2013
2
14
ワードプレスの外注の際に権限制限ユーザーを追加する方法

ワードプレスのサイトを外注に任せる時に、
ユーザー名とパスワードを教える必要があるわけですが、
それだと少し安全性に不安を感じますよね?

なので、外注をする人のために、
外注用のユーザー名とパスワードの
作成方法を書いていきます。

ユーザー追加方法


ワードプレスには「ユーザーの追加」という機能があり、
ログイン時の権限を制限した状態のユーザー名とパスワードを
作成することがか可能になります。





まずはダッシュボードの「ユーザー」から「新規追加」を選択し、
そして以下の空欄部分を入力していきます。





ユーザ名とパスワードがそれぞれログインに必要になる情報で、
「権限グループ」という部分は「投稿者」を選択してください。

そして追加が完了したら、あとはワードプレスを一度ログアウトして、
今作成したばかりのユーザー名とパスワードでログインしましょう。





するとエディターなどの機能が無くなっており、
このユーザー名とパスワードでログインした場合には
記事の投稿以外のことをすることが出来ません。

つまり外注さんにこのパスワードとユーザー名を渡せば、
記事投稿という本来の目的以外何もすることが出来ないので、
安心して外注を任せることが可能になります。



更に言えば記事の編集も行うことが出来ず、
「投稿者」の権限はあくまで記事を投稿することだけです。

なので、仮に外注が悪意を持って記事を消してやろうと思っても、
相手は自分が書いた記事以外編集することが出来ないので、
これで安全に外注に出せますね。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ