2013
2
14
批判コメントは削除すべきか?スパムコメントの対処法

ブログを運営してアクセスが増えてくると、
誰もが遭遇するのが批判コメントですね。

スパムコメントはツールを使った迷惑コメントなので削除で良いのですが、
批判コメントは人間が行うものですから、
それを削除して良いのか、対処法がイマイチわからない…

コメントのSEO効果も含めて、
批判コメントについて書いていきます!

削除か?返答するか?無視か?


文章の内容を否定するような内容。
はたまた問答無用で暴言を吐いてくるような内容。

ブログのコメント欄には多くの批判コメントが付きます。


ブログにアクセスが全く無いうちは
批判でもいいからとにかく反応が欲しくなってしまいますが、
実際に批判を受けてみると心に少し傷が付くものです。


しかし、それと同時に
「批判的なコメントを残しておくべきなのか?」
という思考が頭に浮かんでくるわけですね。


例えば自分のミスを指摘するコメントであれば、
それを見た読者がブログの書き手(自分)への
信頼を失ってしまうかもしれません。

また、自分の考えに対して批判的な意見があれば、
それを見た人が自分に対して説得力の無さを感じるかもしれません。


言わば、批判コメントはブログの「汚点」なのです。



しかし、汚点だからと言って、
簡単に削除してしまうのは賢くありません。

ブログの大御所である2chまとめがなぜ
コメント欄を大荒れの状態で開放しているのかを考えてみれば、
どう対処するのが正しいのか分かるはずです。


2chまとめサイトにほぼ共通している考え方は、
荒らしコメント大歓迎という考え方。


つまり、彼らは自分の信用や説得力よりも、
コメント欄に荒らしがついてブログを賑わしてくれたほうが
結果的にプラスになると考えているのです。

本当にコメントがジャマならコメント禁止にすれば良いだけですから、
それをしないということはコメント欄が活気づいたほうが
サイトに取って都合が良いわけですね。



それにコメントのSEO効果の記事でも話しているように、
これによってアクセスが集まりやすいブログに
なっているという側面があるのも否定できません。

なので、ブログを運営するのであればコメントは有りで、
批判的なコメントは大歓迎のつもりで構えていれば良いです。


ただツールを使ったスパムコメントは必要ないので、
これはアキスメットを使って弾いてしまいましょう。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ