひとり選択してアンフォローしていくのは非常に手間であり、
こんな事をずっとやっていたら日が暮れてしまいます。

ManageFlitterにはちゃんと一括アンフォロー機能があるので、
これを知っておかないと大きな損をすることになりますね。

実際僕はこの機能を長い間知らなかったので、
かなり面倒な手間と時間をかけてきたことになります(笑)


上記画像のように赤枠部分の「Fast Select」
という部分をクリックするとアカウントの表示形式が変更され、
容易に選択ができるようになるのです。

アンフォローしたい範囲をドラッグして囲んで、
あとは青枠の「Unfollow ◯◯ Selected」をクリックすれば、
一括アンフォローが出来るわけですね。


無料で使えるツールにしてはかなり優秀なので、
これは可能な限り利用していきましょう。

ただし、僕のように会社員から独立して
ネットビジネスをやっているような人でなければ、
1日に使える時間は限られていると思います。


僕も会社員として働いている時は
ツールを利用して出来るだけ時間をムダにしていないようにしていましたし、
出来る限りツイッターは有料の自動ツール等に任せたいですね。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ