2013
2
13
SEO業者、ペイドリンクは安全か?有料被リンクは必要なのか?
[SEO]

SEO業者だとか、ペイドリンクだとか、
要するにお金で被リンクを買うっていうことですね。

被リンクがグーグルの検索順位を決める上で
かなり重要な要素になっているのは間違いないですし、
SEO的にもかなりの効果が期待出来ます。

しかし、実際のところSEOのためには
それらに頼るべきなんでしょうか?

個人的な見解を書いて行きます。

ペンギンアップデートでSEO業者は不要になった?


グーグルの目的がより高度な検索エンジンの開発である以上、
不正に上位表示されているサイトをなんとか蹴落とそうと、
アップデートを続けています。

その中不定期に行われているのが
パンダアップデートペンギンアップデートですね。




この2つで検索順位の変動を受けたサイトは多く、
現在も進化を続けている非常に恐ろしいペナルティです。



両者の効果についてはリンクを辿ってもらえば
それぞれの説明があるので分かっていることを前提に話を勧めますが、
ペンギンアップデートで不正なSEO対策が見破られるんですよね。

これまでは自作自演のリンクを行うことが
当たり前の事でしたし、僕もそれを行って来ました。


しかし、今では検索エンジンがかなり賢くなっているため、
中途半端な低品質サイトからのリンクが集中していると、
却って逆効果になりかねない状況でもあります。

サテライトサイトを量産してSEOを掛けるような
SEO業者もかつては存在したようですが、
今ではそんなペラサイトからのリンクはペナルティの対象です。


それに、SEO業者やペイドリンクのサイトの質が高くとも、
そこにはどうしても不自然なリンクの集中が出来てしまうことになります。

今はグーグルがそれに気づかなくても、
近いうちに進化したペンギンによって発見されるのは
決して遠いことではないかもしれません。

したがって、SEO業者やペイドリンクは
基本的には使用しないとを考えてください。


もちろん「ダイエット」とか「FX」とか
超ビックキーワードと呼ばれるようなキーワードで勝つためには
SEO業者の力を借りる事は不可欠でしょう。

しかし、それは一個人が手を出す領域ではないし、
SEO業者に頼らなければ勝てないようなキーワードなら、
そもそもキーワード選定を間違えていると言わざるをえません。



現在ではだいぶサイトの中身が重視されるようになってきているので、
そろそろグーグルが外部リンクだけに重きを置いていた時代から
卒業する時なのかもしれません。

良いサイトを作っていけば確実にSEOは強くなっていくので、
小手先の小細工よりもまずはサイトのコンテンツ強化に力を入れましょう。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ